記事一覧

国際司法裁判所の所長に!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/2/7(土) 午後 6:02

私が成りました・・・w

 っと言うわけもなく・・・w

 『小和田 恒さん』が就任したとのこと!

 彼の娘は、Africa難民でわなく、日本国の
NetCafe難民でもなく女王でもあり皇太子妃♪

 我らが、徳仁親王妃雅子殿下である。

つーことは・・・

 国際司法の場において、色々と融通などが
できるのかと想われる・・・w

 これで一気に日本国周辺での国際問題にも
着手が行えて、武力的な紛争でなく、法廷の
紛争によって解決される事が期待をされる。

===== がぁ~♪ ===== 

 事件が提起をされない限りでは、それらを
裁くと言う事が出来ないのである!

・・・(。-`ω-) ん~♪

結論

 どうして日本国は、国際司法を利用しない
のだろうかと、前々から想っていたけども、
今回の出来事で、多少考えが変ったかとも、
想われるのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

 逆に、国際司法を使って日本周辺における
問題を解決できたならば、ASIA地域にて
むしろ安定した文化状況が維持されていると
言う事を意味するのかと想われる。

 つまり軍事的な紛争や、長期的な未解決と
なる国際問題を、国際司法裁判所を利用する
ことによって、軍事以外での解決が行えると
言う期待がされる。

 よって後における課題では、国際司法を、
どのように使いこなすのかが、問われる。

北方領土問題の解決に、日本国の現行総理大臣が着手?

 北方領土における問題は、北海道地域での
経済的な低迷から、話題的にも薄れており、
沖縄と同じく、棚上げされていた。

 番外的だった対馬、魚釣り島などの問題が
新たに浮上もしており、その原因に国連との
関係あるとも想われる。

 こうした大韓民国による領土主張問題にて、
すっかり北方領土の問題が薄れてしまいつつ、
その背景では、『現地に住む人達の状況』が、
不透明と成っている。

 ちなみに北方領土を、返還に伴い故意にと
買い占める輩が居るとの事で、国家間にての
問題の後に、民による領土明け渡しの問題が
発生する可能性もある。

 この点を、どのように解決をするのかは、
やはり国際司法によって、住民の生活を守り
且つ、国家間としての解決との意味合からも
重要な役割を果たすのかと想われるけど・・・。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 ところで国際司法を利用しないと言う場合、
只単に問題ごとの火種を大きくするだけかと
想われる・・・だめっぽ  ○| ̄|_