記事一覧

No.146 死刑制度

配信 2008-04-08
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.146
作成 2007-12-30
問題 死刑制度
配布 2007-12-30

= 死刑制度の観点 =

 現在では、客観的に「国家が殺人をするのか?」と
問われています。

 しかし死刑に値する重犯罪は、被害者や遺族の人、
だけでなく、事件に関わった多くの人にも被害等を
与えている事を、一般の多くの人が理解をしてない。

 又、『死刑制度の廃止』との観点で、その刑罰が
必要が無くなった時には、考慮されたい制度である。

 更に、死刑を受ける事を前提にして、犯罪行為を
行う場合あるだけでなく、死刑判決を受けても自ら
それを否定し続ければ、死刑にならないことからも、
犯罪者の利益が被害者などよりも、大きくなってる
点にも注目をされたい。

 よって、現行における『死刑制度』を焦点にして
制度の存続を考えるのでわなく、死刑制度を必要と
されない環境作りを考慮することが、求められる。

= 間接的な被害者の把握 =

 一般の日本国民は、死刑囚に付いての哀れみを、
客観的に考慮して死刑制度の廃止などを、考えて
いるかと思われる。

 又、死刑執行を許可する立場にある人員やは、
その判決を下した裁判官などにおける責任なども、
関係をしてくる。

 しかし、ここで重犯罪における現象に付いて、
もう一度、改めてみたい。

=== 重犯罪の発生 ===

 死刑を言い渡されるような重犯罪の犯行を認め、
且つ死者、負傷者が出ている場合では、どうか?

 被害者となった死体の確認、犯行現場の確認、
そして犯人追求の為の捜査を開始しつつ、死体の
処理や、現場処理を行う。そうした行為などには、
多くの人員が関係をしており、そうした人員達も
公務や業務と言えど、他人の悲劇を目の当たりに
する事になる。

 これは、自殺行為、交通事故、不慮の事故でも
同様のことが言えるのですが、犯罪行為の観点に
焦点を絞り考えるのであれば、後の犯人追求等の
捜査に必要とされた費用などを含めて、国家への
負担は、膨大なものとなる。

=== 養われる死刑囚 ===

 死刑囚は、刑が執行されるまでの間を、国家が
養うことになる。

 それらの費用は、当然に国費で賄うことになる。

 その費用が、死刑囚一人当たりの換算で幾らに
なるのかをまず考えたい。

=== 裁判所での死刑判決におけるDilemma(じれんま) ===

 裁判所における死刑判決は、それ相応の判断が
あって、法的根拠に基づき、判決が下されている。

 之における問題では、冤罪が指摘されているが、
その『冤罪』と言う現象を、国家機関の捜査力で
阻止をしなければ、ならない状況にある。

 しかし、一審から三審までの間において、もし
仮に一審から、その罪を認め控訴を行わないと、
刑が確定をするが、その場合にわ犯行者が予めに
死刑を受ける事を前提で、行為に至っている事が
把握できる。

 逆に『死刑を免れたい事を前提に事実否定』し、
三審後も無実を主張している場合もある。これを、
国家としては、非常に処理としてわ行いずらいと
言う状況に至る。

 冤罪なのか?、それとも実行犯なのか?

 それに裁判所では、既に判決が下されて死刑が
確定をしているのにも関わらず、それを行えない
と言う状況では、法治の観点から大いなる問題と
なっているのである。

 中途半端な犯罪よりも、重犯罪の方が犯罪者と
言う扱いでわ有益に扱われる結果を招いている。

 そもそも安易に、裁判所が死刑を乱発している
と言う見方もあるのかもしれない。

 死刑の執行にも立ち会う必要も無く、死刑との
判決を下しても、執行される確立などを考えると、
判決を下したことを忘れた頃に、執行をされてる。

 悔やむ想いも、新たなる事件への審判などで、
忘れてしまうのである。

== 冤罪の阻止 ==

 これは、国家機関に課せられた大いなる課題で、
之における信憑性に欠けているからこそ、死刑の
執行が行え無いと言うことを、立証しているのが
現状の状態にある。

 国家機関は、冤罪を阻止する為に、さまざまな
調査を行い、それ相応となる資料などを基にして
立証し追求して行くが、裁判所を含め、それらが
事実なのか、常に不安となる状況にある。

 しかし被害者の為にも、そして国費消費と言う
観点でも、無題に出来ないと言う公務員としての
独特の思い入れがある。

 そうした焦りから、もしかしたら冤罪になると
言う可能性があるかもしれないとの不安に、常に
迫られている状況にもある。

 むしろ求めるのは、『冤罪の阻止』でわない。

=== 犯罪の阻止 ===

 結論的には、我々日本国民は、国家機関だけに
頼りのでわなく、自衛的に国民個々が防犯に対し
独自に知識、能力を得る必要がある。又、それに
纏わる知識や学習の場を国家が惜しみなく国民に
提供をしなければならない。

 私が個人的に調べた結果は、「人は、誰しもが
犯罪者になりうる。又、心情や空想においては、
誰しもが犯罪行為を仮想的に行っている」ことが
解っており、追求が難しい犯罪心理の確信部分に
ついて、大きな難関を長年に抱いているのが現状。

 しかし、人間の心理や空想、そして気力などの
観点では、犯罪が立証されることは、難しいが、
物理的な環境などを防犯的に構築することにより、
『犯罪の意識があっても犯行が行えない』と言う
ことが解っている。

 例えば、人を殺したくもて、その状況時にて、
人が居なければ、人を殺せないのである。また、
殺人行為などにおける防御能力(自衛能力)を
持っていれば、それらを妨げられることなどが
見込まれて、相手が殺意があっても、それらを
遂行可能に至らせられないことになる。

 その状況は、結果的に殺人事件行為であれば、
『殺人を行わせない(殺人行為を防ぐ)』ことを
導き、更に犯人逮捕後も、殺人未遂で起訴されて、
死刑とわ至らない判決が見込まれるのである。

= 自衛能力の無い日本の国民 =

 日本人が、自衛と聞くと『自衛隊』を連想する
国民が多いが、『自衛隊わ国家を守る部隊であり、
国民個々を守る為の部隊でわない。

 それは、警察に至っても同様であって、国民の
個々を守る努力をするが、その限界があると言う
ことを国民が理解をしていない。

 これにおける国民の理解力は、自動車事故等を
例に挙げれば、日本人としての国民性が良く解る。

 SheetBelt(しーとべると)の着用義務は、本来
国民個々を守る為に必要であるから、設けられた
法規であるが、自衛の概念が定着しているならば、
法規で定めるまでも無く、国民自らが自発的にて
自己を守ろうと、考慮をするのである。

 しかし、それが無く、むしろ無謀行為ばかりを
試みるのが国民性となっている。

 それには、『恋愛の心理』も人の性(さが)と
言う問題で、人の本能的な部分で深く関係をして
いるのですが、そうした部分を教育で論理的にて
いかに制するかが、教育能力にて問われる部分と
なる。

= 結論 =

 死刑制度の廃止は、現行における法的判断にて、
それに値する重犯罪が無くなった時に、考慮等を
される必要がある。

 しかし現状では、『冤罪』と言う現象に怯えて
重犯罪者よりも、国家が刑の執行を、恐れている。

 そうした現象の原因に、捜査能力の不十分性が、
あげられるが、現場の人員が、どれ程の努力等を
重ねて、犯罪を追求しているかの苦労などが考慮
されることは、ないようである。

 実際に判事が殺人現場にて死体に触れ、検視に
立会い、後に死体を処理するまでを手伝うなどと、
言うような事を想像できても、現場の人員による
苦労なんて、実際にわ図りしえないのである。

 逆に自らが下した判決に対して、刑の執行が、
行われないと言う状況は、判事としての公務が、
不十分であり、法廷にて十分な審議がされてない
ことを意味する。

 それらを考慮すると、死刑制度に付いて考える
と言うのでわなく、『法廷行為の改善、並びに、
事件における捜査行為の改善』を考慮することが
重要だと判断できる。

 私が、之までの人生での経験や学習によって、
刑事犯罪に付いての結論は、客観的に経済論や、
利益論などの観点から、犯罪後者の利益の方が、
被害者の不利益より、多く守られている状況に
あるのが現状日本国の法治事情である。

 しかし日本国民の理性力は、想像する以上に
強く、本来であれば、Homeless(ほーむれす)、
未就労者が団結して、暴徒と化することまでも
可能な状況にあっても、それを行わないほどに、
理性が高いと、私わ客観的に評価している。

 但し、孤立した犯罪思考者の犯罪能力などは、
年々に若年層でも行える程に至っており、その
犯罪行為における単純性と、それを防御しきれ
ない日本の自衛力の低さには、問題視される。

{{{

 よって、国民個々による自衛力強化の為に、
必要となる学習、訓練の場が必要である点と、
物理的に犯罪を未然に防ぐ環境を造ると言った
物理的観点からの防犯政策を検討されたい。

 犯罪者も国民の一人であり、生まれる前から
後の人生で、犯罪者になる事を思って産まれた
理由もない。

 我々日本人は、日本国民として新たに産まれ、
育つ国民に対して、平等かつ法的規範に反する
行動をさせないよう、物理的な環境と、自衛の
能力を必要とし、犯罪行為を行わせないことを
望まなければならないかと想う。

 そして等しく、平和で幸せを追求できるよう
国家が配慮をする必要があり、それらを十分に
国民に対して行えないのであれば、国民に対し、
新た出産を国家として求める事ができる立場に
無い事を、十分に理解されたい。

 既に日本国民は、人の頭脳と同様に、それら
全てを利用しきれていない状況にあること等を
国家として考慮されつつ、それまで消費的にと
扱われた人間を、教育的にかつ物理的な規制で
制御しつつ、日本国民として生まれて来た事を
後悔させないように国家として努力をするのが
本来の在り方かと、一人の国民として想います。

 死刑を執行したくなければ、死刑囚の発生を
させない環境造りに、国家として全力を尽くし、
又、被害者からの要望により、死刑を延期して
いる限りでなければ、それわ国家の公務怠慢と
評価されても、仕方が無いのかとも思われます。

 以上、死刑制度に関する個人的な印象などを
一国民として纏めたReportとなります。

 次回以降、この課題に付きましては、国民の
個々における防犯、防災、防病の学習や訓練の
提案としての課題に換えて、改めてReport等を
作成する予定です。

           日本国民の一人より

Ps.
 死刑期日が過ぎているのに、それを行えない
状況は、国家機関を信頼していないと判断され、
それ相応に、配下の機関に対して、信頼が無い
と認めている事になるので大臣わ注意されたい。

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =