記事一覧

日本語を、大切にしている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/9/4(金) 午後 6:57

ファイル 6257-1.gif

本当か?

 若者の世代では、比較的に世代的な対抗意識から
独自の言語でCommunication(こみゅにけーしょん)
などを行う傾向にある。

 もともと周囲の大人達に、自分達の会話の意味が
安易に理解されないように、工夫された物であると
言う説もある。

 つまりは、『隠語的な会話』となる。

 しかし、そうした若い世代の子供達は、日本語を
以外に大切に想っているらしい。

・・・(。-`ω-) ん~♪

結語

 実は、Blogの友達(女子高生らしい)に「日常用語
として使う言葉使いは、適切に使うように!」っと、
指導を行っている・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 っと言うのは、自分の経験からの事であって、私が
言葉使いの矯正を自己的に行った時には、己の人格を
自傷してきた・・・(。-`ω-) ん~♪

 20歳で煙草を止めるっと言うのと『言葉遣い』を
改めると言うのとでは、同じぐらい大変だった。

 そもそも『何で言葉使いを正しく使うようにする』
っと決意したのかと言うと、言葉使いで人の性格が、
殆ど解かるからであり、且つ、人間としての地位能力
なども解かるのである。

 なお、ここで言う『言葉使い』とは、標準語の事で
物事を表現するのに、適した共通で且つ共用ができる
原語であると言う部分であって、その言葉の中にも、
暴言は、あるのだ。

 ちなみに、その標準語を用いても、俗語として誤解
されている部分が多いのかと想われる。

 よく相手を愚弄する言葉に、『馬鹿』と言う語句が
あるが、「馬や鹿は、賢く自分より劣る者に逆らうと
言われていることから、『馬や、鹿を見習え!』」と
言うように、戒めの言葉となっている。

 つまりは、「馬鹿に成れ!」っと・・・。

 逆に賢い人は、よく「馬鹿に成れ!」っと言う事が
あるのですが、それらも意味を理解すると解かり易い。

 この外にも、語句の意味を漢字本来の意味から追求
すると、とても面白い事が解かる。

 「日本の漢字には、『女』が付く文字が、『男』に
比べて多い」っと言うのも特徴で、好きは、『女の子』
っと記載するが、『男子』っと言う感じがあっても、
「すき」っとは、読まない。

 さて人は、男性が女子を好きになった時には、どう
言う心境に陥るか?・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 この外にも、主に感情などを表す言葉に多いのも、
独特である。

 皆さんも、日本語を色々な角度から追及すると、
もっと楽しく標準語を使えるようになるのかもし?

( -ノω-)こっそり♪<語尾の発音とかを工夫すると面白い♪

(∇〃) .。o(「○○なんですぅ~?」←とか、確定なのか、疑問なのか・・・w)

捕捉:英語

 実は、英語のAlphabet(あるふぁべっとも)も、
象形文字から発祥していると言う説がある。

 その説とは、別の話題なのですが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 英語は、異なる単語を組み合わせて新たな一つの
語句と成っていることがある。

 代表的な単語に『 Philosophy(ふぃろそふぃ) 』
っと言う単語がある。

 学校で習う人も多いのかと想われますが、哲学と
言う意味となる単語も、愛を意味する(philo:ふぃろ)
と、Greece語で(Σοφια:そふぃあ)との原義は、
「知恵」を意味する。

 つまり、『知識を愛する=哲学』である!

 しかし日本語で言う一般人が使う哲学との意味は、
「 物事の道理や、その為の試行錯誤などを一説に
まとめた物 」かと解しているようですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<上司が『人生哲学』なんて言うのは、只の『人生経験談』ですよ!

(∇〃) .。o(真意の『人生哲学』は、いかにして知識を愛して苦悩したかを・・・♪)

 って、やっぱり人生談話ですか・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪