記事一覧

中華人民共和国からの大気的郊外の影響が日本にも!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2008/4/5(土) 午前 8:35

ファイル 5633-1.jpeg

二昔前から言われていましたが・・・

 私の知る限り、二昔(20年)も前から
言われていたことで、科学者、経済学者、
あらゆる分野の学者達が、指摘をしていた
内容で、今更・・・(。-`ω-) ん~♪

大気の動きの関係

 大気的な公害問題としては、島国である
日本国としては、これ迄に然程に近隣諸国
から問題視される事がなかった。

 しかし気候の関係上で、大気の移動から
近隣諸国における工業の発展にて、日本の
大気が汚染される影響が懸念をされている。

例えば?

 既に話題となっているのが、『黄砂』で
之における問題は、微妙に深刻であるとも
言われている。

 しかも近年では、中華人民共和国側にて
『黄砂』の情報を日本国には、提供しない
と言う事を決めたらしい。

迷惑な中華人民共和国の外交

 徐々に政治政策的には、中華人民共和国が
孤立しているようにも思える。

 一見して経済的な観点から、Global化して
いるのかとも思われるのですが、Internetと
言う観点での世界視野であって、文化的にわ
むしろ閉鎖的な感じもする。

 その反面で、日本などに移住をする傾向が
あって、それに関連して犯罪なども多発して
いるのが現状である。

 ちなみに中華人民共和国の人による犯罪と
言うよりは、国内の暴力団と連帯した犯罪の
活動などが指摘をされている。

 しかし近年での事件においては、中華人民
共和国人による単独的(国内暴力団と連帯な
関係が無い)な活動も多く発生しているとの
ことです。

国境が無い大気の公害

 実は、之における問題が今更ながらに深刻
であると言う事は、指摘するまでも無いが、
大韓民国なども、その影響を受けているとの
可能性もあり、この問題に付いて大韓民国と
連帯して、中華人民共和国と対話すると言う
必要がありそうです。

 必要であれば、国連を通すのも効果的♪

(∇〃) .。o(私を日本国の総理大臣にしよう♪)