記事一覧

災害発生時の Pet に関する法律的な対策?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2012/2/27(月) 午後 1:20

動物愛護法改正!

 「人は、神や精霊に飼われた Pet である」と
言った場合、『その責任が神や精霊にある』との
解釈でも、宜しいのでしょうか?

 釈明されて下さい、裁判長!

参照 Yahoo!NEWS

結語

 ・・・まぁ、裁判官であっても、立法のした
経済的な趣旨を理解して無い事がある(それの
場合には、法廷利用者を原告、被告に対して、
裁判所が侮辱を行ったと解せる)のかとも、
感じられることが、多々に有りますが・・・。

 刑法の条文における『カタカナ表記』を、
「平仮名に替えろ!」っと言う活動をしたと
言う記憶が、有ったような・・・。

 嘗て、山小屋と言う学習塾に通っていた
時に、「日向の『うんこ』じゃぁ、駄目だ!」
っと、塾長に言われたことが有る。

 日向の『(犬の)うんこ』は、「生産を
された時には、湯気が立つほどで、色、形、
硬さなども色々であるが、一般的な物なら、
やがて色あせて、白くなって風化する」と
言う観点がある。

 つまり「始めは、情熱的だが、やがては、
白く成り(老いて)、風化する(自然との
調和がされる)」との戒めの言葉である。

 ちなみに、眠たくなって、舟をこぐと、
「これ(目玉くりっぷ)で、おちんちん
引っ張っておけ!、目が覚めるぞ♪」っと、
女子が居る中で、よく冷やかされた・・・w

 そんな思い出を踏まえ、このBlog名も、
山小屋と成ったので有る。

 私の人生では、不思議と良い人に多く、
巡り合っている♪

(私の人生は、不思議と悪い人との事は、
その存在を踏まえて、排除の努力が常にと
されている)