記事一覧

Indiaでの国際空港占拠が解決?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/30(日) 午後 1:10

ファイル 7091-1.gif

犠牲者は、195人!?

 実行犯は、10人程度であるとされて、
その内の9人を殺害して1人を拘束した
と言うことである。

あまりにも多い犠牲者の数!

 犠牲者の中には、外国人が20人程度
含まれると言うことで、それにしても、
被害規模が大きい。

( -ノω-)こっそり♪<Terrorismの成果は、他人に恐怖と権力を認識させることが根源にありますからね♪

(∇〃) .。o(よく、猿やChimpanzee(ちんぱんじー)なども、やるんですけどね♪)

 それにしても、犠牲者の数を考えると
その被害規模があまりにも多いのかとも
想われ、結論的な評価として考えるなら、
先の『Terrorismにおける利益』などでの
観点から考えるとTerroristの利益の方が
大きかったのかと想われる。

Terrorismの利益

 基本的に団体活動となるので、団体員の
個人的な利益は、然程に考慮をされない。

 つまり、その命までもを団体に捧げてる
人員に対して、それを殺害したとしても、
只単に、後にて英雄視をされるだけであり、
極論から言うなら、戦えば闘う程に不利な
条件となってしまう。

 しかし、そうした強硬姿勢で居る事で、
Terrorism活動に参加する人員個々での
心境に恐怖感を与えるとの目的なども、
あるのかと想われるが・・・。

 いっそ、生皮剥がして吊るすなどとの
行為が無い限りは、無理なのかと・・・w

 西洋での闘いなどでは、殺害した人体を
再加工して残忍に処罰したと見せる方法で、
敵の闘争心を恐怖で、奪っうとの手段等が
用いられたそうです。

 それは、過激だとしても、結論的には、
Terrorismが示す暴力以上の恐怖を相手に
与えられなければ、相手を力的に制すると
言う事ができないようです。

平和と戦争

 戦争は、結論的に『暴力と破壊』にて
成り立っている現象です。

 皮肉にも、その争いによって人類文化が
向上をしている事も、之までの人類史から
見ても解るとおりです。

 しかし現代現代人として、日本国民だと
言う限りでは、そうした人としての選択が
行える事が認められず、相応の更生にて、
日々の文化向上を図る必要がありそうです。

つまりTerrorismとは・・・

 積み木崩しのような物であって、それの
観点で考えるなら、他人が造ったものを、
不服として、それを破壊、奪うことにより
自己の利益をえると言う事になる。

( -ノω-)こっそり♪<戦争で利益を得ているのは、戦場に現れない人達ですよ♪

 他人の生命における尊厳と、愛する者を
守ると言う観点では、大いに異なるのかと
想われます。

 日本の暴力団でも、結果的に経済組織で
有ると言うのが本来であって、不当、不法
となるような形式でも、利益を得ると言う
団体になり、時として暴力的に、それらを
解決することを趙著(ちゅうちょ)しない
人格を有した者達としてLabelingをされた
団体である。

 しかも、そのLabelingに誇りを抱いてる
と言う人員が多いから、困り者である。

結論

 まずTerrorismの利益が何であるのかを
十分に理解する必要がある。

 最近、第二次世界大戦などを中心に、
軍事的な戦略に付いて、色々と学んでる
状況にあるが、それらの作戦を見るなら、
敵の闘志を奪い、恐怖感を与えた方が、
有利になれる事が解っている。

 しかし大日本帝国の時代には、決死の
戦闘を教育しており、戦う事にて人生を
見出す教育などが行われた。

 現在のTerrorismにおける活動などでも
同じく、『決死における活動』が前提に
あることから、大日本帝国主義時代でも
あった、『決死特別攻撃』にも類似して、
その心理形成と教育、それの解毒なども
ある程度で、研究がされているのかとも
想われる。

 その観点から考えれば、防衛と言った
行為が、軍事的な防衛に限らず、人情の
根底から生じるとされる闘争心に付いて、
どのように浄化をするのかが問われる。

軍事以上の戦略?

 当然に軍事を知らず、それらを制する
と言うことは、不可能である。

 しかし戦略には、現代でも、営業や、
あらゆる経済的な利益、そして優位的な
生存競争に伴う競争などでも、必要にと
される思考であって、『平和』と言った
観点が、国民個々において千差万別との
時代が終わり 『億差兆別』の時代にと
突入をしている。

 これを、どのように制するかが人類の
大きな課題になっている。

 しかし、それだけに拘る事もできず、
宇宙から飛来するとされる、小惑星や、
隕石などのからの脅威にも立ち向うと
言う時代を迎えている。

 あらゆる紛争から身を守ると言った
対象方法も必要になりつつ、自然的な
災害と、更なる宇宙規模での自然での
脅威からも身を守ることが求められて
いるのかと、想われます。