記事一覧

No.173 RotaryEngine(ろーたりーえんじん)に付いて

配信 2008-08-03
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.173
作成 2008-02-11
課題 RotaryEngine(ろーたりーえんじん)に付いて
配布 2008-02-11

= 主旨 =

 水素Energy(えねるぎー)における燃焼系の
Engine(えんじん)では、Rotary(ろたりー)
型のEngine(えんじん)が有効であるとされて
おり、唯一に水素Energy燃焼型のEngineである。

 しかしRotaryにおける形式は、Mazda自動車の
独特なEngine形式となっており、他社などが、
類似したEngineを国内で製造していない状態に
あるのが現状である。

 そこで、従来のPiston型からRotary形式等を
主体としたEngine製造に国内規模で切り替える
ためにも、RotaryEngineにおける形式製造等を
広く他の自動車企業でも、製造されること等を
検討されたい。

 その為には、色々な権利収得などが必要で、
もともと海外にて発想のあったRotary形式での
Engineとなるので、それらに於ける特許権等に
おける分野などを検討し、有益であれば将来に
これらの発想を目論まれたい。

=== 検討における注意 ===

1.RotaryEngineにおける特許権
 この特許権における所有関係と現在における
段階でRotaryEngineの特許未収得企業が新たに
RotaryEngineの開発を行う場合での経費算出が
重要点である。

2.水素Energyの確保
 これは、既に中東地域での太陽光Energy開発
などによって、人類規模での新たなる未来燃料
と言う観点で進んでいるが、欧米諸国における
石油企業による『しがらみ企業』が水素燃料に
関する分野に対して消極的である。

 よって日本国としては、本来だと消極的なる
立場にわないのが経済的な意味合での状況だと
される欧米諸国に先立って、日本国から先行し
取り組まれたい。

3.水素燃料の形式には、二種がある。
 『電池(電気)消費』と、『発火消費』での
二種が主になっている。

 電気消費では、従来の自動車整備等における
分野では、転化がしずらい。比較的に楽なのが
『発火消費型』であって、そのEngineとして、
RotaryEngineを必要としている。

 つまり従来の発火式Engineを引き継げる事で
整備場の問題を少なくする目的がある。

4.燃料の価格
 50〜80円から始まり、Gasoline、Diesel
などの分野が、消去してゆくにつれて段階的に
税枠をあげることが可能。

 その時にわ環境税を必要としないが、道路に
関する建設費を確保で気安くなる。

 逆に、環境税としてGasoline、Dieselには、
税枠を上げることも可能である。

=== 結論 ===

 自動車の整備(国家資格)、燃料の消費等の
観点からも、水素を発火的に消費するEngineは、
世間的にも有効性が高いと見込まれる。

 よって国家により、それを検討、推進などを
されたいが、それ以前にRotaryEngineにおける
特許関係や、それに変わる形式のEngineなどを
用いる(Gasolineとの両用可能型など)ことで
補うことが求められる。

 私の理想は、RotaryEngineかとも想われるが、
発火型であり、従来のGasolineEngineなどでの
整備などを活かせるのであれば、Rotary形式に
拘らないと想っている。

 よって国は、将来に向け水素Energyに関して
前向きに検討し、その燃料を確保すべく中東の
地域におけるEnergy開発にも、積極的に参加し、
中東の国々と友好関係を保たれたい。

 尚、目論みの予断としては、欧米職の経済を
日本国の企業によって、再建させる事も可能で
あることも、余力として考慮されたい。

 例えば、新しい形式のEngine開発を米国内の
低所得者を中心とした救済的な労働雇用などに
ともない生産をするなど・・・。その手段は、
多種多様にあるかと想われます。

                以  上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、RotaryEngine(ろーたりーえんじん)に付いて

天使 画期的なEngine形式は、今後も求められるね!

悪魔 戦車とか、戦闘機とかな♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =