記事一覧

そこわ!そこわ♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/5/3(木) 午前 9:24

ファイル 6778-1.gif

電車の中で・・・

 昨日は、仕事の関係で渋谷に出かけておりました!
その帰りの事だったのですが、電車に乗り込む前に
Platformで楽しそうに会話をしながら、列に並んで
いた女の子達が電車に取ったとたんに静かになった。

( ̄ω ̄ ん?

 この二人の会話などを含めて、今回の収録などを
しようとしていたのになぁ~って、思っていたら、
σ(^・ω・^) ボクと同じぐらいの背丈で、体型なども
どちらかと言うとSportsman Typeの子が、私の前に
居る位置で、ある程度に固定された。

 電車に乗る時の注意点なんだけども、車両に乗り
ある程度の自分の固定位置を決めると、その後にわ
周囲を気にかけないことが多い。

 特に出入り口付近では、人の移動が激しいので、
自分の立ち位置が他人との邪魔にならない限りは、
あまり気にかけない。

 しかし、その半面で他人から押されたり、触れる
ことがあると自分に立ち位置に不安を感じることも
当然にあるのですが、視界範囲内でしか移動範囲を
確保できない習性から、前向きの状態から左右での
範囲内であれば移動範囲を見つけ出そうとするが、
後方にわ関心を抱かない人が多い。

 ちなみに、自分の後ろ等にも関心を抱くことが、
求められ、常に可能な限りの可能性の範囲を広げる
と言う事が、選択肢を増やすことにも値する。

 そうした習慣は、立ち位置だけでなくて、物事を
考える場合でも同じで、GAME理論でのNash均衡では、
「後方(前方や左右の視界以外)に注意を抱かない
人が多いと言う事から、標的の行動Patternなどを
特定する時は、後方に注意を抱かないのを一般的な
選択肢する」ことが多い。

 さて話を戻しまして、乗車前に仲良く会話してた
二人の女の子が乗車後に、静かになってしまったと
言う原因の一つに・・・。

 σ(^・ω・^) ボクの目の前に、後ろ向きで密着して
居る状態・・・(。-`ω-) ん~♪

 もう一人の女の子が話しかけてきても「今の私に
構わないで」っての素振りをしている。

(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!って思っていたら・・・。

 その目の前に居る女の子の前を見たら、ぬわんと
前が立ち位置として空いている。つまり超満員で、
σ(^・ω・^) ボクが彼女と密着状態にあるのでなく、
彼女が後ろに寄りかかり、その都度に後ろに下がる
私が、これ以上に下がれない状態でも、尚も私にと
もたれかかっている状態が、混雑の原因だったのだ。

===Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 ちょうど彼女の首もとが、σ(^・ω・^) ボクの顔に
付きそうになるぐらいの位置に時折なるので思わず
『Dracula(どらきゅら)の如く』噛み付く自分を
想像してしまった・・・爆

 その彼女の行動は、それ以外にも御尻を突出して
きたり、くね♪くね♪させたりしており、ちょうど
σ(^・ω・^) ボクの敏感な所を刺激する状態になって
おりました・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 二つぐらい駅を過ぎた所で彼女達二人は、下車を
しました。

 つーか、こう言う事は、よくあるんだ・・・w
空いている車内で椅子に座れば、対面にMiniSkirt
(みにすかぁ~と)の女性が足を見せ付けてきたり、
先日は、Coupleの女の子がShortPants姿で生足での
状態で、周囲が空いているのに、σ(^・ω・^) ボクに
異常接近して足を見せ付けて来たりなど女性からの
妙な衝動を良く受ける・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 その都度に不思議に思いつつ、観察を始める私♪

゚( ゚^口^゚)゚。ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 女性としての観察である・・・w

 (∇〃) .。o(視姦をすることは、殆ど無い・・・♪)

 つー具合に、その都度に観察をしている私です♪

 若い子(女子高生~二十代ぐらいにと見える)に
多い現象なのです。

 つまり電車の中は、異性を中心とした観察の場と
なっている・・・w

 女性からも時折観察されている感じもするけど、
そういう時は、戸惑ってしまう事が多い。

 観察されても、相手に良い印象を与えられると
言う人は、男女を問わず躾が整っていると言える。

 しゃがんだ時に上からの私の視界から、胸の中が
見えてしまいそうになる場合に、普段着の場合には、
これと言って見えても違和感を抱かないのですが、
Suit(すーつ)のように正装をしているような時に、
見せ付けられると、凄く違和感を感じる。

 そんな時、女性のEtiquette(えちけっと)として
上手に意識して隠してくれる方が、むしろ好感を抱く。

 つーことで、宜しく♪