記事一覧

No.127 皇室典範の改定箇所

配信 2007-11-23
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman No.127 ===
作成 2007-04-14
問題 皇室典範の改定箇所
配布 2007-04-14

==== 改定をした方が良いと想われる箇所 ====
第一条 継承の資格

1.男女平等でわない。
2.継承拒否、辞退権が事実上でわ無い。

==== 問題 1====
1.男女平等でわない。

 皇室の歴史を見ると、皇位継承を時代したと
言う結果を私は、未だ把握しておりません。

 しかし資格と定められている条文から察するに、
「皇統に属する男子が、これを継承する」と言う
言葉には、「男女に対する不平等性」を感じられ、
日本国民の日本国憲法配下では、違憲的な内容と
時代的に言われても、いたしかたがない状況です。

 ちなみに皇室の継承権争いを助長するなどとの
意味合で、この問題に着手したのでわありません。

 国民の象徴となる部分では、立憲国であって、
その配下における法治国家が日本国です。

 その観点から憲法一条の文面から私が個人的に
理解するに当たり、『憲法配下の象徴』としての
役割をどう考えるのかが、焦点となります。

 愛子様の継承権を講じていると誤解されがちに
なりかもしれませんが、憲法十二、十三、十四、
二十三条、二十四条での文面を考慮するならば、
国民の象徴として「皇室典範上は、男女共に継承
権を得られる」とするのが、現在の日本国民にわ
相応しい象徴的な建前かと想われます。

 これにおける効果は、男尊女非からの開放と、
それに伴った男女平等としての国民の意識改革が
期待されます。

 これによって見られる社会現象は、男性による
「威厳的な社会対応の緩和」などが期待される。

 比較的男性は、悪い輩に限って仲間意識が強く、
異性を排他、軽蔑しがちである・・・と私自身も
体験から判断しておりましたが、実のところでは、
女性も同様であるとの結果に至りました。

 人間は、自分の能力におえいて欠点があると、
それを補おうとするか、他人の能力を借りるとの
手段を選択する傾向にあります。

 男女の場合だと現状の科学からは、子孫繁栄の
唯一の方法であるのが男女の関係にあって、その
「人の生産」と言う行為自体が「愛」であるとは、
言えない点も、10代の女性だって把握している。

 ちなみに、それを理解できないのは、娘を持つ
理解力の乏しい父親ぐらいなものである・・・。

==== 問題 2 ====
2.継承拒否、辞退権が事実上でわ無い。

 皇位継承権については、日本の歴史を遡ると、
「第一継承権者が、それを拒んだ」と言う事実を
私は、未だ確認をしていません。歴史に疎いと、
言う事もあるのでしょうが、現行の憲法からでの
比較ですと、「先の問題1」で、女性に継承権が
認められ男女平等になったとしても、次に「権利
取得と、権利の放棄」に関する自由が与えられて
居るようには、感じられません。

 日本国憲法では、憲法十二条、十三条からでの
解釈では、「平等になりつつも、その権利を得る、
放棄するのは、当人が決める権利がある」と解し、
そこから考えると『例え男女平等の皇位継承権が
皇室典範で定まっても、それを辞退することも、
可能であって、国民の象徴として国民から希望が
あっても継承者が、それを辞退する権利を得ると
言うことで皇室会議等などよって、皇位継承者を
選出でき、公室内でも話し合いの場が持たれると
言うことになります。

 象徴である以上、皇室も、国民の手本となると
言うべき姿勢を国民に示す必要があり、そうした
誠意を国民が感じる事で、国民としての心の支え
にもなるのかと想っております。
==== 結論 ====
 皇位継承権は、科学的側面、男女平等としての
象徴意識の為に、女子にも与えられることが求め
られており、又、それにおける継承権の辞退等も、
権利として与えることが好ましいと個人的には、
考えています。

 たった、この二つの規定を改定する事によって、
世界規模での意識改革が行われる事が想像される。

 日本国は、Asia圏に広く関わっておりますが、
現状に置いてわ「男尊女非の傾向が強い風習」が
あり、日本国での皇室による、体制改善によって、
Asia地域の象徴としても期待がされます。

 又西洋地域に置いては、英国、Franceに次いで、
女性に理解のある先進国とされ、America国家でも
時期に置いては、女性大統領誕生が囁かれている
現代の世界事情などと比較して考えてみるならば、
絶好の時期かとも想っております。
==== 私の心情 ====
 物の考えのきっかけは、男子継承者の不在から
始まりましたが、その後に男子継承者が誕生して、
その様子を伺えば、日本の一般的な家庭における、
「親族の財産権継承」でも、民事事件として醜い
ほどに争っている現状があります。

 そうした部分を日本国民に対して、象徴として
見せるべき姿勢が、今回に指摘してる皇室典範の
改定する行為であると個人的に想い、求めてます。

 近年では、性における開放から、男性側による
女性への期待が実の所で薄れていると判断をして
おりまして、結婚における独身事由等も「子供を
作るか作らないか」が大きな分岐点になり、更に
「作らなくても恋愛相手が欲しい。例え、同姓で
あっても」と言う意思表示も増え、更に性同一性
生涯における医学的な部分でも、結婚と恋愛での
見方が変わってきています。

 私が皇室に求めるのは、憲法は以下に言う所の
日本国民の少となるべき立場であるのであれば、
憲法前文に記載のある事項を、大前提にしつつも、
家庭を子孫、また人類規模での繁栄などを望むと
言う『言葉よりも、態度で示せ!』と雅子様には、
言ってやりたい・・・w

 既に王位に関する体制が、世界中の色々な国で
廃止されており、その末裔も市民に紛れながら、
王位の血を引く市民との一人として暖かく向かえ
入れられている様子を、Internetの動画によって
見た記憶があります。また、その王室の女の子は、
街中を軽快に自転車にて駆け抜け、普通の女子と
変わらない様子でした。

 ちなみに仏、Christ系の神であっても、元での
王族を離れて暮らしたが、そのもって生まれたる
能力は、大勢の人々に幸福を齎したとあるように、
憲法改定の国民投票の前に対処をしておかないと、
皇室の存在としても不安定になる憲法改正審議に
なるのかもしれません。

 しかし、一国民として皇室と言う象徴を無理に
皇族に押し付ける気もありません。

 皇室わ皇室として自由(Freedomと異なる)に
その生活を育み、その健康で幸せであることが、
国民にとっても、安息を与える事に繋がるような
象徴であって欲しい。

Ps.
 あ、そうそう、もっと学術的部分となる式典に
皇太子御夫妻が積極的に、むしろ御子様を連れて、
参加されると、国民が喜ぶかと想われる。

 Mass Communication側の対応は、できる限りで
今後の傾向で、対策を講じます。現状に置いても、
汗臭い不衛生な輩が、自らの生活状況等も省みず、
乙女のPrivacyを犯しているのですから・・・。

 ・・・まてよ! 汗臭いのは、私もか?
 
 皇室に伝えるべき事は、重点だけで宜しい!
この文面の詳細を伝えるにわ恥ずかく窮まりない。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、皇室典範の改定箇所

天使 憲法配下の皇室典範であるなら、改定を求む!

悪魔 他人の家庭に、口出さなくても良いだろ?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =