記事一覧

No.151 立憲君主国と、国民の関係

配信 2008-04-16
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.151
作成 2007-12-31
問題 立憲君主国と、国民の関係
配布 2007-12-31

= 根深い問題 =

 日本国は、未だ移民と言う意味合での危機感を
あまり知らない状態ですが、既に欧米諸国では、
深刻な問題となっている。

 特に問題視をされているのは、文化的な低迷を
引起す現象が発生すると言う点である。

= EU圏での移民問題 =

 EU圏などでも移民における文化的な駆逐は、
それ迄の伝統を維持できないほどに至っており、
民主的な平等の観点が、引き下げられてしまうと
言う現象がおきている。

 二昔前までは、移民としてわSlum(すらむ)を
形成しつつ、国民からも差別化されていましたが、
徐々に民主との意味合からSlang(すらんぐ)なる
関係を、若年層で好むようになって、交流の輪が
広がったの迄は、良かった。

 しかし後に、Fashion(ふぁっしょん)を初め、
音楽、生活習慣、Sexual(せくしゃる)な感覚を、
低俗化して行く事となり、それによって文化的な
意識が緩くなりつつも、むしろ『だらしが無い、
気品が無い』と言う方へ向かっており、『ゆるい
生活』が若い世代(30代以降)では、好まれて
いるようになった。

 その半面で、文化的な意識の変化により、紳士、
淑女と言う観点は、『糞食らえ!』の状態になり、
君主制などでは、文化的な意味合で、之までとわ
違った見方で、評価をされるようになった。

= 君主と国民の関係 =

 つまり君主(王室、皇室)の人員がIdolであり、
国民の客観的娯楽の一部となってしまっている。

 それは、物語のように喜怒哀楽を左右されれば
民が満足をすると言うのであるから、問題である。

 この危険性は、君主に位置する人員の生命もを
奪うことが既に解っており、そうした現象などは、
君主に限らないが、それ相応の対処ができないと
言う人員には、辛い人生となる。しかも、君主は、
Privacyを覗かれていると錯覚するが、君主として
大衆に自らの高貴な生活を披露するのは、当然の
義務であることを、認識できないのである。

 俗的な意識が強いと、自己生活を覗かれるのは、
精神的な負担になるが、紳士、淑女の場合には、
自らの高貴な生活ぶりを他人に、ある意味自慢し、
そうした超越感を誇りにできような性格でないと、
かなり辛いかと想われる。

 
 それに失敗た某国のPrincess(ぷりんせす)は、
Mass Communication(ますこみ:大衆)の餌食に
なってしまい、あらゆる活動が空回りしてしまい、
結果的に、実績が残らないに至っている。

= さて我が国なのですが・・・ =

 正気言って国民と言う立場からは、微妙です。

 憲法で言う所の『国民の象徴』であると言った
観点では、国民の手本となるような高貴を維持し、
それに憧れる存在であることが求められますが、
『めたぼ♪』なのは、ちょっと・・・w

 さて過剰な民主主義は、君主を駆逐することは、
既に解っているのですが、それにおける均等性が
問題視をされています。

 Idol等を追いかけるのわ好きだけど、追いかけ
られるのは、余り好まない。基本的に狩猟的な、
性格かと想われるのですが、私もです・・・。

= 私的ですが、皇室に求めること・・・ =

 正直な所、国民が求める皇室と、皇室が求める
国民とは、かなりずれがあるのかとも思われます。

 私の個人的な、一億分の1人としての意見では、
やはり『博学的な主張をもっとされたい』と想う。

 日本の国民は、高等教育を卒業してる程度での
学力があれば、誰でもが、極端な所でわ小学校を
卒業していれば、誰しもが物事に対して研究的に
取り組める性格と、環境があります。

 職人家業においても、中学校を卒業後に修行を
経て、一流の職人になると言う観点では、誰もが
その為の研究を行える環境がある事を、立証して
いるのです。

 そして近年は、Amateur(あまちゅあ)研究家が
あらゆる分野で活躍をしており、特に天文分野で
新しい惑星などを発見するなど大活躍をしている。
 
 その半面で大卒人員の役立たない状況などには、
世間的にも問題視をされています。

 こうした観点から、研究や物事への探究心への
主張を『じわ♪じわ♪』として頂けると良いかと
想われるのですが既に皇太子妃も、それを行って
居るようです・・・『くわがた』とかね♪(笑)

= 医学と、人間外生物の研究 =

 医学を選考した人なら解るのですが、不思議と
医学部門では、人間以外の何だかの動物を別枠で
研究をする慣習があると聴いています。

 実際には、どのような状況なのか状況などを、
理解していませんが、昆虫やあらゆる生物などの
研究を行っているらしいのです。

 逆に、そうした研究から新たなる事実が判明を
する事も多く、一概に無駄でわない事が解ります。

= 『さらりーまん』とAmateur研究 =

 近年の現代日本人は、ある意味強制的に余暇を
楽しめ!と言うような世間事情になっています。

 又、そうした余暇枠を造らないと、余っている
労働人員を供給する隙間が無いのも、現状です。

 そこで余暇の時間を有効的で博愛的に楽しむと
言う観点で、Amateur研究家をあらゆる部門にて、
育ててつつ、『就労と研究を両立させることが、
できる国民性』を得ることで、『博愛』と言った
尽きることの無い、人の知欲へ国民を導けるかと
予測をしております。

 そうした現象は、国家の政策だと『押し付け』
と国民に受取られることもあり、微妙な観点と
なるので、象徴と言う意味合でわ人肌を脱いで、
獣になれとは、言いませんが、国民のためにと、
お役をかって頂きたく想います。

= 人と言う生き物は・・・ =

 事実が偽りであっても、その動機等を欲すると
言う生き物である。

 悪い例では、神仏の知る事実では、冤罪だが、
それを人間が追及しきれず、死刑になったとする。
その後でも、刑を執行された死刑囚の冤罪事実が
明確にされない状態は、神仏が嘆いたとしても、
人間が嘆くことが無く、『事件が、終結した』と
勘違いをしたたまま納得をして、終わるのである。

 この現象は、民衆における最も最悪な事態で、
これにおける問題は、Mass Mediaの欠点だとも、
言われているが、未だに補えられない状況にある。

 しかし、そうした習性をむしろ逆手にとって、
利用することを有効とし、『誰でもが物事に対し、
研究を行える』とすれば、日本国民の文化的には、
根底から向上することが見込まれます。

= 但し・・・ =

 そうした国民性を皇室が望んでいればの話で、
これと言って皇室でなくても、国会議員配下にて、
Mass Mediaを通して、Amateur研究家を育てると
言う試みがあっても良いかと想われます。

 その有効性としては、TV番組などでAmateur
研究家を紹介し、むしろ、そうした場を設けると
言う事で、その研究科における、それ迄の研究が
発表をできる環境も与えられることになる。

= 結論 =

 国家政策として表現してでの研究者を育てると
言う意味合での政策は、好まれないかと想われる。

 しかし、皇室やMass Mediaを通して、それらの
Amateur研究家が発表をする場を設けることにて、
珍しい研究や、面白い研究、ありえない研究など、
人として本能的に持合わせてる研究心や探究心を
有効利用できるのかと思われます。

 むしろ、そうする事で少年期における物事への
追求や探究心を有効的に導くことができ、悪意の
探究心を阻害できるのかとも、予測されます。

 
 Amateur研究家を育てると言う内容を政策として
表面化せずに、国家機関などが活動されることを
国民として望みます。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、立憲君主国と、国民の関係

天使 立憲の配下に君主と民の関係が成り立っている!

悪魔 立憲の配下に悪魔と人の関係が成り立っている♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =