記事一覧

No.154 『電子的な指紋認証』の有効性

配信 2008-05-16
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.154
作成 2008-01-11
問題 『電子的な指紋認証』の有効性
副題 国内、国外の人員における平等な指紋情報の採取
配布 2008-01-11

= 主旨 =

 住民基本台帳に伴い、Card(かーど)が発行をされるが、
それによる偽造が発生している。

 又、海外からの入国者に対して、指紋の採取を行うのは、
差別的であるとの非難もある。

 しかし近年では、金融機関や個人情報を取り扱う企業の
部門は、『電子的な指紋認証』による認証方式を従業員に
行っている企業も多い。

 更に銀行などの金融機関でも、顧客の認証に『電子的な
指紋認証』を用いて、Cardを発行しているところもある。

 既に郵便局のATMに『電子的な指紋認証用の機器』が
取り付けられている所も多くある。

 よって犯罪を抑制する為にも、『電子的な指紋認証』を
有効活用することが求められている。

 之によって、あらゆる部分での防犯が期待をされる。

= 『指紋認証』の一般国民による認識 =

 一般的には、交通違反や突発的に刑事犯にとなった時に
警察官が発行する書類などに対して、指紋押印をする事で
『縁起』や『げんをかつぐ』風習のある日本人にとっては、
その行為を嫌がる傾向にある。

 しかし年代的に30代以降の世代では、電子認証として
使用をされる手段に、『網膜、指紋、声紋』などが電子的
処理での認証に、使用をされることは、映画や実務等でも
広く認識をされている。

 逆に世代的に40代以上となると、過去の学生運動等の
たぐいから、一般的に良く思われていない傾向が強いかと
私は、判断をしています。

 又、海外からの入国者、逆に海外へ出国をした後にて、
国内に帰国する場合でも、防犯と言う意味合では、有効で
あって、国内、国外からの人員に対しても等しく、指紋を
摂取できることが可能になることが見込まれる。

= 指紋情報の『電子的な収集』と防犯力 =

 これは、あらゆる物に使用ができ、免許証、住民Card、
その他の国家資格、車の鍵、家の鍵、金融機関等で使用を
されるCardでも、指紋情報を格納できる。

 逆に一枚のCard(近年では、携帯電話機が金融Card等の
役割を、ある程度で果している)で、自動車、家、Cardの
鍵なども担う事ができる。


 又、防犯と言う観点からも、既に犯罪者として摂取を、
されている人員からは、検索が行えるのですが、新規での
犯罪人員に対しては、それを摘発するのが困難な状態にと
なっている。

 しかし、この『電子的な指紋情報』を基に、全国民や、
海外からの入国者情報を含めて検索を行えれば、容疑者の
的が絞りやすくなってくる。

 よって、意外にも『電子的な指紋認証』と言う概念が、
防犯を含めて、あらゆる事に役立つことを、国家で認識を
まずされたい。

(注意)
 郵便局のATMに設置されている認証装置が、指紋でわ
ないかもしれないので、必要に応じて論議前に調べて頂く
必要があります。

= 結論 =

 『指紋認証』は、日本人にとっての文化風習から、その
意味を嫌われていましたが、近年の電子化における認証の
方法から、その有益性が徐々に認められてきている状況に
あります。

 又、そうした状況にありながら、それを拒む世代として
『団塊の世代における一般的な印象』が原因になっていた
と私は、解釈をしています。

 しかし、それ以降の年代では、既に職場で使用等をする
PC(Personal Computer:ぱそこん)のIDの認証には、
指紋情報にて管理をする企業がある。

 現在では、住民基本台帳の主旨は、国民個々の存在等を
管理することにあり、それに伴って生活保護などを含めた
日本人として国籍を有した人物の保護や権利を、有効的に
利用され、更に犯罪に対する抑制力(偽造、詐欺)なども、
向上できるとされていた。

 ところが、『人を番号で監理するかのごとく個人情報を
簡易化するのには、抵抗がある。又、公務員などによって
安易に情報を得れてしまう』ことが指摘をされている。

 逆に、そこまで指摘されると『公務員としての信頼』が
そもそも問われると言う事になる。

 さて、『電子的な指紋認証』に関する有効性は、広く、
『防犯』、『個人情報の暗証』に役立つことが期待される。

 よって、之における『電子的な指紋認証』の促進、又は、
それ動揺の効果がある『網膜認証』等による認証方式を、
国家機関で導入し、これを元に『防犯に関する抑制力』を
強化して頂きたく、本Reportを作成しました。

 尚、防犯の観点では、絶大な効力が見込まれると私は、
個人的に想っています。

                      以 上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、『電子的な指紋認証』の有効性

天使 電子認証を導入することで、確実性を得る♪

悪魔 それがな成し得ないからこそ、楽しいのだ♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =