記事一覧

『とき』の雛(ひな)2羽が誕生♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/4/29(水) 午後 1:04

ファイル 6937-1.jpeg

多摩動物公園

 比較的に私の住んでいる所の近くに有るのですが、
まだ一度しか行ったことが有りません・・・w

 当時、10歳程年下の元彼女に連れられて・・・爆

『とき』の雛

 『とき』に纏わる、再繁殖問題では、国交的なる
観点や、日本文化と言う部分からも、とても重要視
されている。

( -ノω-)こっそり♪<私は、『白鷺(しらさぎ)』と『鴇(とき)』の区別ができない・・・w

(∇〃) .。o(嘴(くちばし)と、『目の周りの赤い部分』が鴇の特徴らしい♪)

 その鴇の分野では、皇室でも関心が強いらしく、
昭和の時期から、色々と鴇に纏わる話題も有る。

 その鴇の雛が、多摩動物公園で人工孵化器により、
雛の誕生となったらしい!

人工孵化器(じんこうふかき)

 当初は、自然繁殖的に試みられていたのですが、
それらが失敗をしてしまい、人工孵化に変ることに
なっていった。

 実は、私の通っていた小学校でも、飼育小屋が
あって、色々な動物を一色単に飼育していた♪

 その中で鶏(にわとり)がおり、人工孵化器が、
廊下に設置をされて、孵化のようすが解るようにと
なっていた!

 現在は、どうなっているのか解りませんが・・・。

 不思議なのは、どの段階で呼吸をするのか?など
色々と不思議な部分が沢山にあるのかと想われます!

 人もですが、出産後に臍(へそのお)のが付いて
いる状態でも、呼吸をしなければ・・・。

 しかし雛の場合には?

結論

 人以外の動物が、外交を勤めると言うのは・・・、
意外に多く・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 動物園を通して他国への好奇心が向上を刺激され
ますが、その代表的なのが米国の『Bu・・・』・・・っあ♪

 Chimpanzee(ちんぱんじー)の話は、ともかく、
『とき』の話題ですが、時が過ぎれば忘れられると
言うのかと言うと、『ごりらのときちゃん』っと、
言う人も居たかと・・・爆

 鴇が国境を越え、時をも越えて・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 そう言うことを、Kangaroo(かんがーる)な!って?

 『わらびぃ~』ですけど・・・w