記事一覧

No.279 医療介護における保険に付いて

配信 2010-12-18
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.279
作成 平成22年10月18日
課題 医療介護における保険に付いて
配布 平成22年10月18日

==== 本Reportに付きまして ====

 衆参議員(元議員を含む)、並びに各公共
機関宛てにと、Reportを作成しております。
 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識をされたく想っています。

= 趣旨 =

 医療介護士などによる事故が、意外に多く
発生をしているらしく、それによる民事的な
紛争が発生しているらしい。

 故意でわ無く、過失であっても結果的には、
相応の損害賠償を被害者から請求をされると
言う事も少なく無いようです。

 そこで医療介護士の業務における危険回避
と言う観点から、『介護業務専用の保険』を
検討されたく想います。

=== 対策 ===

 医療分野にて生じる医療事故は、患者への
致命的な被害を発生させる事が多く、死亡と
言う最悪な結果に至らなくても、後遺症など
被害者の後における人生を大きく変えるとの
結果に至る事もあったのかと想われます。

 そもそも、介護士などの分野へと挑む民は、
殆どが奉仕的な観点が動機に成っているかと
想われ、その観点を思えば、医療事故などが
生じた場合に『自己への非難』が、どれほど
負担に成るのかも、想像が付きます。

 しかし、そうした世間的事情が有れども、
日本の国民は、介護士、看護士、医者などを
職とする為に、相応の資格習得に挑む国民が
居るのだから、それらを客観的に保護をする
と言う観点は、国家や、地方自治としては、
重要な部分に成るのかと想われます!

 つまりは、自動車の保険で言うところでの
『 自賠責保険 』と類似した、半強制的な
保険で、それに加入をすることで、介護者に
よって生じた事故に対する、資本的観点での
保障を行い、介護にて労力を費やしていると
言う者達の負担を軽減する事を目論見ます。

1.介護に対する業務保険制度の設定

2.『1.』は、業務に携わる者が全て強制加入。

== 結語 ==

 株式などの市場取引でも言える事ですが、
『 高い危険性、取引能力、それらと割りに
合わない収入 』と言う劣悪な環境があるが、
それでも、「 挑む者が居る 」と言うのが
日本人の特徴かと想われます。

 そうした観点を善く活かせば、文化発展に
大いに役立ちますが、それらの質が悪いなら、
文化向上の足枷に成ってしまい、賭博観点で
物事に過剰な関心を抱いてしまう心情などを
生じさせるが、どうせ関心を抱くのならば、
別の善い事に関心を抱く方が「人生において
有益で有ると言う保障をする事で、国民性を
文化向上の観点で誘導的に善いであろう方に
導く事が可能である」とも想われます。

 国民が文化向上の為に、安全な環境で挑む
と言う環境は、憲法や他の法規などを見ても
解る事であり、そうした配慮が医療分野には、
現状の日本国では、国家、各地方自治体にも
乏しい状況に有るのかと感じられます。

 国民が文化促進の為に、安心(最低限度の
生活を保障する)して物事に挑める環境基礎
などを造れるのは、国家や地方自治体などの
規制に頼るほか無く、だからこそ相応の環境
造りに挑む必要が有るとも想われます。

 このReportを見た皆さんが、やらずして、
誰が日本の介護医療を支えるのかを、十分に
考えて抱き、『介護士の業務保険』に付いて
検討をされたく想い、Reportを作成してます。

==== 補足:海外での医療、介護支援 ====

 海外での活動に付いても、類推的に適用を
する必要が有るのかとも想われます。

         日本の民、その一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、医療介護における保険に付いて

天使 医療業務における保障が必要で有る!

悪魔 恨み、辛みが有ってこそ、技能が向上する!

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =