記事一覧

No.159 国会議員における立候補者の立候補地区における問題

配信 2008-05-21
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.159
作成 2008-01-20
問題 国会議員における立候補者の立候補地区における問題
配布 2008-01-20

= 主旨 =

 最近、次期の衆議院選挙を控えて、それにおける
準備をしている様子をMass Media(ますめでぃあ)
などが伝えている。

 とある候補者は、自らが所属している政党からの
立候補者と重なる為に、他の地区から立候補をする
ことを検討して居ると言う。

 ところで議員の選出は、なぜ地域ごとに区分けし
立候補制の体勢を整えているのか?

 立候補の為に、にわか住人になりまして、選挙に
応じている状況にて、有権者(支持者)に対して、
その期待に答えられるのだろうか?

 少なからず10年以上は、その土地に住み、その
地域住民からの意思、意向を十分に把握した後にて、
其れに於ける住民の意識の代議士としての資格を、
得るべく議員選挙にと挑むなら理解できるのですが、
現状では、殆どが地域を無視した状態。

 そうした状況を改善されたく本Reportを作成した。

=== 地域の状況と、にわか住人の国会議員 ===

 本来、国会議員は、地域の代表者であり、にわか
住人が立候補するのは、基本的に間違っているかと
想われる。

 ちなみに、にわか住民に投票し、挙句の果てには、
農業などの産業に対しては、『助成金給付』により、
『覚せい剤』の如く飼いならされてしまい、結果と
言う観点では、『農林水産の生産力低減』を招き、
更に地方の過疎化を助長した。

 こうした現象は、地区代表となた国会議員達が、
結果的には、地域活性化と言う観点では、なにも、
行っておらず、助成金投入で飼いなされてしまい、
高齢者が多いとされる分野では、それに対しての
抗議すらできない状況に至っている。

=== 対策 ===

 国会議員、地方議員(つまり、代議士業務者)に
立候補する物は、その地域に少なくとも10年以上
住民票があった事が立証されることが条件となると
言う法規が必要である。

 しかし代議士とは、別枠にて研究者、研究団体と
言う観点では、都市政策、地域政策に研究における
成果の報告や、協力を行う事は、それを拒まない。

 つまり代議士となる為には、その地域に長年に
済んでいたとされる者であり、その他の場合には、
都市政策、地域政策、国政策の『研究者』として、
その地位を認め、多少の援助を国が行う事なども、
できる事を可能にされたい。

=== 対策の解説 ===

 特定政治政党が自政党の利益(国家の利益とは、
直接に関係ない利益)の為に、自政党の人員を、
地方の選挙区にて立候補させて、その地区からの
支持を受けつつも、その後において支持者からの
意見を国会に反映をさせる事が無い状況によって、
地方が衰退をしている。

 また国政からの地方における援助金などでも、
過疎化している地方情勢には、なんらの改善的な
策にわなっていない。

 よって、にわか住人となり、国会、地方などの
代議士として立候補をする行為にわ問題がある。

 又、代議士として浪人期にある者は、その間に
政策における研究や、政策立案などの検討をする
『政策研究者』としての地位を公的に認められ、
その実績に伴い、補修を与えてる事なども検討を
されたい。

=== 結論 ===

国会、地方自治における代議士の選挙規制

1.立候補する地区に10年以上、住民票を有する。

2.『政策研究者』としての地位を公的に認める。
 A.『研究者の立案に対し、報酬制度を設ける』
 B.『一般者の立案に対し、報酬制度を設ける』

 『2.』は、国益に繋がるような立案をした物は、
公共機関として報酬を与えることは、賞与に値し、
当然の事と思われる。

3.代議士、自らが立案した政策は、起用されない。
 また代議士は、自己の立案に対する主張は、
できないとし、代議士による直接の立案には、
それを広く公開し、その反響を得た内容を立案
することにて、『民の意見』とされたい。

 但し、これらは、『民主』を観点に考慮をされ、
その『民主』には、日本の国民である限りでは、
現行憲法に伴い、権利を有した『民』を意味し、
政党、主義を問わない。又、その主旨は、憲法の
第14条を準用して考慮されたい。

              以  上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、国会議員における立候補者の立候補地区における問題

天使 芸能的な人気だけで、代議士いなれるのか?

悪魔 現実を見て解らないのか?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =