記事一覧

No.177 変死体の処理に付いて

配信 2008-10-24
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.177
作成 2008-03-26
課題 変死体の処理に付いて
副題 検死でのCT、MRI検査の導入
配布 2008-03-26

= 主旨 =

 近年、自殺者が増えている一方で必ずしも自殺と
言えないような事件なども発生してるようである。

 しかし、そう言う場合であっても、他殺としての
立件ができそうに無い事件は、適当に自殺として、
あしらわれる。

 海外でも言われているが、近年での完全犯罪は、
年を追うごとに、手口が巧妙かされていると言われ
完全犯罪だけに、その根拠などが明確にならない。

 又、近年での日本における自殺者は、約3万人で
第二次世界世界大戦中における年間の人命消費率で
言う所での、どれほどに値するだろうか?

 犯罪、事故、過失、そして自殺を含めた年間での
死亡率は、私の直感だと、戦時中の人命消費率とわ
然程に変わらない状況にあるのでわないかと思う。

 そうした中でも、犯罪と結びつと言う事件ならば、
発生してわならない完全犯罪に対して、当然に立ち
向かう必要がある。

 又、近年における明らかなる自殺人事件や事故、
そして他殺か自殺か不明確な事件についても考慮を
される必要がある。

=== CT、MRIの検死での導入 ===

 CTとは、X線を用いた画像、MRIは、核磁気
共鳴画像法を意味する。

 近年では、病院にての検査などで用いられている
物では、あるが、非破壊検査などでも、稀に使用を
されている機器である。

 現代の国内事情として医師不足だと言われている
状況にあるが、医療Tour(つあー)なる物があると
言うのを把握されている方も少なくないはずである。

 大韓民国では、周辺諸国から整形手術を希望する
人が多く訪れ、心臓病などでは、India(いんど)、
米国近辺では、Mexico(めきしこ)やCosta Rica(
こすたりか)などが、人気となっている。

 これらは、医療費が安い割りに、その周辺諸国の
医療事情からすれば、比較的に充実した医療機器や
条件を備えている。

 特に、臓器移植と言う観点でわ中華人民共和国も
重要視をされている節があり、囚人などによって、
提供される臓器などが、売買をされると言うような
内容を雑誌か何かで、見た記憶がある。

 逆に、臓器目当ての殺人が発生している可能性も
否定できないのが現状である。

 それらの事件と言う観点でも『変死体』における
調査が必要であるが、実際に変死体を調査するとの
場合は、現在の国内事情でわ極限られた状況のみで
行われている。

 つまり、安易に自殺にみせかっけることも可能で
あるのかと想われるのである。

 そうした事件を防止する為にも、CT、MRIの
検査が必要であり、的確な死因を追求する事などが
求められているのである。

 そもそも現場の警官が、法医学的な根拠も無くて、
自殺だと断定するのが不条理であり、検死があった
と言っても簡易な検死だけでわなく、CT、MRI
などを用いて、その内容などを明確に残しておくと
言う必要がありそうです。

 その当時、自殺と断定をされても、後において、
他殺だった事が明らかになる事もありえるが、その
証拠である死体が焼却をされてしまったとの後では、
何も調べようが無いのである。

 又、緊急医療においても、CT、MRIが有効で
之による即時の身体検査により、医師の予測だけに
頼る事無く、それまでよりも明確な治療等が行える
環境が整えられるのである。

 よって基本的には、救急病院においてわ基本的に
CT、MRIのどちらかを(比較的には、MRIが
好ましい)設置する義務などを課し、その代わりに、
それに対し、地方自治体が補助金を出す等の配慮が
求められている。

=== 結論 ===

 CT、MRIの使用は、有益的でわありますが、
それを導入、維持するには、多くの費用が要るとも
されており、街中の救急病院が導入をできると言う
ほどに安価な物でわない。

 逆にCT、MRIがあっても、それ相応の医療が
揃っていなければ、当然に処置が行えないのである。

 しかし少なからず、最低でも救急車が出動して、
現地到着から1時間内にCT、MRIの設置された
病院に搬送される距離計算で、設置をされるのが、
好ましい。

 逆に、先に挙げている検死としての必要性なども
あることから、それらを含めて各病院でも検死等が
行える環境などを整えると、良いのかもしれない。

 これは、医師免許を持っても、何だかの理由にて
生身の患者と向き合うのに抵抗があると言う医師が、
その資格を手放す事無く、又その能力を活かしつつ、
検死などの分野にて活躍をしてもらうことが可能に
なるのである。

 ちなみに検死の場合、その行為を民間病院にと、
委託した場合員は、当然に、国か、地方自治体が、
その費用を負担する事になる。

 それらを踏まえて、ぜひ一度、国家規模において
検討をされたい。

                以  上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、変死体の処理に付いて

天使 完全犯罪を阻止するべく試みを!

悪魔 完全犯罪だから、見抜けない犯罪でしょ?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =