記事一覧

蜜蜂の行方と、大量死

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/5/20(水) 午後 11:01

ファイル 6943-1.gif

気温?

 私の知る限りでは、『 蜜蜂が耐えられる温度 』
と言うのが有ったのかと思われる。

 蜜蜂は、外的の一種となる『 すずめばち 』に
対抗する為に、蜂団子(はちだんご:蜜蜂たちが、
複数で『 すずめばち 』を団子状にとりこかこむ)
となって発熱を行い、『 すずめばち 』を蒸して
殺してしまう。

 まさに必殺技の一つとなります!

 その温度に関係が有るのかと思われるのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

( -ノω-)こっそり♪<例えば、高低差が何度以上だと生態対応ができないとか・・・。

(∇〃) .。o(確か、寒いのが嫌いだったかと♪)

<参考 Wiki・蜜蜂>

ところで・・・

 海外から蜂の学者が日本にやって来て、日本での
蜜蜂事情に関心を抱いているとのこと。

結論

 こう言う場合は、反対から考える方法もあって、
『 異常に増えている地域が有るのか? 』と言う
発送で探る方法も有る。

 この場合は、「 気象変動による影響にて蜜蜂が
生活の拠点を移動する必要が有った 」と言う事が
解る事になる。

 また、「 移動を行わないで大量死をした 」と
言う部分では、逆に、「 その蜜蜂達に、居住地の
移動概念が無い文化であった 」と言う可能性等も
有るのかと想われます。

 蜜蜂は、人に飼われる事があり、その形式関係が
過剰に有ると、蜜蜂のの文化としても、人間依存と
言う概念で、文化形成を行う可能性があるのかとも、
想われる。

 つまりは、蜜蜂に限らないのですが、人が動物や、
昆虫など他の生物を飼育する場合において、過剰な
飼育状態から、「 自然環境との共生よりも、人と
共生をする事を選択する思考や体質に変化をする 」
と言うことが有っても、何ら変なことで無い。

 実際に、他の動物などで、餌や飼育の関係から、
人間との関係を深めつつ、生活の一部を人間と共生
する場合がある。

 しかし動物保護と言う観点からでは、それらを、
「 好ましく無い! 」と想う人達も居る。

 こうした生物事情等を含め、どいのような結果が
出るのか・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 その結果を得る前に、蜜蜂が全滅をすることが、
無いように、各科学者達には、努力をされたい!