記事一覧

No.140 暴力、暴走行為、国際的な密売取引等の管轄を警察から、自衛隊に移行する案

配信 2008-02-28
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.140
作成 2007-08-13
課題 暴力、暴走行為、国際的な密売取引等の管轄を
   警察から、自衛隊に移行する案
配布 2007-08-13(衆・参の国会議員はへは、2008-10-下旬を予定)

 第一案での『国内、対暴走族対応に関しまして』の
課題に絡みまして、下記の議案をReportとして提出を
致しますので、御健闘を頂きます様に御願い致します。

2.暴力、暴走行為、国際的な密売取引等の管轄を
 警察から、自衛隊に移行する案。

 >国内
 a.銃刀法
 b.Terrorism(てろ)行為
  ・武器を所有した強盗
  ・武器を所有し、人質をとった場合。
  ・四輪、二輪の暴走行為(単体、集団を問わない)

 >海外
 c.麻薬取引
 d.海外組織との人身売買網(売春、臓器転売)
e.武器密輸入

 上記の分野は、警察や各省庁の特化した部門が、
その取締りに当たっていますが、それらの行為は、
計画的、また戦略的な能力を持て犯行に及んでる。

 Patrol(ぱとろーる)や個別捜査では、警察の
人海戦術が必要ですが、未然に抑制力や、計画の
事前阻止などを行う場合は、本格的な戦略思考を
用いて抑制をする事が重要であると考えています。

 又、『おとり捜査』なども、自衛的特殊訓練を
受けた者で無い限りは、安易に行うこともできず、
今日に摘発されている麻薬犯罪などは、現行での
一部であり日本国での経済事情だと『不当収益で
日本経済の三分の一以上が賄われている』とも、
言われているほどだそうです。

 自衛と言う概念は、国外からだけでわなくって、
国内から新たに生まれる犯罪予備軍への抑制力も
なければ、国が内側から倒壊してしまいます。

 もっと身近に感じる自衛隊の存在を理解しつつ、
『国民本来の自衛権(自己の健康、健全な生活、
労働などを維持する)』と言う国民個々の自衛に
至るまでの理解が必要になります。

 ちなみに警察業務は、Service業でありますが、
国民個々の防犯的Serviceに、著しく欠けており、
それにより、軽犯罪が根絶される事なく蔓延的に
発生しつつ犯罪者を検挙しても、新たな犯罪者が
誕生してしまうに至っています。

 これらは、明らかに、戦略論の分野であって、
特殊な戦略論を理解した部門でなければ、再発の
防止戦略までを、発想できず提案するらできない。

 つまり論理的な正義論は、近年でわ既に破綻し、
『戦略的な強者(神仏に存在を許された者)』が、
価値があると犯罪者の意識が、信心などの倫理を
越えてしまい、Terrorismへと至っている。

 日本国内では、それによって近年でわ抑制が、
されているものの、宗教法人による不当行為が、
かなり多く発生している。数年前には、地下鉄
Sarin(さりん)事件にまで発展をしている。

 Terrorismや、集団及び単体での暴走行為や、
武器所有による犯行、そして、人身売買、薬物の
密輸入に至っては、警察と言う範疇を既に越えて
おり、戦略的思考での戦いに言っている現状から
自衛隊への移行が必要だと、個人的に想ってます。

1.暴走族が使用される車両を摂取する法案

2.暴力、暴走行為、国際的な密売取引等の管轄を
 警察から、自衛隊に移行する案

 上記の二点に関しましての論議を、国会及び、
特区としての試験的な起用などを行ってもらい、
犯罪行為の抑制促進、及び、国民が自ら意識する
「自衛概念の促進(健康、健全な労働、防犯防災)」
などに、環境を提供する立場から整えて頂きたく、
Report(れぽーと)を提出させて頂きます。

 上記の内容は、『2008-08-13』に作成されて、

・内閣官房
・国家公安委員会、警視庁
・法務省
・内閣府
・防衛庁

・東京都知事
・八王子市長

 上記宛に『2008-08-13』に、Internetを媒介し、
電子政府・『各府省への政策に関する意見・要望』
とのPageより、上記のReportを発送しました。

 後日、2007-10-下旬頃には、E-MailのAddressを
公開されてる全国会議員(衆・参)宛に上記内容の
Reportを配布する予定です。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、暴力、暴走行為、国際的な密売取引等の管轄を
     警察から、自衛隊に移行する案

天使 警察公務と、対Terrorism公務は、異なる!

悪魔 警察業務の負担を多くする事で悪が繁栄をする♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =