記事一覧

現行の総理大臣による失言?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/26(日) 午前 3:34

ファイル 5118-1.gif

『 働くことしか才能がない 』

 現行の総理大臣をかばうつもりは、無いけども
皆さんに解かって欲しい部分も有る!

 これは、世代的にも男性に多く共通をするとの
部分になるのかも知れませんが、仕事一筋にと、
定年まで生き続けた人が、定年退職後にて色々と
『 俗に言う第二の人生』 付いて、色々考えて
みても、なかなか新たなる希望が見つからないと
言うのが現状である。

 特に、定年まで健康にて居られると言う方が、
難しくなってきていると言われており、定年後に
身体の修理をと考えている人達にとって、交換の
行えない部分を、どのようにして健康を再生する
と言うのかとの大問題が浮上をしていた。

 その半面で、事故などによって、若い命などが
奪われ、且つ、自殺をする人までもが発生をして
居る状況にありながらも、『 臓器移植を再利用
するのは、高齢者などへの報酬である 』と言う
超越的な政治感覚が有ると言う部分も有る。

 更に、脳死状態に有る子供に、寄り添う身内を
端から見れば、「 人形に愛情を注ぐような物だ 」
と言う感覚で見ている人達も居るらしい。

 この『 人の恋しい想い 』と言う現象では、
それが、物であれ、動物であれ、人でなくても、
「時に人よりも、自分にとって必要な物である」
と言う、『 一つの欲求 』によって成り立つと
言う事が解かっている。

 つまりは、『 愛情でわなくて、個人の欲望と
言う観点で愛しさが成り立っている 』ことが、
解かっている。 

『愛情』と、『欲望:欲情』の違い

 万学(よろずがく)では、「愛は、約束された
未来である」と解している。

 逆に、それで定義をすると、欲望と愛情との
違いが解かって来る。

 愛情には、『 不作の愛 』と言う部分も有る。

 これは、同性愛などの観点で考えてみるならば
解かり易いのかと想われる。

 ところが近年では、科学の発展から、同性愛と
言う場合でも、同性愛者の子供が誕生するという
ことも、間接的に可能になっている。

 これも皮肉な事に、「これまで『不作の愛』で
あった分野も、科学の発展(つまり文化の発展)
と言う観点から、可能になったのである。

 その昔は、不可能とされた現実であっても、
「現在では、それが魔法の如くに可能である」と
言う文化点が有り、『 人による不作の愛が、
科学を支えている 』と言っても過言では、無い
と想われるのである。
 

 解かりやすく恋愛心の分野から説明をしましたが
実際には、あらゆる部分で同じ現象が発生をしてる。

 発送の基本は、『 無ければ造る! 』であり、
「 造れなければ、有るもので代用をする 」と
言う発送である。

 戦争を体験した人の世代では、戦後においての
復興を、『 戦場での究極の選択 』によって、
養われた、Survival感覚により、その人の基礎が
養われたのかと想われ、その貴台が現行日本国を
支えていた。

 しかし私の感覚だと、二世代、三世代となって、
そうした過去に発生をした、『生き地獄と言った、
戦場や、戦争(いくさ)などの悲劇』によって、
人の心が養われるが、その基礎が長続きをしない
傾向に有って、同じような現象を繰り返している
と言われている。

結論

 若い人達や、実際に『一筋な人生』と言うのを
体験をした事が無く、その『一筋仕事』を終えた
後にて、人が何を想うのか?

 役目を終えて、何をすれば良いのか?

 そう、その人生の新たなる選択肢が、狭い人が
おり、自殺などの原因や、うつ病の原因になって、
且つ、健康でありながらも、生きる事が辛いとの
言う状態にと陥る場合が有るのである!

 特に現代人は、戦争など人の生死に伴う生きる
価値と言うのを、見出すのが難しいとされており、
その半面で、若者達が生きる実感を得るためにと
薬物や、危険性の有る遊びで、肝試しをするとの
傾向も有る。

 ちなみに、『 年間に何だかの事故によって、
死亡者をしてしまった人の数と、戦時中によって
発生をした年間死亡者数とでは、現代的な実数と
言う観点では、然程に変わり無いとも言われてる 』
と言う事は、あまり知られていない。

 しかし相応にして、人口が増えている状況にも
あって、その部分で必然的に数が増えたようにも
見えるが、比率的には・・・(。-`ω-) ん~♪

 色々な人格を有した者がおり、それらの人格と
共存的に人生を共にすると感覚が必要であるが、
人間と言う観点では、論理的に解かっても現実と
言う観点では、難しいと言われている。

 つまり「人(一人称)なら『理解』ができるが、
人間(二人称以上)での感覚だと、万人に対して
それが可能であるとは、難しい」と言うのだ。

 これを賢人は、戦略的に人間関係を得ようとの
活動をすることで、『 極め 』が必然に適にと
行われ、身に付いて行く。

 これを『 修行 』と解する人も居るけども、
私的には、「 只単に、実践的な訓練である 」
と言うだけの事かと想われる。

 PCの言語からも解かるように、『0、1』の
二進数で基礎が成り立ち、それが8、16、32
と向上するのである。

 現代人も、相応に増えると人生も色々と楽しい
かも知れないが、『 二進数で長期を過ごすと、
論理的には、理解できても精神的、肉体的には、
適応できない 』と言う現象があるのだ!

 その部分に付いてを、現行の総理大臣が指摘を
する、「 働くことしか才能がない 」と言った
『 時代的な人格 』を指摘していると言うなら、
相応に理解する必要がある部分である。

 これは、『 高齢者が仕事をしたがる理由 』
と言う部分であり、『 一つの人生の希望 』と
なっている部分があり、「 私を必要としてると
言う人が居る 」と言う感覚を、擬似的に得ると
されるだけでも、『 人の心持が変わる 』との
重要な部分にもなるのかと想われる。 

 青年、老い易く、学なり難し・・・?

       青年よ、大志を抱け?

 若かりし頃の想い(志)は、未だ有るか?

 老いに負けるな、時に負けるな、大志を抱く
ことを人は、忘れてならない!

 っと言うのが、言葉の本心なのかとも想う。

 大志は、欲望であり、『 生きる糧 』に
なるのだから、それ(理想の未来)を得ると
言う為に、学びはげめよと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 っと言うことで、新しい総理大臣は、誰に?