記事一覧

厚生労働省の分割論

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/16(土) 午前 1:52

ファイル 5083-1.gif

私のReportでは・・・

 『 労働 と 医療 』は、別物になるので、
その観点で分割をされたいとのReportを過去に、
作成をしている。

1.労働分野

 労働分野では、労働監督基準官に、警察権限
なども付与をされていたかと想われ、労働法に
纏わる取り締まり行為が行える状況に在るが、
『 それを行使する事は、年に1度と無い 』
っと言う状態にある。

2.医療分野

 医療分野では、専門性を必要としているが、
その専門性は、『 法規のみ 』と限らずに、
『 未知の病的な危機 』などにも、対抗する
べく公的組織でなければ、ならない。

 その為には、独自の公共医療機関だけでなく、
国内の全医療機関と連携をした、『医療情報網』
などを必要としている。

現行の総理大臣いわく・・・

 「社会保障」と「国民生活」に分割をすると
言う案が有るようです!

<参考 YahooNEWS>

 この場合での観点では、『 労働、医療 』と
言う部分での構想と似た感じになるのかと想われ、
『 国民による独自の生活向上 』と『 公共の
Serviceとしての支援(保護) 』との観点にと、
分類されて考える内容なのかな?

 但し、次いでなので、その『裏課題』としては、
『 医療Mafia、労働Mafiaの撲滅 』等と言った、
一般の民には、『 解りずらい業界組織 』等の
事情を更生させる機会になるのかと期待をされる。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

結論

 『 結合、分割 』は、少し前の『 国会での
議員構成 』と似た現象を引起す事が解っている。

 現在では、『 安易に衆議院を解散する 』と
言うのは、世界規模での責任性からも好ましくは、
無いのですが、公共の期間が随時に、『 結合、
分割 』を頻繁に行う行為は、過剰にならないと
言う限りでは、活性化に繋がるのかと想われます。

 労働部門では、『 意味の無い警察権限 』や、
医療部門では、『 孤立した専門性などによって、
国民からの理解と言う部分で、国民側が躊躇する
と言う部分がある 』と言う問題がある。

 更に、『 年金 や 医療保険 』との部分では、
現在の所では、『 資本管理 』と言う観点にと、
転化をしている。

 こうした「一組織としては、畑違いと言うより、
『 山の産物 』や『 海の産物 』と言う程に
異なる職場の体質であって、『 転属 』などの
視野から考えても、以外に狭い範疇でしか可能に
成らない事(労働分野の人員が、医療分野に転属
できるのかは、大いに疑問)を想えば、国民にも
解りやすく、学術、業務的に明確性のある看板を
持たせる事も、重要かと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<現在では、『 労働商社、医療商社、国家信託企業 』って感じ?

(∇〃) .。o(その内の全てが、国民からの信頼性に欠けているけど♪)

 国民の自立的な、『 健全性、健康性 』等は、
国家の利益としても、とても重要となる国の基礎と
なる部分ですが、『 これまでの儒教的な感覚での
恩着せがましい国家と民の関係 』と言う現象を、
どのように解消をするのか?との課題がある。

 その縮小は、国民個々の家庭構成にも繋がって、
居る状況にある、『 親子関係 』と言う部分でも
一つの課題となっている。

 私の知る限りでは、憲法にて、親子の関係などを
民の人生において、『 重要視しろ 』と言った、
条文が無い。

 唯一に、民法にて、『 親類構成 』に付いての
定めなどが、結婚を含めて規制をされている。

;
 親が暴力団から、子供も、暴力団になる必要が、
有るのか?

 など、それこそ、憲法で言う『 平等性の観点
(日本国 憲法 第14条)に欠けている部分で
あって、それを民が理解する必要などが生じてる。

参考 日本国 憲法
第17条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、
社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係に
おいて、差別されない

( -ノω-)こっそり♪<親は、無くとも、国家が子を育てる!

(∇〃) .。o(日本国の国家として、子供を育てる♪)