記事一覧

失われた十年の原因は、米国に有るのか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/15(日) 午前 0:05

ファイル 6928-1.gif

Darwin(だーうぃん)の進化論を信じていない?

 宗教的な関係化からか、Darwinの進化論を信じて無い
と言う人が多いようです・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

Darwinの進化論?

 人は、神が造ったのでなく、生物が進化を遂げて人に
至っていると言う学説である。

 しかし・・・

 人は、御父さん、御母さんが、頑張って作った♪

 っと言う、現実的な説もある・・・www

日本国の神話だと?

 古事記からの引用では・・・まぁ、調べてくれ・・・w

 色々な神話があって、①木から出来ている説、
②土からできてる説、③巨大な生き物が死んで、
陸ができ、そこに蛆(うじ)のように集ったのが
人間だとされる説、などなど色々とある。

 それを人が聞いて小馬鹿にするのか知れないが、
科学が進歩をしていない文明において、素晴しい
想像力であったのかと想われます!

 しかし実際には、科学の解明から立証をされた
内容では、「もっと神秘的である」との結果で、
排卵された卵子を、精子が求めて旅をするのだ。

 可愛い男の子には、旅をさせろとも言いますが、
人として産まれる前から、精子が旅をしており、
卵子は、出会いを待っている。

結論

 過剰な進行から、成り立ってしまう不条理なる
正義が、時として科学を否定する事がある。

 また、其れによって不幸が生じる場合もあって、
大いに疑問視をされている。

 現在では、受胎後に人の進化における数万年を
約十ヶ月で経て、人として誕生をすることまでが、
解っている。

 何の為に産まれて来たのかと、思い悩む人も、
何時の時代にも居るが、そうした呪縛を抱くより、
もっと自分の体を科学的に考える必要があるかと
想われます。

 また、それを考えると、「自分は、どうして、
自分に不利益な行動をするのか?」っと言った、
鬱病の根源などに突き当たる事があります。

 もって産まれた性格は、人類規模で考えると、
相応に必要な性格なのですが、自分すら見えてわ
無いと言う人には、かなり悩む部分かと想われ、
相応に苦しむのかと想われます。

 その悩み等を極めたいとするのが、哲学的なる
分野であって、それを教授しつつ人間以外の仕業
と解く場合には、宗教信仰として、伝わって行く。

 Socrates(そくらてす)、Plato(ぷらとん)、
日本で言うと事では、先人が書き残した書物など、
それらの記録には、「個人の人生と考え方」が、
記載をされており、自己の経験を基に物事を、
解釈している内容の物が多い。

 これ以外には、Da Vinci(だびんち)のように、
自然との調和を言葉だけでなく『物を造り出す』と
言う発想に転化された考えもある。

 万学では、『想像から、創造へ』『視点と支点』
と言う観点が主体になり、『愛は、約束された未来
である』との、愛に纏わる結論も出ている。

 しかし、作物を作り、集荷して、それを食べると
言う観点には、原点的に理解をできて無い事から、
今後にて極めたい分野で、別枠で犯罪に纏わる分野
などでの『論理的、物理的な防犯』などに付いても、
極めたく想っている。

 『犯罪が発生をしない都市環境』と、『最低限度
とされる生活を維持する為の就労の場を確保する』
っと言う課題になっている。

 自給自足的な観点から、農業に注目をしています。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪