記事一覧

No.187 Gasoline(がそりん)税に付きまして

配信 2008-11-17
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.187
作成 2008-04-29
課題 Gasoline(がそりん)税に付きまして
副題 『暫定税率』に付きまして
配布 2008-04-29

= 『暫定税率』と言う名称に付きまして =

 基本的に『暫定税率』と言う名称は、日本語として
正しくないと言う事は、既に皆さんが御承知の通り
だと想われます。

 そもそも数年の枠があり『暫定』と言うに値をせず
設定は、日本語としても好ましくわ無いのかとも、
想われ、国民の一人としてわ大いに疑問です。

 『暫定』でわなく『有期限税率、時限税率』などが、
その名称に相応しいのかとも私的には、思います。

= Gasoline税の一般財源化に付きまして =

 日本国政府は、基本的に税率のかける部分が、
『年貢形式であって、目的が設定をされておらず、
それに伴う税収が行われていない』ことが解って
います。

 Gasoline税分野は、道路、環境、交通施設等に
纏わる税収が求められますが、それを求めずに、
一般財源化を称している状況は、好ましくないと
個人的には、感じています。

 今日で言う所での『環境税』と言う観点では、
地球温暖化に対して、消極的な企業と、それらを
監督しつつ援助や開発などを支援する立場にと
ある、公共機関や大学の研究機関への財源等を
確保する必要があり、広い意味では、緑化などの
分野にも及ぶ。

 よって『環境税』は、重要な資金調達の枠にと
なると言う事が、皆さんだけでなく、国民達にも、
広く理解される分野かと想われます。

= 一般財源化への導入 =

 現状の日本国家として財源を見るのであれば、
微妙な観点であもあるが、必要とされる財源を
確保すると言う行為も必要である。

 そもそも財源である税収が、丼勘定であって、
現状を根本的から変えて行く事が求められて
いる状況にある。

補則 > 政治政党に対する献金と、議員の給料
 
ちなみに各政党が、配下の議員に手当などを
放出している状況は、基本的に妙である。

 国からの給料で賄えず、もはや近年の状況は、
収入が良い政等に加担するのが賢いとされてる。

 現状における日本国は、あらゆる政党があるが
新しく誕生し、そして退化する政党などもあるかと
予測をされるが、それであっても政党主義とは、
限らずに、無所属の個人が総理大臣になっても、
民としては、これといって、問題が無いのかとも、
感じられます。

 つまりは、800〜500万円の給料を国から、
国会議員に対して支払っても良いのかと思われ
その反面で、政治献金と言う意味合などでは、
各国会議員が等しい関係にあるとは、言えない。

 よって国に対して政治献金を行う行為などは、
認められ、それを等しく国会議員に分配をする
と言うならば、公平であるが特定政党に対して
行われる献金行為は、他の議員との平等性と
言う観点からでも好ましくないと思われる。

=== 結論 ===

 Gasoline税は、道路、交通(安全)整備、環境、
などが税枠で確保される必要がある。

 更に、この『交通(安全)整備』には、警視庁の
交通警備に関する資産を導入する事が好ましい
とわ思いますが、近年においては、Patrol Carの
外装を見る鍵限りでは、「特定の企業に利益をと
もたらすような、あれだけの外装ができるならば、
当面は、必要が無い」とも判断をしています。

 又、不法駐車などでの分野を含めて自治体の
Patrol(ぱとろーる)活動が、盛んになっており、
防犯を含めて、良い進化を遂げている状況にと
ありますが、それ相応の資格など有した者が、
関与をしないと、法的な観点から逸脱したような
状況を招きかねないので、注意をされたい。

 

           日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、Gasoline(がそりん)税に付きまして

天使 意味も無く継続するのは、奇妙である!

悪魔 その無意味さが紛争の種となって、私を楽しませる♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =