記事一覧

訴状を作っているのだけども・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/4(火) 午前 5:35

ファイル 6810-1.jpeg

(。-`ω-) ん~♪

 実は、訴状の文節を一気に集中的に書いてしまうと、
読み直しても誤字脱字に気づかなかったりするので、
文節ごとに区切って、気分転換をしてから、文面等を
見直すようにしている。

 って言うかもともと誤字脱字であっても、よかろう
主義だったのですが、訴状を作成するようになったり、
ProjectManager試験などを受けるようになってから、
だいぶ文章の作成について、意識をするようになった。

 おかげで、Reportの作成にも活かされておりまして、
以前よりも、大夫見やすくなっているようです・・・w

 しかし誤字脱字があっても、不思議とある程度は、
理解されるようなので、これまた不思議ですが・・・w

最近は、週に二、三回

 図書館にかよって、法律関係の書類を読みあさって
おります。

 実は、今回提訴する内容が法律違反でわなくって、
憲法における条文に基づく、人権侵害などに値をする
分野となっており、それに基づいて色々と仕掛け等も
仕掛けて、被告、原告の利益を最大限に引き出すとの
従来の攻撃型の提訴から、双方での利益にを考慮した
提訴へと切り替えています。

 そこで、色々な法律文章を参考にして、法律的での
表現力の学習をしています。

 今回は、証拠品の立証力よりも、相手の弁護士が、
どれほど理解力があって、原告の発言を被告側のして
弁護士の利益でなく、被告としての利益に繋げくれる
かが仕掛けどころなっている。

 ちなみに相手は、国、都、市・・・の三つ巴となる。
又、別件で御灸をすえる為にと、市を単体で訴える。

 今回の勝敗は、一回でも法廷が開かれれば、原告の
利益(広い意味での国民の利益)にとなる。よって、
勝訴ばかりが、利益でないのですが・・・。

 提訴する段階で既に仕掛けがあって(って言うか、
必然的に、そうなっちゃって…)、それを踏まえて
一度でも開廷されれば、原告敗訴の結果が出ても、
原告の利益になる。

 けどもぉ~、収益にわならないんだよなぁ・・・。

 どうしてσ(^・ω・^) ボクの仕事は、収益性がないのか?

 でも、どうやら、その個人的な収益性が無いからこそ、
ある程度の範囲内で、信用を買われることへと繋がって
いるらしい。

 σ(^・ω・^) ボクにしかできないこと・・・。

 一審の結果がでても、未だ二審も残っているので、
十分かとも想われる。

訴状の後には、・・・

 それと別枠で、Circuit計画のReportもあるしなぁ~。

未だ、色々と作成したいReportがたくさんあるんだけど
っと言うか尽きないのだけど、どうしよう・・・。

(。-`ω-) ん~♪

 これを仕事にとするような手段があるのだろうか?

 新聞とか文字書きで個人の意識を営利に結びつけると
それこそ、・・・どうなんだろう・・・w

 実は、Hitlerは、総統になる以前に本を作成してる。
その後に政治家へと展望をしたのですが、日本国でも
似たようなことをしている人は、多い。

 彼の戦略は、政党の方針などに限らず、戦略として
かなりの効果を齎すと現在でも、それを立証している。

 私が文章を書くなら、もっとSF的で、冒険的なる
近未来の小説を書くのかもしれない。、

 Trans的なRhythmに合わせて楽しく踊りたくなる感じ。

 波紋のように地球から波動する時代・・・。

「私達は、生きている・・・。」

 そんな波動を地球から全宇宙に向けて発するような

おならを一発・・・プゥ~♪C =(o*・・)o ア! デチャッタ♪

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

に、に、匂いますなぁ・・・( ・y・)クサイ、、、なに食べた?