記事一覧

銃刀法改正案

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/17(水) 午前 6:43

ファイル 6838-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「そろそろ、僕の出番でないのかなぁ~と♪」

これは、意味が無い感じもします

 法案の内容

 不正権益目的に銃を発射、所持した場合の
罰則を新設し懲役刑に加え、併科する罰金で
は現行法で最高の3000万円を科す

 さて、国民にとって必要なのは、銃刀法を
不法に使う・・・ことでわないと判断する。

そもそも不当銃刀保持者に銃刀法を適用をするのが誤り

 銃刀法は、許可を得て所有をしていると、
されている人の為の法律であって暴力団など
資格の無いものに対して、対応するの不可能。

 基本的に、武器としての所有となるので、
殺人、及び傷害目的及び、過失の発生すると
言うことが前提に無許可で保有されている。

 装飾品として飾る為に・・・と言っても、
その物自体には、殺傷能力があり、過失にて
発生した行為なども、保持している以上は、
保持していないものよりも、張るかに発生を
する率が高い。

 むしろ保持していない者では、発生しない。
逆に、保持しているからこそ過失が生じると
言う危険性が発生し、保持して言い無い者と
比較できない程の大差がある。

で、今回の国会では・・・

 相対性での対処だけども、基本的に均等を
図っているに過ぎない。

 つまり、正義、不義が均等になるようにと
重りを調整したに過ぎないのである。

 逆に3000万円払え且つ平然と人殺しを
目的として居た団体が、暴力団に限らずに、
居たらどうなるか?

 ・・・警察官とか、自衛隊とか?

 SASを超えるにわ武器なんかに拘っちゃ
駄目なのかも知れないなぁ~。

私ならどんな法案を考えるか?

 殺人及び傷害目的での武器保有法

 対象物は、殺人及び傷害目的で保有した、
または、購入(売買)、譲渡を受けた者を
対象に罰する。

 又、その物を補充することで保持しない
者と比較し、過失や犯罪の生じる可能性を
考慮し、そもそも武器などを保有するとの
言う趣味思考を規制しなければならない。

 これは、銃刀に限らず、Knife、自動車、
鈍器、薬品、食品、あらゆる資材などを、
全て含む。

 刑罰の内容を定めるのは、その感覚が
私には、無いので省きますが、上記での
内容だけも十分に効果があるのかと想う。

 但し私人は、武器の魅力に付いては、
否定をせず、むしろ肯定的である。