記事一覧

急遽、公務員の保護と国民へのService向上Projectを決行する♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/11/9(金) 午前 4:42

ファイル 6826-1.jpeg

欠落している部分を攻めても、意味が無い

 だって、無いんだもん♪ ( ^・ω・^)(^・ω・^ ) ねぇ~♪

 つーことで、無いのであれば『無い!』と
言わせるよりも、『造れよ!』と国民として
主張するのが、日本国民…いやいや民による
特権なのでわなかろうかと思われる。

 よって司法分野での実害に伴う改善などを
踏まえたService向上でわなく、予め不具合が
発生する事が予測される部分の洗い出し等を
行って対処することを検討する。

 その方が、国民、公務員の立場としてでも、
『紛争ありての改善』では、実害に基づいて
改善されるわけであるから、当然に自衛隊も、
実害なければ予算削減の対象である・・・と、
言いたいが、そうできないでしょ?

 ならば逆を利用する。

 Serviceの向上を遂行する為に、予め発生を
すると考えられている利用者の行為を想定し、
それらの行為を形式を、広い範囲で受止める
ことができるのであれば、万人に権利などを
与えていると認められたい。

 しかし、Dummy(だみー)によるServiceの
請求が、不十分な結果に終わった場合では、
逆に当然に国民にも、不十分である結果等を
もたらしていたことが予測されるのである。

 それをDummy(だみー)と言う存在により、
実務的に対応させ、そこからService提供者と
言う立場と、利用者としての立場を、相互で
理解をしつつ、Serviceの向上及び現状での
限界、そして過剰にならないようなServiceを
研究する事が求められる。

研究ができないならば・・・

 Robotを購入し、受付に立たせた方が対応が
早いと思われる文明が訪れる可能性がある。

 逆に言うならば、人の能力の限界があって、
公務員試験を経てまでも、一版民間企業での
教育を経たものより劣るような対応などでは、
公務員としての立場が危ぶまれ、その価値観が
問われてしまう。

 そうなる前に、発展の為の研究を行う事が
求められている。

 実体なき国家・・・。

  私なら、日本国とわ?

 と、聞かれたなら、六法全書を取り出して、

「これが、日本国の骨主です・・・♪」と、

 答えられたら、、、?

 銃器で、脅されて奪われる可能性もあるか…w

Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 聖書、Koran(こーらん)、仏典などなど、
相手の宗教事情に合わせOptionを付けてから、
相手に表示するか・・・w

 なんせ憲法で宗教の自由が保障されてますから♪

(-ω☆)キラ~ン♪

 (∇〃) .。o(それでも完璧でわ無いのがTerrorismなんだなぁ~♪)