記事一覧

上皇后陛下は、八十五歳

この後、皇室の各人における、誕生日が、代々(次々)に

 『乳がん』の手術後、写真を、見る限り、何ら、普段と、変わらぬ、感じで、これ、幸い。

記事
上皇后さま、85歳に=ホルモン療法続く
 ・時事通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年10月20日 00時22分

ところで、、、

 僕には、「(あ)平成上皇陛下を、『爺(じじい)』、呼ばわりする事」が、有っても、不思議と、「(い)平成上皇后を、『婆(ばばぁ)』、呼ばわり』する観点が、無く、代わりに、『みっちゃん』、呼ばわりする」との傾向が、有る。

 本節の責任は、製造物責任法を、類推的に、適用されたく、その最終的責任は、『神仏、精霊にも、及ぶ』と、解されたいが、その『申立て』(訴え)を、「裁判官が、認めるのか」は、不明。

>追伸
 「嘗て、今上(令和)天皇 陛下は、秋篠宮 皇嗣 殿下から、『この鳥(烏骨鶏と、想われる)は、骨まで、黒いんですよ』と、紹介を、受けた」との記憶も、有るが、「紹介された、『鳥』の気持ち(「親と、卵では、どちらが、先で、且つ、存在的な責任を、課せられるのか」を、「剥製の立場に、在っても、未だ、悩む」と、想われる)が、解る」ような、心境に、陥りつつも、「憎まれっ子、世に、憚る」で、御座候。