記事一覧

No.157 Gasoline(がぞりん)税について

配信 2008-05-19
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.157
作成 2008-01-20
問題 Gasoline(がぞりん)税について
配布 2008--01-20

= 主旨 =

 Gasoline税の分野には、それ以外に軽油、灯油などの
税がある。

 我が日本国の現状では、経済回復が主とされており、
そうした観点から、重要視されるのわ『軽油、灯油』で
Gasolineに関しては、その次となるかと想われます。

 現行における国会では、時期における議員選挙に備え
一般表の獲得を見込んで、Gasoline税を話題にしている
ように思えますが、現実的にわ『軽油、灯油』分野での
緩和が必要になる。

 つまり産業分野に直接関わる分野を緩和しない限りは、
表見上の緩和になってしまい、日本経済にとって深刻な
状況を切り抜けられない。

= 『Gasoline』と『軽油』 =

 Gasoline(がそりん)と『軽油』とを比較するならば、
『軽油』の方が国内における産業分野では、用途が多く、
これにおける観点で、環境に伴う『軽油』価格の高騰を
緩和することが必要である。

 国は、「早々に上げ下げ、できない!」と言うような
意見もあるかもしれませんが、市場や物事の動向に対し
瞬時に対応をしないと、時代の流れにおける障害などを
安易に避けて行けません。

 これ迄は、多少の障害を覚悟で行われていた政策も、
今後においては、できるだけの障害を避ける事のできる
柔軟性が必要です。

 Gasolineの分野では、一般的な家庭における観点で、
もともと自動車の一般家庭における普及は、ここ数年で
其れに於ける利便性は、主婦に問われています。

 しかし商業や企業など、利益を獲得し、従業員に対し
給料を支払うと言う観点は、明らかに『軽油、灯油』の
分野の方が重要視をされる。

 1L(りったー)10円の減税があっても、10Lで、
100円である。しかし、企業が使用する軽油、灯油の
分野での使用率と減税率、そして後の経営利益などから
民の利益を換算すると、営利企業→利益→従業員=民と
利益が移行するが、Gasolineの場合には、『民』のみの
観点となる。

=== またGasoline税の見直しの前に ===

 Gasoline税を、一時保留して頂きたい理由としては、
Gasoline分野の市場における見直しが、事前に必要だと
考えられる事が含まれます。

 戦後における日本国の石油産業は、主に外資系にての
企業を中心に発展をしてきました。

 之によって、欧米権における石油市場の変動に伴い、
日本国が連動的に、損益を被る事になってきた。

 しかし真意での経済市場の観点では、自由競争であり、
GasolineStand(がそりんすたんど)も、酒屋と同じに、
色々な種類のMaker(めーか)のGasoline(がそりん)を
扱えて、本来であれば良かったのです。

 しかし資本力からChain(ちぇーん)店舗展開が進み、
いざと言う時には、日本国が『出がらし状態』になる。

 逆に、今回のように米国における『さぶ・ぷらいむ』の
問題が生じた時に、共倒れになってしまったら、真意の
意味合から米国経済を簡易的に救済する事すらできない。

 よって我が国は、Gasoline市場の開拓を進めつつも、
多種を販売できるGasolineStandを準備し、Chain展開を
廃墟しつつ、多種のMakerを扱えるGasolineStandなどの
設置を検討されたい。

 また、次世代の給油(補給)場所も確保される必要も
あるので、それらも踏まえて『GasolineStandは、給油を
行う所で、売る商品は、一種に拘らない』を主として、
今年、6月〜7月までに展開し、その案を纏められたい。

=== 結論 ===

 私の観点では、Gasoline税よりも『軽油、灯油』を、
今の時期に焦点を当て、その後の動向を見てGasolineに
着手をされたい。

 つまり、Gasoline税の着手は、6月、7月頃が良いと
想われます。

 現段階では、現行国会が真意で日本国の経済を考える
と言うならば、Gasoline税の焦点から『軽油、灯油』へ
視点を変え、国会にて論議されるかと想われます。

 逆に、現行国会議員が利己的に主婦層の投票権などを
獲得したいが故に、仕組んだように思えるGasoline税の
問題においては、結果的にわ日本国経済の利益に対して
あまり影響せず、むしろ、その手間隙を考慮するならば
損出のほうが大きい。

 また、Gasolineの購入と言う観点では、本来であれば、
自由市場における視点かも世界中どの企業からも購入が
可能であった。

 しかし我が国の場合は、『欧州に金銭を払い、金玉を
握らせるような形状で、Gasoline市場を維持してきた』
形状があり、欧州における経済の事情に大きく左右され
その都度に、日本の民が困惑をしていた。

 更に、欧米諸国の経済的な危機の時には、日本国が、
逆に、真意に経済的な復興工作を、間接的に成し遂げて
欧米諸国を救助する必要があったが、現行でわ共倒れ。

 よって日本国の動向としては、Gasoline市場を開拓し、
その半面で、欧米諸国の経済復興と、文化的向上などを
最開拓されたい。

 尚、軽油などの石油燃料の消費には、『防衛庁』にも
消費と言う意味合で、重要視されることを、国家として
自覚されたい。

= 補足:現行、憲法前文の一部抜粋 =

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を
支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を
愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と
生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい
と思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と
欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する
ことを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して
他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、
普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権
を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務で
あると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力を
あげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 以上、現行憲法に伴う日本国民として世界が期待をする
公的(世界規模での利益)を含め、Gasoline、軽油、灯油、
などの論議展開をされたい。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、Gasoline(がぞりん)税について

天使 無意味に税収を行っても意味が無い!

悪魔 無意味に税収を行って、民を苦しめるのが公務だろ?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =