記事一覧

『国』と『国民としての私』の関係が破綻をしている!?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/8/25(土) 午前 4:24

ファイル 6806-1.gif

国を提訴すると言うこと・・・

 つまり、国民としての自分と、国としての国家との関係で
何だかの支障が生じており、損害賠償に至る結果となった。

 未だ完全に国と国民としての関係が破綻しているわけでは、
ないのですが、完全に破綻をしたら、やはり国を出て行くと
言う他、手段がないのかなぁ~と考えています。

 私の憶測では、Homeless(ほぉ~むれす)を含めた日本の
国民人材は、世界的な教育水準からも、かなり高度であって、
他の国で生活をしても、十分に生きているのかと思う。

 それらを考慮すると、固定観念に拘らず、新天地を探すと
言うことも手段の一つかと想っています。

 それを学んだのは、Judea教や古代Egypt時代から人類が、
世界各地へと散会した文明的な開化と、文明の移動と言った
観点からであって、宗教などの特定信仰をしているわけでは
なくって、色々な宗教などから学ぶに至り、思いついたのが
『新たなる新天地を探す』と言う行為である。

それと言うのも

 ようやく東京地裁本庁から、『国』を相手とする訴状での
返答があり、それとわ別枠で、『国、都、市』と『市』との
二件が提訴される事となっている。

 私は、個人的に『犯罪心理と、犯罪の抑制及び犯罪などが、
発生をしない物理的、論理的な環境』を追求していますが、
そうした観点から考慮をすると『戦略的に争う』と言うのか、
『工作をする』のかが問われ、更にわ、その価値が問われる。

 それらの目的は、結論的に自らの生活環境の向上であって
基本的には、誰しもが抱く向上心である。

 それを満たすと言う意味合と、自らの行動からの利益等を
考慮すると、『行動をしない!』と言うのも手段であるかと
思いつくのである。

 例えば・・・

 似非右翼団体(自称政治結社を名乗る暴力団)を例にする。

 彼らの活動的な結果目的は、暴力遂行の正当性である。
しかし多くの場合は、その自覚が無いのが欠点である。

 恋愛と同じで愛国を名乗る場合、現在だと愛国Stalkerと
言う言葉がある。(愛国すとぉかぁ~♪)

 逆に言うなら、国に愛すがらなければ、生きて行けないと
言う人達であるが、現行の憲法、法的範疇に背いてまでも、
愛国を主張しつつ、更に暴力までもを遂行させる。

 行為目的は、暴力の遂行であり、その正当性の主張である。

 そして愛国の語る立場としては、現行憲法、法規の厳守を
できない輩であって、国から愛されるに至らない国民である。

 真意の愛国者は、愛する者(物を含む)からも相対的に、
愛される立場を求めるのが、正当かと判断する。しかし、
似非右翼(団体)の場合には、一方的で暴力と言う不義をも
正当化させる。

 公式で言う所の『 -A ☓ -B = +C 』で、
ある意味では、賢いが、非道徳的な手段ともされている。

 正当性では、『 A + B = C 』が庶民的だが、
それすらも、難しいとされている。

 不法行為と言う不義要因を使用し、更に不義要因を掛ける
ことで正義を生み出すと言うのは、戦略論によって成り立つ
場合も多くある。

 又、結論として彼らは、『国を愛するから、暴力を遂行し
それを正当化する』特性がある。

 ならば、国から愛されないと自覚し、他の国を愛するとの
判断をしたらどうなるか?国に限らずに、物でも良いのかも
知れない・・・。

 愛でわなく、拘り・・・。

 問う焦点を変えてみることを、選択してみたいのである。

 似非右翼が暴力を遂行せず、現行の憲法、放棄を厳守し、
愛国を主張するなら、どのような結果を得れるだろうか?

 いっそ豹変的な政治家達よりも、評判がよくて、それこそ
代議士として認められ、国会の場に立って発言することも、
可能になるのかもしれない。

 そう、似非右翼が違憲行為や不法行為をしなかったら?

 どうなるだろうか?

 又、彼らが日本国を愛するのを諦めて、国外でくらして
新天地を愛することができたら?

誤解をしないで欲しい

 私は、好戦的な性格であって、軍事や暴力の有益性などを
否定しない。更には、違憲性や不法性についても、有益性が
ある場合もあると、言うことを否定しない。

 しかし戦い方である。

 合法の範囲内で戦っていると、相手を追い詰めると相手が
違憲的、不法的な行動にでることがあり、以外にも大きなる
団体の場合には、社会組織の権力によって、隠蔽を図りつつ
働きかける場合もある。

 それも、不義に対する不義行為を掛けた結果である。

 大衆、社会、団体、共産、つまりは、三人以上での複数の
場合に成り立つ複数人で形成された集団に対して、個人達が
挑む場合には、安易に的団体が不義を曝け出す場合がある。

 結論的には、戦うと言うに至った場合には、自己に有益な
結果をもたらす、行動を選択しなければならない。

 それが、名誉なのか、生存なのか、経済的利益なのかは、
個人の性格によって異なりますが、利益、有益な選択をする
ことが、結論的に求められる。

法廷の場は・・・

 民事訴訟法を見て、気が付いたのですが、『攻防』などの
言葉使いがあり、攻撃・防御と言った論述での対応が法的に
認められた場であるのが、法廷である。

 つまり私わ今後、国、都、市と法廷の場にて、争うことに
なるのですが、それへの拘りに付いて、自分に有益なのかが
改めて問われています。

 国家に有益であっても、自分に有益でなければ結果的には、
何の為の自らの行動だったのか?

 大いなる疑問です。

 つまり予めに結果を予測し、最悪な事態を想定しつつも、
それにおける有益性などを追求をしなければならないのが、
戦略論の極論かと想われます。

 合法的とは、言っても争うと言う行為には、変りません。
拘って日本国に住むみ利権を確保するのか、新たな新天地を
求めるのか?

 戦いに負けたなら、日本国籍を放棄した方が良いのかも
しれない。それは、夫婦の離婚の如くであり、ある意味では、
新しい新天地への旅立ちの時なのかも知れない。

 でも結果的に日本を離れるなら、争う時間すらが無駄だ。

(。-`ω-) ん~♪

 人間は、考える葦でわない。

 しかし、移動する足を持っている。

 人間は、葦でわ無いから、葦の様に根を生やし、浄化的に
生活をするのが好ましいのかもしれない。

 しかし人間は、葦でわ無く、移動をする為の足があるのだ。

 もしも仮に勝訴しても、平民に負けるような国家に魅力を
感じるだろうか?ましてや、好戦的な私が・・・。

 結果は、同じか?

 研究中の『中和折衷工作論』を、摘要してみることが可能?

その場合には、和議和解となるんだけども、、、。

 選択肢があるなら、もう少し工作してみるか♪

 自己利益かぁ~・・・、正直な所は、あまり考えたことが
無いのが本音なんだよなぁ・・・とほほ。

 あ、国や都などの自発的改善を促すと言う手段わ・・・。

 ・・・万策尽きてるから、これに至っているわけでぇ。

 (-ω☆)キラ~ン♪・・・可愛い子との生活♪

          可愛い子は、日本人とわ限らない! 爆

 明るく、楽しい家庭!

        博愛、好奇心、知的欲求に満ちた家庭!

 可愛い子供♪

 あぁ~♪、あぁ~♪

 ・・・誰が神や仏に、それを願うかってんでぇ~!

 願い叶えてくれると言うならば、無条件で受けてやらぁ~♪

 よろっちゃの男 『のんきぃ~ほぉ~て』

              法廷に白歯で挑む、喜志である。

 風車に挑むよりは、ましかと・・・www

 『よろずの三言』としましては、

       「可愛い奥さんとの恋愛の永久なる日々』と

   「可愛い子供達の成長の観察」と

 『わが亡骸が月の土になる』

 まずは、やはり奥さんか?

 戦うの止めて、奥さん探しが先? でもって逃避行あり?

(-。-)y-゚゚゚ 自活的改善能力の無い国家に魅力なし!?

( T◆T)=3 3 ゴッホ、ゴッホ! しかし現状の国籍は、日本だ!

日本語しか喋れないし、日本人女性が好きだしぃ~♪

 愛する人に、愛される・・・。

 ・・・結果的には、愛国、恋愛、そして争い。

 対地球が、私を愛してくれるとしたら、永遠に愛しく
思わせるために、月の土になるのも戦略である・・・w

 地球にとって太陽が一つだ。

 しかし、この広大な宇宙には、太陽よりも大きなのが
たくさんある。

 でも人間である私にとって重要なのが太陽である。
他の太陽は、地球にとっての太陽に、嫉妬する。

 ・・・(。-`ω-) ん~♪

 なら、隕石でも飛ばしちゃおうかなぁ~なんて・・・。

 あ、Toutatis(とぉ~たちぃす)が・・・・

 2008年11月09日に大接近するなぁ~・・・。

牽制か?

 まや文明の歴史の歯車・・・

千里の道も一歩から・・・人生の一歩は、どんなのから?

 私にとっての新天地!を求めつつ、現状の『おとぎの国』から
解放されないと、、、w

\( _ _  ) Bunny Girl は、追うべきでなかったな・・・