記事一覧

なるほど『空売り』君達が・・・じろ (¬ω¬)・・・→Σ(〃▽〃) あはぁ♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/2(日) 午前 2:04

ファイル 6112-1.gif

HedgeFund(へっじふぁんど)って何だろう?

 ・・・知らない!

 っと言ってしまえば、それまでですが、
今日おける株価の『からくり』に付いて、
ある程度の理解をしていないと、大いに
損をしてしまう!

・・・(。-`ω-) ん~♪

 つまり小口で一般の人から出資を募り、
その資金を運用すると言う方法らしい。

・・・( ̄ω ̄ ん?

( -ノω-)こっそり♪<つまり、他人の資金で資金運用を行う!

ところで・・・

 そうした資金を集めて、一気に大きな
利益を得るという為には、どうするか?

 実は、昔から株式においては、裏事情、
『筋書き(株価の変動に物語が設定等を
されている)』などがあって、変動する
ことが解っている。

筋書き>

 例えば、予めに不祥事を株屋(株式や
投資にて利益を得る輩)が情報収集して、
それを基に、株価の変動に対する理由を
用意して、堂々と株価変動を仕掛けると
言う手段になり、そう言う人達を『筋屋
(すじや)』とも言うらしい。

 ちなみに『筋屋』は、色々な場面でも
使われる言葉であって、目的に対して、
予めに筋書きを用意する輩を意味する。

 そうした筋屋などによって株価などを
捜査する輩達を、仕手師とも呼ぶらしい。

 むしろ投資の分野では、仕手師と呼ぶ
言い方の方が、通った言い方であって、
仕手の係った市場を、仕手株と言う事も
あるらしい・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

※ 仕手師とは・・・。

仕手(して)♪

 (*/ω\*) いやん♪ 夜になってから♪

 そんな二人の生活に憧れるが、今回は、
そんな話題では、無い・・・w

 先に言った不祥事を握り、その時を待つ。
そして、役者が揃うと仕手事が始まるので
ある・・・(。-`ω-) ん~♪

 予めに、特定の株式を、こっそりと買い
集めて、そして一気に買い込むと、当然に
株価が急上昇をする!

 すると株価と睨めっこをしている輩が、
『噴き上がりだ!(仕手的な急上昇)』と
初期の段階で買い込む減少が生じ、それを
提灯(ちょうちん)と呼ぶ。

 その提灯達が、更に株価をつり上げると
言う現象に便乗して、仕手師達が予めにと
購入していた株式を一気に売払ってしまい、
仕手師の手元には、利益だけが残る。

 そして直ぐに『空売り』を始める・・・w

 もともと『空売り』は、手元にて株式が
ある事が前提にあるのですが、証券会社が
貸し出すと言う意味合いで取引が成立する
と言う建前で、売買が始まる。

 これは、旧来の仕手にて株価が下がると
倒産してしまう可能性があり、更に経済的
市場の事情などで、株価が低迷すると株の
価格が下がると言うよりも、企業の存続が
危うくなる事から、その応急処置としての
『空売り』が、正規の手段だとも言われて
いるけども・・・(。-`ω-) ん~♪

 つまり、本来だと一株100円の企業的
価値があっても、不景気の煽りで60円を
割ると、企業不信に陥る可能性があって、
その結果に倒産となってしまうとの定義が
あったとする。

 その時に市場では、株価が140円で、
海外市場の急落から、一気に値下がりする
可能性が有ると思われる場合に、100円
以下になる事は、企業にとっても不本意な
状況なので、自己の所有している株式を、
一端売って、易く買い戻すとの形式にて、
応対をすると攻防から、『防御空売り』と
言う売買が始まったともされている。

現在では・・・

 もともとの『空売り』は、信用売りで、
100円の物を売りに出して、80円で
買い戻すと20円の差額ができ、それが
利益となる。

 ( ̄ω ̄ ん?

 つまり100円の商品を購入するとの
ことでなく、100円分の商品としての
物を借り入れ、それを80円で買戻して
借りた相手に、相応の品数だけ物を返す。

100円/1000株=100000円 の 物を 借り入れる

それを、市場で売る・・・。

080円/1000株=080000円 の 物を 買い入れる

そして、それを借主に戻すと?

20000円の差額ができるけども、株数1000株は、変らない。

その20000円が利益に成るらしい!

・・・?(゚_。)?(。_゚)?

 これを株から見ると1000株を売り、
その資金100000円があり、それで、
80円の時に買い戻すと80000円で、
1000株を返済できる。

 つまり『空売り』は、『現物買取』を
意味しており信用取引とも言われ、特定
時期に、貸した物(株式)や、現物(先物
取引等では、現物とされるけども、実際に
買うと言う人は、業者など以外に居ないと
想うけど・・・)を買い取る事を意味する。

 一般での『空売り』では、株式を借りて
いるので、それを返せばよくて、それにて
生じる差額を利益とする。

 先物取引では、『大豆、ごむ』などが、
有名であって、『小麦』や、色々な物が
あるのですが、実の所だと実際に実りが
未だ無い物を架空で、現物を買う権利を
有していると言う利権の売買となる。

 最終的には、その年の収穫高などにて、
市場価格が決定するのですが、その時に
幾らの値段で、取引をするのかが問題と
なってくる。

 そう!、豊作となれば、価格が下がり、
不作や品不足だと、当然に価格が上がる。

 よく農家が、でき過ぎた野菜などを、
廃棄するとのNEWSで聞きます。

 それは、市場にと出す事で赤字になる
ことを避ける為に、市場に出す前に処分
する行為を意味します。

 これは、果実などでも、同じです。

( -ノω-)こっそり♪<恵まれない人に、寄付したって良いかと想うけど、生物ですからね♪

(∇〃) .。o(それに、寄付の為に必要とされる経費もあるのだから♪)

結論

 恋愛における思わせぶりも、『空売り』
と似ているのかと想われるけど・・・爆

 私の場合も、世間的な人格と言う意味で
同じなのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<世間で散々に扱われていますから・・・・w

(∇〃) .。o(その内に、徐々にと♪)

\(__ ) 現状では、『管理ぽすと!』って感じですけど・・・w

 しかし、そうして考えると自殺等との
現象も『整理ぽすと』から、その人生を
終える為の準備を強いられるかの如くに、
追い込まれる状況に、心身的にあるのが
現状かと想われる。

 普通の場合は、人格的株価を引継がれ、
代々にとされつつ、株式会社の会長など
と言う地位と同じく、隠居生活となる。

資本主義とは・・・

 貨幣論の観点では、人の命までもが、
価値になります。

 しかし、資本論の原点とする観点では、
『価値を有する物を所有する』しつつも、
それを提供して、利益を得るとの考えが、
資本主義の原点かと想われます。

 そして経済論ですが、これにも貨幣の
理論が付いていますが、やはり経済でも、
貨幣でなく、能力(技術、知力など)が
利益となるに値をしており、物事の工夫
などと言うのは、『一見して節約』との
意味合が強いのですが、『空売り』との
見方と同じで、市場価格にて1000円
とされる物を800円で、購入すれば、
200円の利益が出たと同じになるとの
感覚に似ているのかもしれません。

 主婦が店先で、『値切る』と言う行為、
それは、『空売り』に似ており、「その
物を買うけども、安くして♪」と言った
家計の攻防を展開しているのである。

 だから、世の御父さん達は、そうした
感じで生活を維持している主婦を何気に
尊敬してしまうのである。

 しかし、昭和後期の経済好景気からは、
女子(女性)の感覚が変ってしまう事で、
それを黙認する両親も、自由奔放と育て、
その結果が現代である・・・(。-`ω-)ん~♪

 10代の子供が、出産をした後にて、
経済的にも苦しい事から必然的に家計を
やりくりする現象がある。

 彼女達が無事に子供を育てられたなら、
日本国として一つの博士号を与えるにも
値する努力にて、子供を育てたと言った
言っても、過言でないと言う想いがある。

 一般では、それが当たり前のようにと、
捕らえられているみたいだけど・・・w

捕捉

 低賃金で働くPartTimer(ぱーと)は、
主婦や助成の仕事とされてきた。

 社員同じ仕事を強いられながらも・・・。

 彼女達は、家計を支え、属する企業を
支え、そして夫を支えて、日本を支えて
いたが・・・。

 それを現代人としては、受け入れ難い
状態にとなっている。

 それは、一瞬の出来事で、未来などが
変ってしまう今日の事情で、多くの若者
たちが、未来に怯えている事が原因だと
想われます。

 私的に、「国は、民を愛して、民は、
国を好きになる関係が好ましい」と言う
思想を現在では、抱いています。

 そして、その前提に「愛とは、約束を
された未来である」と定義をしてます。

 つまり、約束された未来を安心して、
迎えられるように、国が環境を整えて、
そして民が、利益を得て歓喜することで、
成り立つのが国である。

 その未来が不安定ならば、当然に国を
好きになる事も無い。

 そこで国は、軍事をちらつかせては、
民を労働にと脅迫するのである。

 そうした軍事や、暴力的な脅威などを
免れる為には、むしろ軍事、暴力などを
とことん知り尽くして、それ以上にての
戦略論にて立ち向かう(中和する)他に
今の所だと想いつかないのが、私の現実。

 土を耕し(投資)て、種をまき、秋の
実りまでもを、管理する。

 実る穂は 礼を言わずに 頭(ず)を下げる

 こんな投資が、基本なのかと想う。

 なお過剰なるService業は、穀潰(ごく
つぶ)しとされる家業であると想われる。

 Serviceは、食べ物を生産しないでしょ?

 産物が余るほどあるから、それを資本に
Serviceを受けるのが基本原則かと想われ、
そうした取引を交渉と呼び、貨幣などにて
交渉を簡略するのが、商(あきな)いかと
想われる。