記事一覧

No.178 看護士における絶対数の不足問題に付きまして

配信2008-10-22
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.178
作成 2008-02-20
課題 看護士における絶対数の不足問題に付きまして
配布 2008-02-20

= 主旨 =
 近年、緊急医療における分野の対応が不十分だと
指摘をされている。

 医師の不足も指摘をされているが、それ以上に、
看護士の不足も問題視されている。

 看護士の不足は、看護婦と言う名称から看護士と
変わった時期に、一時的に男性も就業の場として、
看護士が注目をされていたが、現在わ然程に人員が
揃っていない状況にある。

 別の分野では、介護士に関する分野での人員が、
新たに確保されているが、そちらでも人員などが、
十分に揃わないとされている。

 それらを解消するべく、人員の不足と、現状での
苦職とされる看護士業務の改善(緩和)等の検討を
早急にされたい。

=== 看護士の業務は、国内の業務で一番Riskが高い ===

 私の個人的な感覚で申し訳ないが、一般人として
個人的に把握をしている業務の中で、看護士と言う
業務は、国内でも一番Riskが高い業務である。

 患者の看護を行ないつつ、更に自己の健康などを
保たなければならない。

 そして変則的な24時間勤務は、一見して警察や
救急、自衛隊などでの特殊国務にも似てもいるが、
実際における緊急医療の場では、それ以上のRiskを
負いながら仕事をしている。

 更に医師と看護士との観点で、比較などをしても
患者に接する機会などを考慮すると断然に看護士の
Riskの方が高い。

 また看護士が学ぶに必要とされる分野も知識が、
広い範囲で必要とされ、それによって自己防衛等の
手段を得ることにもなる。

 女性による変則勤務は、『看護婦』の時代からも
問題視をされていたが、之においての改善などは、
女性達が満足できる状況でわなく、結婚をした後に
育児をしながら宿直付き等の医療機関に勤める事は、
家庭を維持すると言う観点からも苦境を強いられて
いたが、それを我慢して患者に奉仕を続ける女性も
居た事にて、今日の日本の医療が維持されている。

= 医師に限らず、看護士における分野での外国人導入 =

 近年では、医師における分野でわ外国人の起用を
特区を設けて認められてきているが、看護士にての
分野での外国人起用を、未だ私自身は、把握をして
いない状況にある。

 医師より、むしろ看護士の方が起用確立や範囲も
広く、世界中から導入が可能なのかとも思われる。

 但し、絶対条件としては、やはり日本語できると
言う事が条件となる。

=== 看護士との介護士の住み分け転用 ===

 これは、『動物界における住み分け』から類推し
それを転用する考えである。

 新たにできた職種である『介護士』となる分野は、
入院医療における分野でも重なる部分がる。そこで、
看護士の業務を軽減する為に、業務分野を分けつつ
介護士の業務を広げることが可能である。

 例えば、感染病の無いとされる分野での介護では、
『入浴介護、配膳、検診(体温、脈拍)』などなら
介護士などでも可能であり、院内外での散歩などの
動向などもできる。

 また、『特殊な予防医学を必要とする患者』には、
介護士の他に、『予防学の資格』を新たに設けて、
段階的に、それを収得することで、色々な分野での
医療介護業務に携われることを可能にされたい。

(例)予防学 免許
1級・・・HIV、Cholera(これら)などの患者
2級・・・A、B、C、D型肝炎患者、性感染など
3級・・・はしか、Influenza、風邪、風疹など

 これらは、一例であって、介護士が不足とされる
予備知識を得ることで、小児科、内科、外科などの
入院医療などの場において活躍をできる事を安易に
可能にできる。

=== 結論 ===

 医師や看護士、介護士の苦言として『なぜゆえに
もっと患者が自らの体を労わろうとしないのか?』
っと、ぼやく人が多い。

 『家庭の医学』と呼ばれる辞書は、その昔ならば
一家に一冊ぐらい、嫁入り道具の一つとしても重宝
する書物であったが、それにおける分野での知識は、
現在だとInternetなどから入手を安易にできる。

 しかし、そう解っていても初の我が子が夜鳴きを
続ければ、流石に両親共に慌てるのが事実である!

 そうした観点では、Internetを通しての診療等も
検討をされたい状況にあるが、今回のReportでは、
まず不足とされる入院医療などでの看護士の不足を
補われたい。

 看護婦の時代から、終戦後でも『女性の戦場』と
呼ばれ、現在でわ責任ばかり負わされ、心身共にと
『ぼろぼろ』の雑巾になるかの如くに、人員たちを
酷使する状況に至っている。

 それらを的確に緩和しつつ、本来であれば不要と
される医療分野に対する国民の自衛力も、法学等を
含めて義務教育に必要なのかと、個人的にわ想って
おります。

 以上、国家にて介護士における看護医療への導入、
又、それに伴った新たな予防学資格の検討や現行の
医療業務における簡略化の検討をされたい。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、看護士における絶対数の不足問題に付きまして

天使 白衣の天使を増やさなければ♪

悪魔 まぁ〜必然的に喪服の人も増えるけどね♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =