記事一覧

日本国による国際収支

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/9(木) 午前 0:24

ファイル 5109-1.gif

そもそも、どう解釈すれば良いのか?

 国際貿易で『 日本が収支黒字である 』と
言われても、一般国民の生活が豊かにならない
限りでは、その実感など感じ得られない。

 しかし数値的には、黒字なのだから海外より
相応なる指摘をされる原因にもなるのかと・・・。

・・・(。-`ω-) ん~♪

黒字

 そもそも近年の日本国は、産業的な意味合で
『 海外貿易が盛んであると言えない 』かと
想われ、現地生産が主流になっている事も有り、
どう言う形で利益が出ているのか不思議である。

結語

 商いは、『 安く仕入れて、高く売る 』と
言うのが小売の基本だけども、『 Service 』
と言う部門では、『 能力と、その品質 』が
問われ、その技能評価によって利益が増減する。

 例えば、床屋、医者、弁護士などの技能職は、
基本的に『 Service業 』と言う観点で考える
必要が有り、『 無形価値 』とも言える。

 こうした技能によるService産業での利益は、
唯一に『 仕入れ 』が無いが、『 技能の
向上 』を行う必要が有る。

 つまり、Serviceと言う部分でも品質があり、
その品質が落ちれば、購買力も衰えるのかとも
想われるのである。

 さて、日本国の国際収支における利益等が、
どのような業種内容によって利益が出てるのか
とても興味がある・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪