記事一覧

No.189 公立大学の授業料に付きまして

配信 2008-11-21
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.189
作成 2008-05-25
課題 公立大学の授業料に付きまして
配布 2008-05-25

= 主旨 =

 公立大学の授業料を私立大学並みに
値上げするとの思案があるとの事です。

 しかし、少子化に伴い、入学者も少なく、
更には、一般にと広く授業を公開する等の
貢献的活動も少ない現状にある。

 つまりは、世間的な貢献力も低い状態に
あって、公立大学としての学術的な研究の
機関としては、その機能を十分に果たして
いない状況にある。

 国民としては、無駄な大学の維持などを
望んでおらず、大学としての役割が十分に
果せていないが故の今日の不景気であり、
大学側も、それ相応の責任を覚悟すると
言う必要があるのかと判断をしています。

 よって、公立大学の学費値上げよりも、
世間的な貢献が少ない大学機関の統合、
または、廃校を検討をされたく想います。

=== 公立大学の統廃合 ===

 公立の大学機関としては、各都道府県に
設置された大学を中心に、各地域の住民も
客観的にわ残したいと言う意見が多いとも
想われ、市町村長なども、統廃合などにわ
反対をすることが予測されます。

 しかし実際に大学に設置された各学部が、
十分にと成果を挙げていれば近年のような
長期的な不景気などにわ至っていないとも
解釈をしております。

 つまりは、経済的な効果からの観点にて、
各大学の各学部が、経済的な効果と言った
観点で、どれ程に貢献をしているのか等を
的確に算出して、それに見あわない学部は、
閉鎖をすることを必要としている。

 又、数人しか集まらない学生の授業でも、
その必要性わ否定をしないが少数の学生に
よる授業を維持するのに、その二倍、三倍も
収容できるような広い教室で授業をしたり、
また、大人数の教室などを使用せずにと、
保持している必要も無い。

 つまりは、今日における公立大学における
資金の必要性は、『無駄な施設の維持』と、
『世間貢献度の低い学部、授業の維持』で
あるのかと、個人的にわ想っています。

 大学入試に必要とされた受験学習なども、
大学を卒業した後に役に立つと言うのは、
語学程度で、その後に専門分野にと就職を
する日と程度であって、卒業生の半分にも
満たない人員が、卒業した学部とわ関係の
無い職に付いている現状から考慮すれば、
大学受験の段階から、公立大学の必要性が
問われるのかと想われます。

 しかし、唯一の手段としては、広く一般にと
解放する手段があり、通常の受験意外にも、
各大学の夜間学部を活性化することにて、
既に世間に出て働いている人達を、大学にと
呼び戻す事ができ、更に就労などをしている
人員の場合には、特定の収入などがあるとの
状況にあるので、授業料などでも広い範囲で
設定をできる。

 『例』としては、放送大学などの単位制を、
Model(もでる)として、各大学の夜間部にて、
面接的な授業を行いつつ、放送大学などでの
面接授業単位にも加算できることで、国民の
学欲を向上させる事ができる事を目論見ます。

=== 結論 ===

1.公立大学は、その校舎(施設)を少子化にと
 伴って、縮小する必要があり、無駄に維持を
 必要とする施設費は、国民の負担になる。

  各大学の各学部において参加する生徒が
 少なくても、その授業科目を減らすことは、
 検討をする必要が無いが、無駄となる広さの
 教室は、無駄である。

2.経済的な観点から、その大学が設置されて、
 世間に与える貢献的な効果を資本的な算出
 などにて計算を行ない、それが十分でないと
 言う場合には、学部の必要性を問う。

  逆に生徒が一人である講義課目でも、その
 必要性があると言う場合にわ閉鎖することを、
 求めない。

  つまりは、Restructuring(りすとら)であって、
 廻りめぐって来る責任は、各大学の学部にと、
 責任があるのかと判断する物である。

  日本の国民として言うなら、国内公立大学を
卒業した大学生より他国の公立大学を卒業した
学生が国内に御貢献をしているならば、当然に
その大学を支援すると考えるのが資本論である。

3.唯一の手段としては、公立大学を広く一般にと
 解放する手段があり、夜間学部などを中心にと
 就労を行っている人などを含めて、広く民にと
 各学部を解放する事で、民の学欲と後における
 経済的な意味合と文化的な向上を目論む事が
 できるのである。

 以上、上記三項目を主体に公立大学のあり方を
見直して頂きたく、このReportを作成しました。

日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、公立大学の授業料に付きまして

天使 公共機関として国家貴台を整えるべく学習を!

悪魔 しかし、ふとした亀裂で脆くも貴台が崩れることも・・・w

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =