記事一覧

言葉を喋る為の遺伝子とは?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/11/12(木) 午後 9:13

ファイル 6967-1.gif

言葉を喋るのは、人間だけ?

 対話をするのは、人間だけだろうか?

 他の動物でも、声を音のように発する
ことによって、Communicationなどを、
行うとされている。

 しかし人間のように、言葉を発してる
とは、言えないのかと想われます。

言葉以外で・・・

 動物達は、言葉以外でのCommunication
などが行えるとされており、人の言葉を、
理解もできる。

 っと言うことは?

 『表現力の問題』かとも想われ、それの
能力を、どのようにして人が得たのだろう?

異文化との交流、そして文化の伝承

 現代に至る人類の文明では、文字の種類
と言う観点で、大きく二種があるとされて
いるようです!

 発音主体のAlphabet(あるふぁべっと)や、
象形的に形で意味を表現することが主体と
なっている漢字など・・・。

 しかし言葉を発すると言う観点では?

 伝承を行う場合には、Alphabetのように、
音声を表すだけだと同音異語などの観点で
誤解が生じる事がある。

 また漢字の意味合いでは、基礎の象形的
漢字の意味を理解している必要もあるが、
その基礎を把握していれば、その字を読む
ことが行えなくても、何となく理解できる
と言う物になっている。

 では、どっちが良いのか?

 日本の文字や言葉文化は、とても面白い
文化であり、『洒落(しゃれ)』などの、
『掛詞(かけことば)』も有ある。

 更に、異文化の言葉も片仮名にて表現を
することで、似た発音を行うことができ、
相手国の語句までも、会話や文節に入れて
表現が行えるに、現代だと至っている。

 その昔には、Portugal(ぽるとがる)語
となる発音を、漢字に変えて表現したとの
時代も有ったらしく、その名残が野菜等の
食べ物や舶来品に付けられた名称として、
現在でも引継がれている。

 なお私の文面にも必要に応じて、色々な
語句が記載されているかと想われます。

結語

 遺伝子と言う観点で想うのが、その違い
と言うよりも、進化の過程を記録している
点に有るのかと想われるのです!

 つまり、元来に利用をされてない能力が
進化の過程で、遺伝子に記録されていると
言うだけなのかと♪

 よって人体における進化は、他の生物に
比べると、相応に未熟な部分も有るけども、
その未熟な部分や環境の変化などにより、
適用をしようと進化をする作用が、他動物
よりも優れており、遺伝子が進化の状態を
記録して、後世に引継がれているのだ!

 逆に地上の生物で人だけが急激に進化を
遂げているのでしょうか?

 突然変異によって誕生する生物も居れば、
環境の適応性により、徐々に進化の過程を
経て、遺伝作用による影響で、現代に至る
と言うのが、現状かと想われます。

遺伝子

 結論的に遺伝子は、単に記録媒体であり、
その記録を引き継ぐ事によって、身体等が
保たれている。

 ところが、不良遺伝子(劣化遺伝子)と
言うのもあり、御存知の通り『がん細胞』
などを形成したりもする。

 しかし、その『がん細胞』を他の細胞が
制御的に駆逐する作用を持っていたりする
ことなどから人体構造自体が、正に一つの
生物集合体であると言えるのである。

 「人体は、宇宙の縮図である」と説く、
観点も有るようですが、「己を知る」との
言葉の意味も、医学的に考えれば、かなり
難題であることが解るのである。

 そして先の言語ですが、遺伝子と同じく
「情報を記録して、他者に伝える」と言う
効力が有る。

 しかし、その記録(書物など:現代だと
電子Dataなども含まれる)を、入手できる
と言う条件が無ければ意味の無い物となる。

 皆さんが、私が記載した内容を見るとの
行為で、何が引き継がれるのでしょう?

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪