記事一覧

No.155 風俗営業法と、性感染病の防止策

配信 2008-05-17
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.155
作成 2008-01-13
問題 風俗営業法と、性感染病の防止策
配布 2008-01-13

= 主旨 =

 近年における性病の蔓延化は、一概に風俗営業を経て
感染が広がったものでは、無い事が解っている。

 むしろ若年層での不純異性交遊によって引起されてる
ことも解っている。

 又、若年層同士の不純異性交遊でわなく、『成人と、
未成年者』との関係にて、不純異性交遊が成立するとの
可能性も増えている。

 今回、取上げる問題の課題は、国民における性衝動の
不純性でわ無く、性感染症の防止を主としていることを
先に定義したい。

=== 現状 ===

 それまで、性感染症における問題では、性風俗店での
性行為(簡易性行為:通称・おーらるせっくす)等にて
感染をすることが二昔前では、指摘されていた。

 又、性交渉を頻繁に行う男女との性交渉にて、感染を
する事も指摘されていた。

 現在では、そうした事態から時を経て、女子高生でも、
自営業的に売春が行えるほどに至り、二昔前からでは、
主婦売春が公に始まり、現在でわ売春でなわく不純異性
交友と言う感覚で無償手に主婦が参加をしている状況も
うかがえる。

 それらの不特定多数の性行為にて発生をする性感染は、
かなり深刻な問題を引起している。

 特に現代病と併合して発祥をする場合、成人にとって
それにおける精神的、身体的な負担は、大きな物であり、
就業における支障や、あらゆる分野での家庭環境などを
維持すると言う観点で、盲目的に蝕んで行くことになる。

 特に、肝炎Virus(いうるす)、AIDSは、深刻なる
問題を生じており、これ迄に家庭の主婦の感染源では、
『亭主の浮気』が提唱されていたが、現在でわ主婦側の
浮気による感染も増えている。

== 対策 ==

 性衝動は、現代人にとって同性愛者を含めて、それらを
抑制するのが難しいとされている人の行動となる。

 これらは、好ましくないとされる性感染病の蔓延化を、
国家にもたらし、日本国の経済に対しても、致命的なる
悪影響を与えている。

 よって、一般人側での防御、営利目的での防御などを、
法的、政策的な観点にて、性病の蔓延化を阻止されたい。

=== 一般人の観点 ===

 婚姻の相手があっても、夫、妻以外の性交相手が居ると
言う事は、結論的に性病蔓延化とわ関係が無い。

 逆に女子高生などの低年齢化した性衝動が性病蔓延化の
引き金になっているとも、一概にわ言えない。

 そもそもの原因は、性病の宿主とした人員達が、感染の
自覚を無く、感染経路者以外との性行為にて感染が拡大を
する事にある。

 又、悪意ある場合には、性病の感染を自覚品ながらも、
他者に感染させる目的、もしくわ、その恐れがあることを
自覚し性行為を行った場合、『傷害罪』が適用をされると
判断できる。

 これらを防止する為に下記の手段を規制としての検討を、
されたい。

1.国民、都道府県民、市民としての健康診断の項目には、
 受診義務として『性病検査』を加える。

2.民間企業内で行われる従業員の健康診断に、受診義務と
 言う形で『性病検査』を加える。

 この性病検査には、あらゆる性病も含まれるのですが、
基本的には、『全般的な性病検査である』ことを義務化
されたい。

=== 商業目的での性感染症防止 ===

 性風俗店にて働いている人員の安全を確保すると言った
ことも重要ですが、其れに於ける配慮は、既にされている
かとも想われる。

 もし私の想いすごしで有るならば、規制をされたい。

 私の独自案では、女性の場合にわ月経もあるので、その
日を前後して検査期間を設け、感染が無い事が見込まれた
人員のみが、業務を継続できるとされたい。

 例えば、日数で言うと一ヶ月を30日として、月経を、
一週間とし、検査の日と結果が出るまでの期間を含めて、
『就業期間は、15日未満』と定められたい。

 また検査結果を、風俗店側にて監理して『無感染』と
言う立証の為に、運営をすることを義務化されたい。

 これは、近代医学における性病感染の簡易検査において
検査日から検査結果までの日を最短で計算して、月経日を
含めて就業を休むであろう事を予測した日数となる。

 しかし人員的には、『排卵抑制剤』を使用して月経を、
制御する場合もあるが、この行為は、性風俗業においては、
社会風俗上で認められ難いのかとも想われるが、それらは、
専門分野、女性としての立場としての主張を考慮されたい。

== 性風俗を利用する人員への保護 ==

 性風俗の人員保護と言う観点も重要だが、それらを利用
する人員の保護も重要である。

 未成年者の利用も制御され、風俗業人員にて性感染病を
生じた場合には、その感染経路を早期に特定して、蔓延を
防ぐことが目的となる。

 その為には、利用者による身分証明の提示義務と、その
記録を顧客台帳に記載することが求められる。

 逆に、そこ迄を徹底した場合、俗に言う『本番行為』も
緩和されても良いのかと想われる。

 『営業分野での性行為』が提供をするのは、性に纏わる
提供行為であるが、性病を感染させたりするような行為が、
それに含まれない。

 逆に、風俗店での感染が特定される場合では、『傷害罪、
業務における衛生管理違反』と言う観点で刑事的問題にと
処理されるはずだが利用者側の後ろめたさもあって、その
対処が行われていないのが、現状である。

=== 結論 ===

 一般で言う性病の感染経路は、その殆どが性交相手から
感染をしたものである。

 しかし極稀に性病でありながらも、感染経路が性交相手
からでわなく、別の感染経路であることもある。

 今回の目的は、人の性(さが)に纏わる性病に関しての
感染の蔓延化を防御し、国民の健康を取り戻すことにある。

 国民の性衝動を、宗教的な分野にて抑制を試みるが故に
野放しにされていたとも見られる現状の様子では、国民の
観点としては、大いに問題がある。

 又、公的な機関が営業の許可をしておきながら性感染を
受けた場合には、その責任が公的機関にもある事を自覚を
されたい。

 深刻なのは、肝炎Virusであって、現代病との併発により
(糖尿病など・・・)、受けた人体の影響は、心身ともに、
かなりの損害を受ける。

 そうした人員数を厚生労働省などの数値から見れば解る
ように、日本経済にもかなり深刻な影響を及ぼしている。

 よって日本国家は、国民の『性感染症』を防止と早期の
治療を促す為に、『健康診断での一般義務化』を考慮され、
又風俗営業での分野における性感染防御の強化と、『本番
行為の緩和』を検討されたい。

1.国民に対して健康診断項目に『性感染』検査を義務化
※子宮頸癌の原因は、Virus(ういるす)の感染である。

2.性風俗店での健康診断(性感染)の強化
3.性風俗店での『本番行為の緩和』の検討

                以 上

                日本国民の一人より

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、風俗営業法と、性感染病の防止策

天使 風俗営業に限らず、性病が若い世代で蔓延している!

悪魔 宝くじが当たるみたいで、楽しいだろ?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =