記事一覧

No.134 厚生労働省分割案

配信 2008-01-23
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.134
作成 2007-04-25
問題 厚生労働省分割案
配布 2007-04-25

==== Mosaic化された厚生労働省 ====
 現状における厚生労働省には、関連無き異種機関が
複合しております。

 その構造から予算の配分や、国民の不利益もたらす
行為までもがMosaic化されている状況ににあるのが、
現状の厚生労働です。

 一般国民の立場から見ても、

1.医療・健康部門
医政、健康局、医薬食品局、老健局

2.就労部門
労働基準局、職業安定局、職業能力開発局、
 雇用均等・児童家庭局、社会・援助局、

3.金融部門
保険局、年金局

少なくても、三つの省庁にて分割が可能である。

==== 分割の理由 ====
 厚生労働省の大臣が、配下の部門を認識していると、
人としての感覚から考えても不可能であることなどは、
解りきっている。

 にも関わらず代表者は、事有る毎に平謝りをすると
言うだけで、日本国の歴史としても、何の解決などに
至っていない状態も多くある。

 大臣と言えでども、任期中に解決すべき内容などは、
多くあると解りつつも、それを行わない理由としては、
一つだけある。

 国家予算枠のPool機関である。

 このような内容は、Gossip(ごしっぷ)雑誌などが
好むないようですが、実際の所でわ国家賠償などでの
対象として厚生労働省が集中的に対応することになる
形式に置いては、損害賠償としての保証枠の予算等も
区切りずらい状態になっております。

 その割に多額の予算枠が講じられており、どの様に
消費されているのかも、大いなる疑問点となってます。

 国民をあざ笑うかのごとく、肥えた体型の公務員も
多いのですが、こうした観点からも健全性が求められ、
そのMosaic化された部分を細分化、明確にすると言う
ことが求められています。

==== 医療・健康部門 ====
 医学分野に関しては、専門的な知識を要していると
言うだけでなく、開発、免疫、健康にまつわる発布、
民間、公共を含めた各医療機関、大学等の研究機関も
含めて、それらを構成するにわ専門の知識を必要とし、
更に独特の発展が必要とされています。

 身体医学に関する分野の全てを、こちらの部門にで
一本化することで各大学や国民が情報を入手しやすく
なるだけでなく、「たらい回し現象」を減少させると
言うことも可能になります。

 医療分野等では、急を要すると言う内容が多いが、
それに対し、受付などを含めて、多くの箇所を回ると
言うような現象も、医療機関だけでなく発生している。

 それらの「たらい回し現象」は、国民に不利益を
もたらしており、国家機関の運用として致命的現象と
国民として判断をしています。

==== 就労部門 ====
 就労における義務は、憲法によって定められてます。
特に、職安、労働基準局、需給調整事業部などでは、
国民が就業をするに当たって、重要な役割を果たすと
言う機関なのにも関わらず、部門が分割されていると
言うだけでなく、設置場所までもが分割されており、
内容によっては、省庁内の「たらい回し現象」でなく、
別の場所への移動までも強いられる事になる。

 これらの現象は、致命的どころか国家機関としての
欠陥であり、医療的な身体的不具合での表現で言うと、
動脈硬化に近い状態です。

 特に「労働者派遣」に関する分野は、東京労働局に
おいては、一箇所しかなく、田町まで足を運ぶことを
強いられます。

 近隣ならばまだしも、各遠距離地域に居住している
人にとっては、そこへ出向くまでが一日仕事であって、
現状における関東地区の平均賃金とされる日当などを
考慮すると、「相談に行くよりも、不法性があっても
収益があった方が良い」と判断する国家体制になって
いるのが現状です。

 これは、健全なる国家機関の運用としてわ致命的で、
国民の健全なる就労場所を確保することを司ると言う
機関自体が、むしろ国民に不利益をあたえる状態にと
ある。更に、その状態を私が知る限り、かなり昔から
維持している。

 こうした状況により、国民が損失を明確にしたなら
それを国家として賠償する必要性があることを国家は、
認識していない。

 むしろ労働者の立場で、代議士としての効力などを
行使していない状況が、現状に至っているともいえる。

 親の七光りで政治家なになった「祭り上げ議員」の
門点となりがちな分野であって、理解しずらい事かも
しれないと、現状での国会の人事体制でわ判断をして
おります。

 理解があった場合についても「就労分野」における
改善に付いては、即時性を求められています。

==== 金融部門 ====
 保険、年金の部門ですが、これらの金融にまつわる
部門は、医療、就労などと全く異なる部門です。

 各省の国民から見たつながりは、「金銭等における
受領程度」にしか受け止めておりません。

 理由としては、医療、雇用に関する保険であっても、
扱うのが金銭であって、発生した事件内容の解決や、
規制、制御などを司るに値せず、各省庁からのDataを
基に国民、民間企業に、金銭を支払うに過ぎない。

 つまり、保険企業と然程に変わらないが、民間での
保険企業の方が、事故、事件なども簡易的な解決にて
終結させる為の手段にて、多くの国民に対して利益を
与えているのが現状です。

 それに比較すると公共機関であって、もっとも信頼、
保障、保護と言う意味合いで、国民から頼られるとの
機関でありながら、民間にも劣る運営内容に至っては、
改善を強いらことは、当然のことである。

==== 結論 ====
 大枠にて、「三つに分割する案のReport」の提出を
させて頂きました。しかし現状では、もっと深刻なる
状態であることを国営として認識する必要があります。

 現行憲法から考慮するならば、順位的にも、

1.自らの命を保護
2.就労の義務、それに伴う保護

3.他国、他者への保護
4.戦争、軍事の放棄
5.国家の運用体制

 ちなみに、国民に対して尽くす国家機関が国民から
愛されないわけも無い。

 押し付けるような「国家愛教育」を多くの国民は、
求めてない。
 
 只単に、与党と言うよりも「似非民主主義」などが
崩れかけている状況で、自らの権力を失うことなどが
惜しいだけの行為と、一人の国民として受止めている。

 そうした状況が朝鮮民主主義人民共和国の教育体制
などとなんら変わりない状態にある。

 即効性の無い国会での衆議院における人事体制では、
総辞職にて、その再構成を求める。

 また、厚生労働省は、国会の対応が遅いことからも
それに伴う損害賠償請求の視野に、数年前から入って
おりましたが、今回のReportを提出するにあたっては、
自らの生活を保護する為に国家賠償請求を提訴すると
言う判断をしています。

 武器や暴力が無くとも、それ以上の効果を与えると
言う事ができる能力が司法の分野に隠されていますが、
それらを戦後から封印していたかの如く多くの国民に
理解させる事ができなかった失態は、U.S.A.、E.U.の
諸国などを初め、ASIA圏にも進出している文化的なる
向上での範疇では、既にASIAの先進国とは、言えない
と言う状況にあり、自営(自衛を含む)すらできない
国家であるならば、人類規模での国としての存在等を
問われても、いたしかたが無いかとも想われる。

 国民による労働からの収益にて、税収を調達してる
と言うならば、その国民における労働内容が健全だと
言えない限りは、国家の運用健全でなく、それに伴う
公務員の活動すらも、不健全に汚される事になる。

 私の経験では、暴力団における私への牽制よりも、
公務員の牽制の方が、悪意が強く不当性も高いとの
結果も得ている。

 ごく一部の劣悪公務員により、多くの国民税収等の
損失を出していると言う事実は、国民Ombudsman以上に
国家機関としての監査部門が必要だとも考えています。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、厚生労働省分割案

天使 巨大すぎるが故に管理ができないのである!

悪魔 小さくても、監理ができない奴が居る♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =