記事一覧

No.142 中華人民共和国におけるTibet(ちべっと)問題について

配信 2008-03-26
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.142
作成 2007-10-22
問題 中華人民共和国におけるTibet(ちべっと)問題について
配布 2007-10-22

<緊急>

1.中華民国・憲法よりの打診

 私の方で個人的に調べでは、中華民国・憲法・第三十七条において、
『宗教信仰の自由』に関する記載があったと当方で確認をしています。

(※ 受信者側でも、上記の事実に付いてわ確認して下さい)

 現状で発生をしている根源と表見とでは、おそらく大きな相違があると
想われるのですが、わが国(日本)としては、米国などが軍事的な活動を
行う前に、事前に『中華人民共和国が独自に憲法を持って独自に解決する
範疇にあるが、自国(中華人民共和国)にて立憲がされてる内容の維持が
できないのであれば、隣国としてわ関与する必要がある。但し、立憲国で
ありながら、それを維持できないと言う国であるなら、国民と国家の信頼
関係が破綻状況にあるのでわないか?と、疑問に思う立場にもある』との
国家としての意思表示をする必要がありそうです。

2.行為の利益

 これは、軍事でわ無く、自国(中華人民共和国)が内部的な規制にて、
解決させる方法であり、周辺諸国や世界各国としても、暴力に対し武力で
応戦する以前に、行う必要となる手段があることを記します。

 逆に、これにおける警告を無視した場合、中華人民共和国においては、
『自国の国家と国民との信頼関係の破綻』及び周辺諸国との信頼関係破綻、
又、立憲国としてわ世界規模での信用を失う事になるのかと判断されます。

 これにおける日本国の利益は、対中華人民共和国・国家との信頼より、
むしろ中華人民共和国の民衆との信頼関係が強まる。又、今後における、
日本国内での第一次産業分野での活性化に伴って、中華人民共和国との
共存的な技術発展も見込まれる。

 但し、『共産主義や政治思想の育成』とわ異なるが故に、そうした面で
日本国政府の主張として、一線を引く必要があるのかと個人的にわ判断を
しています。

 よって現地での暴動悪化及び、Tibet人による自らの過剰な宗教活動や
独立問題に至っては、軍事、暴動等以外での場を設けて協議するようにと、
日本国として打診しつつ日本国と中華人民共和国との立場を確認されたい。

今回の配布先は、公開を致しません♪

                            以  上

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、中華人民共和国におけるTibet(ちべっと)問題について

天使 一つの文化を失う危機にある!

悪魔 統合されて、良いんじゃないの?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =