記事一覧

No.199 衆議院の解散に纏わる損害賠償請求について

配信 2009-03-06
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.199
作成 2008-09-10
課題 衆議院の解散に纏わる損害賠償請求について
配布 2008-09-10

= 趣旨 =

 衆議院の解散には、多くの国費が消耗をされる。
之における一般国民や、行政機関が受ける負担は、
大きい。

 よって衆議院を解散させた場合、それに伴って
全閣僚に対して、その制裁や、損害賠償請求等を
求めることが、可能であることを把握されたく、
それを報告する。

=== 国民からの損害賠償請求が有りえるのか? ===

  • --設定事項

1.
日本国 憲法
第十七条
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、
法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を
求めることができる。

2.
 国会議員は、国家公務員である。

  • --以上

 上記の設定事項に伴い衆議院が解散を行い且つ、
一般の国民、乃至(ないし)国会配下の行政機関
などに多大なる損失などを与えた場合には、それ
相応の責任が生じる。

 その責任は、現行の法規と内閣の業務慣習にて
『衆議院の解散は、閣議によて国務大臣の総意が
あった場合のみに、閣議書に全ての国務大臣達の
証明を集めた後にて、天皇陛下にと詔書の原案に
天皇の署名、御璽の押捺を受けることで成立する』
と言う事が解っている。

 しかし解散をするのは、国務大臣達の勝手だが、
それによって生じる国の損害までもを、民として
認めるつもりは、当然に無い。

 よって衆議院の解散が決定した場合は、各国務
大臣に対して、損害賠償請求を行う事ができると
判断をしており、それを提起する準備を行う。

=== 各国務大臣に対する制裁 ===

1.損害金の請求(公務員としての給料の返還など)
2.次期の衆議院選挙における立候補の差止め

A.刑法での観点
参考:第193条、第234条、第247条

 上記の観点は、衆議院を解散させた場合にての
制裁となる。

 衆議院の解散自体は、一般の国民による意識と、
異なる観点で進行する事からも、上記の制裁等を
司法(つまり訟廷行為)にて請求することなどが
可能になると、個人的に判断をしています。

 尚、こうした提訴行為が現代的な紛争の手段で
あって、政治や思想に伴った暴力等は、時代的に
古い行為である。

 しかし、それにおける有益性を否定できないと
言う観点からも、文化の向上に伴い、合法的なる
紛争の手段として、こうした方法を一応提起する。

== 効果 ==

 三権分立における効果は、立法、行政、司法と
なるが、司法の分野において国民個人であっても、
その主張によって、権利が保護される。

 つまり『代表者による立法』『立法に伴う行政
Service』、『個人の人格に伴わない行政Service
などから、個人の人権を保護する司法』と設定が
行える。

 よって司法(つまり訟廷行為)によって、国民
一人であっても、その基本的人権に伴う保護等を
主張できるだけでなく、行政Serviceから漏れると
される場合でも、その権利主張を争うことなどが、
できるのである。

 法廷は、争いの場であるが、現代で言う唯一に
合法とされる争いの場でって、訴訟の当事者間に
おける利益と共存的融和を追求できる場でもある。

 その行為は、暴力や、不当、不法行為を上回る
利益を追求しなければならず、それによって暴力、
不当、不法行為の発生も、経済的な観点からでも
抑制されることが見込まれる。

===== 結論 =====

 今回のReportは、未来でも、日本国内において
暴力、不当、不法行為などを唯一に抑制できると
される可能性が、文化発展と言う視野で、唯一に
期待される手段でありると判断をしています。

 国務大臣の総辞職に限らず、現在では、人命も
経済的価値に換算できる時代になり、各宗教での
原理では、自然の一部と成る人の魂までもを金銭
価値にと変える行為を許しがたいとの観点もある。

 それらにて『自然の原理』と言う観点からでも、
客観的資本主義にていして、Terrorism活動を行う
場合もある。

 それらの活動よりも、人類の文化的な観点から
それを上回る利益を算出すべく倫理性が求められ、
その場として現代においては、訟廷があることを
日本人として把握する必要があると、個人的には、
判断をしています。

 以上を踏まえ、Reportの延長には、Terrorism
などに対する対抗戦を踏まえて、その有益性等を
立証したく、Reportを作成しました。

 尚、自衛の概念は、自衛隊の志に習い、戦法は、
あらゆる軍事方法を手本にしていますが戦うのは、
法廷の中のみであり、合法的な手段を見出す事を
現在では、『論争方法』を追求しています。

 真剣の名の下に、筆を手にして、われ戦うは、
唯一に紛争の場として許された、法廷において、
訴訟の当事者と、他の国民に対して有益となる
判決を求め、それが敗訴者の未来に対しても、
常に有益となる判決を追及しなければならない。

 現段階で個人的には、そう判断をしています。

            日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、衆議院の解散に纏わる損害賠償請求について

天使 解散をすれば責任を常に間逃れるわけでは、無い!

悪魔 解散すると世間の金回りが良くなるの知ってた?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =