記事一覧

No.147 国内防犯力における有効性の国際的主張と国際的な防犯の情報交換について

配信 2008-04-10
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.147
作成 2007-12-30
課題 国内防犯力における有効性の国際的主張と、
   国際的な防犯の情報交換について
配布 2007-12-30

= 主旨 =

 我が国の防犯力は、国民の立場からしてみれば、
未だ改善される必要がある点が、多く存在するが、
国外の文化と比較をすると、その防犯においての
水準は、意外にも高いことが解っている。

 そこで日本国としては、今後における防犯分野を
広く世界に治安の良さを主張しつつ、他国における
効率の良い防犯に関する情報を、国外からも情報の
交換を行い、これを取り入れつつ防犯分野の改善に
繋げて頂きたく思います。

 又、この課題の目的に大きく二つの主旨があり、

1.日本の治安の良さを国際的に主張する
2.更に治安の改善を図るため、世界各地での防犯に
 おける情報を積極的に交換をする。

 以上の二点が主たる目的となります。

= 最大なる注意点 =

 これは、Terrorism(てろりずむ)や、能力的なる
犯罪行為への挑戦者達を挑発する事に繋がると言う
ようなことであっては、ならない事が大前提になる。

 むしろTerrorism、犯罪思考からの更正を試みると
言う機会でもあって欲しいとも、想っています。

=== 誘拐、強盗、『乗っ取り』などの事件 ===

 日本国では、唯一の失態としてATMの強奪事件が
解決のできなかった犯罪となっているが、それ以外で
誘拐、強盗、『乗っ取り』の事件に関しては、他国の
事件発生と比較すると、その成功率が低く、検挙率が
高いとされています。

 しかし、比較する国にもよりますが比較論としては、
我が国の方が効率の良い治安を維持していると比較を
される相手国には、我が国の治安情報を提供しつつ、
我が国の治安の方が、数値的に劣っていると場合には、
その国の治安状況や、文化的な傾向等に関する情報を
入手し、日本国でも利用することが求められる。

= 治安における国際規模での情報交換網の利益 =

 これは、国際犯罪に関する情報をも、安易に情報の
交換ができるだけでなく、近年における犯罪等では、
国境を跨いで発生をしており、犯罪を行う為に標的の
国に入国し、犯罪行為を行った後に、母国へと帰国を
する犯罪者も多い。

 又、犯罪における観点では、各国々によって法規が
異なるため刑罰内容も差異があり、Aと言う犯行にわ
B国だと死刑だが、C国だと無期懲役であるなどと、
言うように、格差がある。

 更に悪い事にA国では、B国と比較すると重犯罪を
犯しやすい環境にある等と、『犯罪行為の出稼ぎ』を
可能にしている。

 よって国連などで『死刑制度』を問うと言うよりも、
そのような犯罪が発生をしない為の努力をする事が、
第一に求められているのかと判断をされたい。

= 結論 =

 日本国は、『死刑制度』を問うと言う客観的問題を
考慮する以前に、犯行現場において、被害者、捜査に
参加をした公務員、又、その捜査に間接的に協力を、
果している国民達の努力を考慮しつつ犯罪行為からの
暴行を学び、『犯罪を、発生させない環境造り』に、
着手されたい。

 それらには、国民個人の自衛能力を得る事も含まれ、
その逆説として、『誰しもが犯罪者に成り得る心理を
持っており、それを防御する事で犯罪発生を食止める
ことが、共存関係としてわ必要である』ことを国民と
言う観点で、日本国民が自覚されたい。

 そうした犯罪学は、小学生の高学年で、義務教育の
観点で学ぶ必要もあり、犯罪を行う人の心理と、その
結果における被害者の心理を十分に学び、志からでの
犯罪者の存在に対する防犯と、自らも犯罪者になると
言う危険性を、国民個々に十分に把握をさせる必要が
あるのかと想われます。

 それらは、刑事の事件に関与する検事、判事、警察、
また刑務所関係者達による、犯罪者の更正を真意から
望んでいる思いを形にすべく、努力として国家政策の
一端にて、更に努力をされたく想います。

 尚、『暴力団追放・撲滅』は、排他行為であって、
善意ある法学者であれば、Terrorismにおける思考の
『中和更正(犯罪者の真意思考を更正、抑制する)』
と言う事を主張するはずです。

 暴力団も死刑囚も人であり、犯罪者になるために
日本人として生まれたわけでわないと言う事なども、
理解されたい。

 もし、神仏の定めにて、犯罪者として産まれて来た
と言うならば、犯罪者の責任を問う前に、私ならば、
神仏による人への運命の定めを課したことへの責任を、
神仏に対して問うことになるのかと想われる。

 犯罪者も人であり、日本国籍を有するのであれば、
日本人であることを、国家として自覚し、犯罪などを
発生させた責任は、国家を通し他の国民にも帰属する
と言う事を、日本国民に理解させることも必要である
と、個人的にわ想っています。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、国内防犯力における有効性の国際的主張と、
    国際的な防犯の情報交換について

天使 民の自衛的な意思も必要である!

悪魔 民の自衛的な瑕疵ってのもある♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =