記事一覧

No.133 拉致問題に付きまして

配信 2008-01-20(実際の送付日 2008-01-21)
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman No.133 ===
作成 2007-04-23
臨時課題 拉致問題に付きまして
配布 2007-04-23

==== 確認したい事がある ====
 過去に発生した「国内で発生した、同じ日本人同士による
拉致事件」に対して、国家は、どのような保護政策を取った
のかをまず確認したい。

==== 外国人に拉致をされたのであれば ====
 高待遇を受けたりできるのか?

 交通事故、災害、病気、事件などを含め、あらゆる分野で
「海外での工作における拉致事件」以上の悲惨な体験をした
家族は、拉致被害者より数万倍に多いが、そうした被害者を
軽視する事を国家で容認しろと、私がReportに記載をしたか?

 少なくても今後、「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑い
ある拉致事件」以上の悲惨な体験をした日本国内の家族は、
拉致被害者よりも、当然に高待遇を国家が補償することを、
容認せざろえない状態を国会主権者達が把握をしているか?

 例えば裁判にて「海外国の不当行為により、悲惨な事件を
体験した被害者が、この拉致事件を比較対照とし国家賠償を
求めたらどうなるか?」その逆説が、慰安婦問題だといった
ことは、はるか前から知りえている事である。

==== それらを踏まえて ====
 今後、日本国民があらゆる分野で、国家賠償などを安易に
行えるきっかけを、「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑い
ある拉致事件」の被害者による活動によって、得られた事を
大いに、日本国民の被害者達が喜ぶだろう。

 「未成年者によるBus乗っ取り事件」や「航空機の
乗っ取り事件」などでも、国家賠償の対象になる。

 それ以外にも国内で発生した暴力団における脅威や脅迫も
国家賠償の対象になる。

==== ところで ====
 日本国の公費が「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑いの
ある拉致事件」に関連した経費を明確にすることを求める。

 国内には、交通事故、病気、災害、事件等を含めて、それ
以上に悲惨な家族が「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑い
ある拉致事件」の被害者以上に、毎年発生をしている事実を
警視庁や警察の白書にて確認をしている。

 国内の問題は、おざなりか?

 それとも、暴力団の国際的な活動の方が国家政策等よりも
優れていると言うのかな?

 私の私見では、国家政策における外交よりも、暴力団等の
犯罪組織や不当企業などの組織の方が、国家機関においての
政党外交よりも優れているように感じる。

 しかも利益も不当側の方が多くないのか?更に、それらの
恩恵にあずかっている主権政治家も、多いらしいが?

 Hollywood映画で「YAKUZA」などと言う言葉が、台詞などで
出てきた時には、それだけ政治より暴力団達の方が、価値等が
あるとして選んだ理由が、経済効果としてはっきりと出ている。

 日本の政治話題が、西洋地域の映画に導入されたと言うのも
聞いたことがない。

 それほど迄に「日本の政治は、食えない代物」である。

==== 日本国内の若者に・・・ ====
 「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑いある拉致事件」等を
用いて、戦争意識と不安などへと一石を投じたつもりなのか?

 日本政府に先に忠告をしておく。

 日本国、国権主権力者達が想っているほど日本の国民達は、
愚かでわない。

 現状に置いて仮に無政府状態になっても、日本人としてで
文化的な維持が可能である。

 それほどまでに日本の文化教育が、進んでいるという事を
肝心の日本国家が把握していな状況は、「親知らず」にも、
値する。

==== 国家機関の民営化よりも ====
 国会の民営化を、話し合った方が良かったかもしれない。

 日本国は、英国並みの貴賓や志にも疎く、U.S.Aのように
広大な発想も無く、包括的な外交もできない。

 ぜいたく品の制限をすれば、むしろ「ぜいたく品などを、
差し止める立場にないだろう!」と言わんばかりの規制を
かけられるほど、愚かな外交。

 また、議員宿舎の経費問題もあって、衆議院としてでも、
私的には、それ以前から指示をしていない。

 本来であればReportすらも提出する気にもなれず現行の
衆議院が解散をしてからReportを提出仕様としていたが、
私の私生活から、あらゆる面で国家規模での改善などが、
必要とされる部分が多く、それらの報告をしないと言った
国民としての怠慢にも値するような行動に、なり兼ねない
状況にあるために、現行の国会での効力を当てにわして
いないが、一人の国民としてReportを提出する。

 くどい様だが、現行における衆議院の人事配置などを、
私は、個人的に支持をしていない。

 議員宿舎などの問題を含めて、現行衆議院の総辞職を
一人の国民として望む。

「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑いある拉致事件」
以上での悲惨な国内事件にも、国家規模で着手しない
状況に大いに不満だ。

 覚えていないのか?

 日本の若い青年が海外で拉致されて、首を切断された
事件は、どうした?

 国家として彼の家族を、同様に保護したのか?

 一国民として「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑い
ある拉致事件」に国家政策として、長年にわたり解決も
できないなのに、「不要に国家議題」として取り上げて
公費を投入し、更に国民を他国との軍事的な脅威などに
さらしている状況は、他の国民からの国政不振としての
国家賠償を請求するに値すると個人的にわ判断をする。

 おそらく高裁でわ「朝鮮民主主義人民共和国の政策的
疑いある拉致事件」以上での事件で、かつ国家機関での
監督不行き届き及び、捜査などの欠点、更に防犯や防災、
自衛的な知識の教授義務の欠如などを踏まえ国家賠償を
請求する事が可能だとも判断をしている。

 そしてもう一言、加えておく。

 国会政策における方針として、総理の発言がされても、
「多くの国民が、それを支持してなかった」との事実が
判明した場合は、その責任が、どのように追求をされる
かを十二分に把握する必要がある。

 国政として「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑い
ある拉致事件の継続を支持するか?」と言う国民投票が
「憲法改定における国民投票選挙」よりも、先だと想う。

==== 私は、 ====
 前総理大臣の時に提出したReportに「包括的な解決が
検討されるように、首相自らが出向いて交渉することが
できないか?」と言う様なReportを提出している。

 しかし、「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑いの
ある拉致事件」の被害者を特別待遇で保護しろとは、
指示してなかったはずである。

 理由は、それ以上に悲惨な想いを経験した他の国民を
保護しきれていない状況で特定者の保護は、現行憲法の
条文からも平等に反する。

 今後に置いて、日本国内の事件に置いて、暴力団等や
特定宗教団体における事件被害、交通事故などを含めて
国家賠償として、多くの人が提訴を行う事が可能である
と言う点を十二分に、現行国会での衆議院は、把握する
必要がある。

 ちなみに一国民として「特定者の拉致問題」だけを、
国会に持ち込んでいる事に対し、国民として被害などを
受けていると私が個人的に損害賠償を国会に訴えでると
言うことも可能な状態で、日本国民の誰でもが、それの
訴えをできる状況にある。

 よって現行国会は、そうした不平等性をなくす為にも
国内の国民に対し平等的な保護政策を要請する。

 また、「朝鮮民主主義人民共和国の政策的疑いのある
拉致事件」に対して要した国費を国民に表示することを
個人的にわ求める。

 今のとこは、解りきった匿名で求めるが、必要ならば
なにも匿名でなく、実名にて請求してもかまわないと、
判断をしている。それに伴い、他の国民が平等に保護が
されていない場合には、「違憲的な国権活用」としての
審議が国民によって問われる事になる。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、拉致問題に付きまして

天使 自衛的に拉致される事を防げなかったのか?

悪魔 そんな事を考えてる隙に、拉致されてまうわ!

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =