記事一覧

No.172 在日韓国人が運営をしている日本国内のFranchise(ふらんちゃいず)店舗にて不当性があるように思える営業に付いて

配信 2008-08-01
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.172
作成 2008-20-11
課題 在日韓国人が運営をしている日本国内の
   Franchise(ふらんちゃいず)店舗にて、
   不当性があるように思える営業に付いて
作成 2008-02-11

= 主旨 =
 大韓民国製のFranchise(ふらんちゃいず)店舗における
SuperMarket(すーぱーまーけっと)経営に関して、二点の
不審点が浮上したので、御報告を致します。

= 経営の利益 =

 大きく三種類の利益に分かれており、三分割される。

1.食品の販売
2.代理送金の手数料
3.Video(びでお)のDubbing(だびんぐ)

 月の売上が、500万円前後だとも聞いている。

= 1.食品の販売 =

 食品の取り扱いにおける不法性は、確認できて
おりません。

= 2.代理送金の手数料 =

 詳しくは、解らないのですが、代理送金を行い、
その手数料を貰っており、その利益が全体での
『三分の一』に値するとのこと。

 法規を詳しく調べていないので、このReportで
不法性を問えませんが代理送金で手数料などを
得るという場合には、一般の商店が行えなかった
かと判断をしています。

 その代理入金には、食材を日々に定期的にと
配達をする時に、回収をしているとのことでした。

= 3.Video(びでお)のDubbing(だびんぐ) =

 之にも不当性が感じられ、一見して店舗内に
入ると、食品とRentalVideo(れんたるびでお)を
含めた御店に見えるのですが、その店裏でわ
Videotape(びでおてーぷ)をDubbing(だびんぐ)し
それを顧客にと販売しているとのこと。

 店舗側では、Franchiseの中枢である商品などの
卸先が、著作権における許可を得て、Copyなどを
行なっているとの説明を受けたのですが、どうも
その実態が解らない。

 場合によって不正Copyを行なっている可能性も
あって、それにおける利益は、経営の『三分の一』
となっていると言う。

= 結論 =

 近年において、大韓民国系のFranchise形式での
店舗では、1.食品、2.代理送金、3.VideoのDubbingの
三種によって、月額に500万円程度の売り上げ等を
あげているらしいのだが、2.代理送金、3.Videoの
Dubbingと言う観点で、不正行為と思われる活動を
行なっている節がある。

 又、そのFranchise店舗は、国内の繁華街などに
出店がされており、私が知る限り東京都八王子市、
埼玉県越谷市、それ以外の町並みの地域などに、
同形式にて出店をされていることを確認している。

 大韓民国系の御店ができることには、不服など
ないが、不正行為、不法行為にて利益を得ている
と言う状況では、大韓民国系の店舗に限らずに、
日本人による運営でも、それわ許されない。

 よって、その事実関係を公的機関によって、調査して
頂き、然るべく更正要件などの指導などを求める。

           日本国民の一人より

尚、今回の配布先は、
・内閣官房
・国家公安員会・警視庁
・公正取引委員会
・金融庁

以上の4所の公的機関みです。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的
在日韓国人が運営をしている日本国内の
Franchise(ふらんちゃいず)店舗にて、
不当性があるように思える営業に付いて

天使 他国での営利活動でも、法を重視する必要がある!

悪魔 その国の人が『知らなかった!』と言うよりも、講かあるんだぜ♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =