記事一覧

No.192 2009年度以降の農業政策に付きまして

配信 2009-02-10
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.192
作成 2008-06-01
課題 2009年度以降の農業政策に付きまして
配布 2008-06-01

= 主旨 =

 食糧問題に関しての関心は、世界規模となり
日本国における事情でも、変わりつつあります。

 約4年前から農業に関する活性化等を求め
Reportを提出していますが、なんら今日まで、
その効果は、無かったようです。

 近年では、国民が農作業にと、関心を示して
いる事に、私わ注目をしてます。

 よって、来年度からの『農業労働』と言った、
農業と、労働(雇用)を同時に活性化するとの
政策を本年度秋迄に確立させ、その効果を
翌年度で期待することを主旨とします。

= 対策 =

1.労働者派遣企業を利用する。

 農業と、雇用を一度に、活性化させると言う
為には、近年でわ都心部を中心に発達をした
『労働者派遣事業』を利用することができる。

2.近年の地方における農業事情
 過疎化における問題から、農業を営むとの
人口が減りつつ、更に減反政策などもあって、
此れにおける労働力の低下状態から復旧が
ほぼ不可能な状態になっている。

 この問題を、どのように解決をするのかが、
問われてつつ、農地の管理や利益の分配と
言う観点での考慮が必要になる。

 その点を、どのように考慮するのか?

 A.
 輸入食品に関税を掛けて、その税収を、
農業活性化の資金とする。

 B.
 農業者に携わる者に対して特典を作る
と言う方法があり、それを利用することで、
農業者を都心部から呼び戻す事ができる。

 例えば、農業を10年以上続ける物には、
住宅地を無償にて借よしたり、税務などの
面でも、色々な利点を用意する。

 C.
農業を米作りだけに拘らず、畑等の運用を
検討する。 

 これらのA〜Cを、検討しつつ、定年後の
高齢者における参加等を可能にすることも、
各地方で検討をされたい。

2.農業に投資

 既に、『ふるさと納税』が起用をされてるが、
此れにおける地方の努力が問題となります。

 それは、それとして新たに『農業投資』が、
検討をされる。

 既に『果実に関する共同出資』があって、
農家が年度毎に苗木に対して出資者を募り、
それに対して出資者が、取れたての果実を
出資者に分配する。

 こうした投資方法わ株式と同じく株主特典、
株主優待など、類似して考慮する事が可能。

3.『田んぼ』と『畑』

 私の知る限りだと、同じ面積にて労働力や
成果率等を考えると、『米』と『小麦』とでは、
「小麦の方が利益率が高い」との認識がある。

 更に畑の場合には、輪転が可能であって、
その季節に応じた、野菜を作ることができ、
更に、有機農業なども行える。

 これらを考慮すると、輪転が行える畑にて
種類豊富な野菜などを作ることが、市場を
賑わすことにも繋がる。

 米つくりと言う意味合では、古々米までを
国家の蓄えとして、それ以降を海外支援や、
災害地支援にと使用することに割振る事が
良いのかとも個人的にわ想っています。

 しかし現状におけるASIA事情においては、
Indiaなどでも米の自給率が100%を越えて
いる状態となっており、それにおける観点で、
米の生産との見方では、ASIA地域における
市場的にも、ほぼ満たせているとも想われる。

 その反面で、万年的な貧困地の特徴は、
その土地自体が貧困の原因にとなっており、
『不毛な地を、どのように活用するのか?』
と言う、新たなる課題になっている。

 更に、極論では、砂漠を農地に換えるとの
研究も必要であり、そうした意味でわ農業も
必要な科学でもある。

 そうした『砂漠の農地化研究』は、後にて
『地球外(他の惑星)での農地』や、地中、
海中などでの農地に対する研究開発も、
重要視されるようになる。

 これらの意味合からも、農業の活性化は、
既に地上における分野の研究範囲にでわく、
広く地球外での農地開拓も、検討視野にと
入れる時期に至っていると思われる。

=== 結論 ===

 後は、宜しく♪

           日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、2009年度以降の農業政策に付きまして

天使 貧困と人口調整が必要である!

悪魔 そぉ〜想いつつ、出来ないのか楽しみな所!

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =