記事一覧

婚外子相続について最高裁判所は・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2013/9/5(木) 午後 4:00

民法の問題

 実は、民法の定めがある争いであって、
一般的に婚外子(法的な婚姻関係の下に、
生まれてきた子供では、ない)とされる
子供が、父親の相続を請求する場合に、
民法・第900条で定めが有る。

日本国 民法 第二節 相続分

第九百条 (法定相続分)

一項
 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

 一号
 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

 二号
 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の
 相続分は、三分の一とする。

 三号
 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の
 相続分は、四分の一とする。

★四号
 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
 ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを
 同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

 今回は、その法律が憲法的に不平等であると
言う争いらしかった。

結語

 これは、「父親に(一)本妻が有り、(ニ)その子供が居る、
(三)または、以前に結婚していた時の子供」と言った観点と、
「(四)父親が、独身であるが法的婚姻を行わない旨を決めた」
と言う場合とでは、事情が異なる。

 (一)本妻が居る
 この場合、一般的に夫が不貞行為を働いた末に産まれた子供で
あるのかと想われ、本妻との間に子供が居ない場合に大いに争う
原因と成りうる。

 (ニ)本妻の子供が居る
 本妻に子供が居ると、本妻、及び、その子供達からするなら、
財産を奪われる敵対的な立場に、婚外子が居る。

 ところが、父親からすると、自分の遺伝子を引き継いでると
言う観点からは、相応の権利が生じている観点もあり、遺言で
財産を残す場合も有るらしい。

 (三)
 再婚の場合にも、問題視される事があるらしく、以前に婚姻
関係にあった妻は、離婚にて相応の決算をしているが、子供に
ついては、生涯に責任を負う事となるらしい。

 (四)
 父親が、法的な結婚(同棲など夫婦生活をしていても、婚姻
届を出してなければ、『みなし結婚』っと成る)を行わないと
された場合がある。

 前出の(ニ)の場合も、父親の認知があれば、その男性の子供
と認められるが、それを父親が拒む場合もある。

 色々な問題が有るのかと想われますが、皆さんによる子造りは、
適切に行われていますか?

 女性、男性とも、性器の御利用は、計画的、且つ適切に♪

私の考え

 父親は、死刑!

 されど、被疑者死亡に付き、その罪が問われず・・・w

 なお、この観点は、私以外の男性に適用される・・・ww