記事一覧

『人の排せつ物』から Energy として再利用?>英国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/12/8(火) 午後 6:54

ファイル 6102-1.jpeg

前年1500万Pound(約22億円)も削減!?

 英国にある大手水道業者が、『人の排泄物』から
再利用できるEnergyを摘出して、それによって処理
する方法にて、日本円で22億円も経費を削減する
ことに成功したらしい!

しかし・・・

 それらは、御国の環境事情での話であり、日本の
場合には、浄化槽が設置をされ、そこである程度の
汚水処理された後に排水される環境もある。

 西洋の場合には、下水管に汚水を直接に流して、
処理場にて浄化をされるらしく、下水管の中には、
MethaneGas(めたんがす)などが蓄積することが
あって、下水工事などの作業員に被害を及ぼす事が
有るそうです。

結論

 結果的に、その国々で展開をされている独特の
生活環境から相応の対策が行われているのですが、
その根本が不経済な設備だと、相応の改善費用も
必要となる。

 更に、その不経済な環境を改善しても、根本が
代わらなければ、少々の経費削減程度であって、
他国によて展開をされている良質な生活環境等と
比べると、何ら問題の解決には、至ってないにも
等しいことが有るのかと想われます。

 よって『人が住みやすい環境』と『公共が提供
する生活環境』の関係が適切であるように国家が
調整をとる必要があるのかと想われます。

 また、そう言う為に『国家』と言う立場がある
とも想われます。