記事一覧

裁判員制度に、反対する人達が居た!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2008/12/21(日) 午後 11:33

ファイル 5521-1.gif

知らなかった!

 裁判員制度に反対をする人達が居たようです!

<参考 YahooNEWS>

がぁ~♪

 何故、今頃になって話題になっているのか?

 そもそも施行をされる前に、十分に話し等が
されるべく状況にとあったかと想うのですが、
何で今頃になって?

 しかも、裁判員に指名をされた人が、一般に
その事を公言することは、法的に禁止されてる
らしいのですが、それを公言しつつ、反対して
居るとのこと。

結論

 既に定まっている法規に付いて、文句が有る
と言うならば、事前に違憲審議などを提起して
おく必要があったかと想われます。

 つまり根底の行為が、既に不法行為であると
言う場合には、一般の多くの国民も主体的内容
などを考える以前に、不当性からの観点にて、
意見(主張)を聞き得れるに値しないと、判断
するのが一般的かと想われます。

 よって何も裁判員指名の公言を行い、それに
反発的に主張を世間に対してしても、既に不法
行為が成立しているのだから、裁判所側にても
取り扱いずらい内容かと想われる。

 万学(よろずがく)では、そうした場合での
対処の方法として、請願、違憲審議の請求や、
それに伴う、相応のReport(つまり根拠理由)、
また相応の調査と、各種の視点から考慮をした
Riskの報告などを、的確な公的機関にと提出を
する事によって、個人でも十分に国家に対して
意見できる行為が、可能になることを、教えて
いますが・・・(。-`ω-) ん~♪

 逆に個人で行っても、『力学的なる視点と、
支点を押さえる』ことが可能であれば、十分に
効果を発揮する事が、可能になるのかと想われ、
そうした個人の意見などを早期に取入れる事で、
団体的な反政府活動における暴徒化を防ぐ事が
可能になるのかと想われる。

 また現実的には、私の人生において、既に、
それらを立証している・・・Σ(〃▽〃)あはぁ♪

( -ノω-)こっそり♪<だから、団体を作らないんですよ♪

(∇〃) .。o(しかし、そうした『団体を作る必要が無い』と言うのが正論かもしれません♪)

知識に欠ける日本の国民

 私の之までにおける経験から、そもそも団体に
属する弱者は、基本的に、独立性が無く、団体に
依存をしつつ、欠けている知識を補おうとしない
傾向にあり、自立心に欠ける傾向がある。

 その為、団体が何だかの理由で衰弱をすると、
その負担を正義論にこじつけて、構成員に対して
不当、不法行為を行わせる事が特徴的にも解って
いる状況にある。

 逆に、自立性が高い場合には、他人の不祥事を
被らないように、万全の防御態勢を整えつつも、
個人の責任の範疇で、悪意を行う傾向にある。

 そうした観点から、団体構の成員を指揮をして
不当、不法な行為を行わせる場合でのMindControl
(まいんどこんとろーる)と個人のSole(そーる
:志)との意味合いから基本的に重視されるのが
『個人の志(こころざし)』であるはずですが、
それを依存的な関係を保つことで、幹部地位等の
人員が恩恵に授かる形式になっているのが団体の
特徴で、政治、宗教、暴力団に限らず、あらゆる
団体で共通をした人間関係であり、狭くは、家庭、
恋人、友人など、一般の私生活でも使用されいる
人間関係論から成り立っている。

 但し、個人の自立性が高い場合には、団体等が
倒壊しても、別枠で国民性を損なわれる事などが
無いのですが、その個人の自立性が無く依存度が
高すぎると、団体が倒壊すると、国民性などもが
失われてしまう事になる。

 これは、かなり重要なことで、近年においての
労働問題に関する、派遣労働者の一斉契約更新の
解除などに至る場合、労働団体に属している者と
それに関与していない者とでは、大いに差が有る
と想われるのですが、結果的に団体については、
個人で行われるべく主張を、代行してるService
と言う観点に過ぎず、本来なら個人が相応となる
認識を行っていれば、済む事でも有る。

 っと言いたいのですが、それを保護するべく、
裁判所側の態勢が、『風見鶏形式』となっている
ことからも、裁判所の態勢が変らない限りでは、
やはり団体の方が、良いのかとも想われる。

がぁ~♪

 私は、日本人として自立をしたいので個人にて
相応なる防御態勢を整えつつ、権利侵害などでは、
個人的に相応に戦うと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<傭兵(弁護士)を頼むぐらいだったら、自分が傭兵に成れるほどの能力が欲しい♪

(∇〃) .。o(私の人生観としては、行ってみたい事が多くありますからな♪)

 その結果を経て、Reportなどを作成することで、
更なる公共機関の向上を図ると言うのがOmbudsman
としての私の御仕事でも有る・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

しかし現状だと経済的利益性が、その行為に無くてねぇ~・・・だめっぽ  ○| ̄|_