記事一覧

No.149 医療、弁護士、01地域問題

配信 2008-04-14
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.149
作成 2007-12-31
課題 医療、弁護士、01地域問題
副題 医師、弁護士の公務員化
配布 2007-12-31

= 01地域とは? =

 その地域に、医師、弁護士が0ないし、1名しか
いない事を意味している。

== 之における問題 ==

 地方における利便性の問題があるのですが、逆の
考えでは、むしろ『必要なのか?』と問われている
部分もあるようです。

 こうした部分を、どう考えるかも、問題になって
おり、総合的な意味合で問題を解決する為の問題が
生じている。

 そこで、これらをもっと簡易的に考えて解決を、
図ってみたい。

= 既に、特区にて外国人医師の導入が始まった =

 とわ言うものの、01地域等を保護すると言った
意味合での活動とは、少し異なる。

 又、弁護士における分野でわ業務としての需要が
然程無いが、いざと言う時に居ないのも不便である
と言う問題がある。

= 提案 巡回式医療と弁護士 =

 そこで私が想ったのが、巡回形式で、補うと言う
提案である。

 もともとは、過疎地での移動図書館などの考慮し、
色々と考えていたら、『医療や弁護などの分野も、
移動式巡回で補える』と、思いついた。

== 巡回弁護士 ==

 過疎地においては、結局の所でわ紛争等に付いて
深刻となるような事件も少ないが、あった時には、
かなり不便である。

 そこで『国選弁護人』と言う形で、巡回弁護士が
月に一度以上、特定地域(役場等の庁舎)を巡回し、
国民の相談にのると言うことを、検討されたい。

= 巡回医療 =

 これも、巡回弁護士同様でわあるが身体に付いて、
移動を困難とするする場合もあるので、巡回往診が
好ましい。

 これは、一年に一回、もしくわ半年に一回程度の
割合で行われ、内科、眼科、眼科が主力となる。

 特に眼科と、歯科に付いては、あまる重要視を、
されていないが、医学的には、かなり重要な部分で、
国家としては、内科だけでなく眼科、歯科をも含め
主力にされたい。

 しかし定期健診と、継続的な治療と言う意味合で
問題が生じる。

 現在では、移動式の『歯医者』が個人事業にて、
開業されているが、それに類似した車両などを国、
又は、地方自治体によって用意し、それを利用して
治療なども、安易に行える設備を整えたい。

 よって定期健診は、1年または、半年に行って、
2週間から1ヶ月未満の範囲で治療を含めた巡回を
可能にできる医療車両を準備しされたい。

= 巡回医師、並びに弁護士の報酬 =

 これは、国、地方自治体にて保障をされたい所で、
都市部における医療報酬と、同等の給料を国費や、
地方自治の助成金にて、保障をされたい。

 過疎などの極地に対し、医療、弁護などの業務を
真意に求めて、その行いを全うしたい問う人員を、
国が守らずして誰が守るのかが、今回の焦点になる。

= 結論 =

 憲法における、『国民は、等しく平等に・・・』
と言う意味合では、それにおける考慮を行うと言う
立場にあるのが、国家であって、民を養い保護する
と言う観点では、重要な部分であると個人的には、
判断をしています。

 よって日本国の国家、並びに地方自治体などは、
医療、弁護士における01地域を無くす為に、定期
巡回、および診察巡回を可能にする、医療車両等を
確保し、それを基に医療人員を集結し、過疎地での
医療、弁護行為を、今までよりも安易にされたい。

 又、地方自治体の財政の関係で、医療車両などを
準備できない場合は、積極的に自治体が広く募金を
行い、それらによって賄うことも考慮されたい。

 更に、医療分野で赤十字など、弁護士部分では、
各地方の弁護士会に協力を要請し、更なる良案等を
検討されて、本件主旨となる『01地域の零』を、
実行されたい。

                   以  上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、医療、弁護士、01地域問題

天使 地方の医師、弁護士の公務化にて確保を!

悪魔 地方の医師、弁護士の自由化にて放棄を♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =