記事一覧

首都圏で大地震が発生しても・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/11(火) 午前 3:06

ファイル 6860-1.gif

7割が家に帰りたいと想っている?

 しかし残念ながら、実際に大惨事が発生をしたら
帰宅や移動すらも、とうてい無理な状態になるかと
想われるのです。

どうして帰れないの?

 私は、過去に防災の資料で『首都圏にて直下型の
大地震が発生をしたら・・・』との課題で、作成を
された公的機関が発行をする資料を入手したことが
あるのですが・・・。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 私わまず、その資料を見て激怒したのが、予めに
死亡者数や、倒壊するような公共施設などが予めに
明確になっていた点であった。

 後に私は、首都高速の効果補強に関するReport、
そしてConcrete(こんくりーと)建造物に関しての
耐震性を課題にしたReportを作成している。

もしも大型地震が首都圏で発生をしたら?

 交通機関が麻痺する事が予測されますが、更にわ
『橋など』も倒壊することが予測をされている。

 最悪なのが、都市Gasと水道であって、それらの
供給が絶たれる事が予測をされている。

 又、交通機関においても、災害時において優先を
される車両などが定められているとの場合もあって、
自由にわならいのである。

つまり、よぉ~く考えると・・・

 いい加減、首都圏から職場を徐々に地方にと移す
ことを検討した方が良いのである。

 そもそも、大き目の地震などが発生祖することが
予めに予測をされていたり、それ以外にも津波や、
火山の噴火などが予測される地域などでは、十分に
注意をする・・・と言うよりも、そんな所に長年も
住んでいるな!っと言いたくなるのである・・・w

 土地における愛着心は、人に限らず色々な動物も
持っている本能であるが危険とされるような土地に
長年住んでいるのも、問題があると想われる。

 そうした人としての観点の原点を探ると言うなら
やはり、徐々にと首都圏から離れて仕事の拠点等を
作る事が好ましいのかと思われるのである。

 どうかなぁ~♪ Σ(〃▽〃) あはぁ♪