記事一覧

Islam原理主義者が、米国大統領との対話を求めている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/26(月) 午後 11:53

ファイル 7117-1.gif

日本国が、現行の米国大統領を守れ!

 なんと、Islam原理主義の一派である、حماس、(はます)が
米国の大統領との対話を求めているとのことである!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

さて・・・

 民主主義に付いてなのですが、日本国にも民主主義を語る
政治政党がありますが、基本的に、どれも似非でして真意と
なる民主主義は、存在をして無い・・・と、想われますが、
どうやら、『無所属』と言う立場が、ある意味で、真意での
民主主義に近いのかとも想われます。

 つまり、全民の人格を認めつつ、共存性を図ると言った、
すっごぉ~く、広大な意味で考えると、共産的でもあって、
せまぁ~く、考えると個人でもある。

 私の観点では、共産とされる部分は、公共Service分野と
言うだけで良く、それ以上を求めると、只の暴徒団体にと
なってしまう事が、既に解っている。

 つまりは、保守、改革など右でも左でも、不当、不法な
行為を行った者は、日本人として好まれない。

 そもそも不法行為を行うと言うことは、違憲的であって、
その意見の範疇が個人の責任範疇か、他人をも含め危害を
与える内容なのかによっても、異なるかと想われる。

 それを美意識過剰な、愛国精神を語って、犯罪行為等を
正当化する輩も居るが、むしろ、そう言う人員は、刑罰を
過剰に課した方が、良いのかとも想われる・・・w

 理由は、恋愛で言うStalker行為と同じで、愛国Stalker
と言う感じになってしまっている。

 国を愛するなら、現行の憲法、法規を厳守するのが当然
であって、不当、不法な行為を行わずして目的を達成する
と言うことに、思考を凝らすのが、現在の日本人として、
大いなる課題となっており、むしろ楽しみになっていると
想われる。

 がぁ~♪

・・・過剰な正義感から、他人に悪用される場合なども、
多く微妙な存在になっており、只単に暴力団としての扱い
となっているのが現状である。

 万学では、「国が民を愛して、民が国を好きになる」と
言う国家体制が理想であると想われる。

 これは、愛が『約束された未来』を意味するとの観点で
成り立つ環境であって、「国が民に対して、幸福の約束を
する事となる未来への環境を、国家として提供することで、
民が、国を好きになり、定住意識を深める。もしも、国が
民にとって嫌われるなら、他国にて暮らす事なども検討を
する必要がある」と言う発想がある。

 それは、現行の日本国・憲法を題材にした一般的解釈で
あって、国内が住み難ければ、他国での生活を求めるのも
民の自由である。

 しかし、現行の国家体制では、安易に民に対して海外の
移住などを許していない状況にあり、その主原因としては、
語学問題が、一番の欠点となっている。

 そもそも日本と言う国の位置からすると、英語、中国語、
Russia語、その他でASIAの言語などを、一般人として
理解されていても良いのかと想われるが、義務教育経ても、
それが習得をできない。

 これは、大いなる問題かと想われる・・・(。-`ω-) ん~♪

 っと想っていたけども・・・w

 実は、日本語の凄さは、どのような国での語句なども、
日本語の中に、取り入れて理解しようとする傾向にある。

 英語圏では、寿司=SUSHIっと言う感覚で受入れられるが
日本国の場合は、片仮名を用いて発音的には、それなりに
提供されてしまうが、単語的な部分と、本当の英語発音と
言う観点では、かなり疎い状況に陥る。

 つまり、『太陽=SUN』を、『サン』っと記載することで
英単語のSUNを理解できなくなるが、不思議と英語にて
記載をすると、『かっこいい』と誤信する輩も多いのが、
日本の国民性にある・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ちなみに、世界中で『日本の漢字』が人気があるらしく、
それに便乗して、中華人民共和国などの漢字にも、若干に
人気が出ているらしい。

 私が、中華人民共和国に期待をしているのは、労働力や
安価な経済物資で無く、『漢方、食文化』などであって、
『健康的な食』との意味合で、関心を抱いている。

 海外では、健康食と言うと極端で、栄養の均等などは、
結果的に『Vitamin(びたみん)剤』で補うと言う発想に
至ってしまう。

 しかし、日本古来からの食文化や、中華人民共和国の
食文化には、薬膳料理などもあり、健康的な食文化が、
あって、その観点から見ると西洋の食文化より、健康を
重視した食文化を期待できると想われるのである!

 美味しく食べて、体に好いなんて、凄い食文化である♪

( -ノω-)こっそり♪<『なぁ~がちん』に、色々と指摘されそうですが・・・w

(∇〃) .。o(彼女の食生活は、地球を丸ごと調理する感覚ですからのぉ~♪)

食でなく、Islam原理主義と、米国の対話なんですけどね・・・w

 人の心情として、やはり形ある物が壊されると言う
錯覚に陥ってしまい、更に、堕落などの原因を課する
傾向に有るのですが、私の客観的な文化調査からでは、
堕落の原因は、その殆どが、個人の人格によるもので、
別に文化的問題と言うよりも、相応にして、発生する
環境があると言う点に、問題視される必要がある。

 つまり、家庭の中を他人が自由に歩き回ると言った
現象に対して、対人交流を好む人が、それを許しても、
後に秩序が悪化すると、その原因を外部の者に対して、
思い抱くようになるのが、人の人情である。

 しかし、人が色々な悪意などを平然とやってのける
環境が、そこに存在をしている事実がある。

 これは、狭く考えると、身近な犯罪行為であって、
更に狭く考えると、自己の倫理性にまでにと至るが、
その反対に広い意味では、国家間の問題や、宗教観の
問題にとなり、人種的な問題なども、含まれることに
なるのかと想われる。

 基本的に外見的な部分での問題は、偏見の原因が、
相応に有るからであって、多くの一般の人々には、
初対面の人を、過剰に嫌うと言う事が無く、それにて
損失を受けた場合などに限って、警戒心が強まって、
他人の寄せ付けなくなり、狭くは、個人の孤立となり、
広くは、鎖国的な文化や閉鎖的な国家となってしまう。

 また、その観点は、国家や人種だけでなく政治での
主義なども関係するが、狭い部分では、個人にまでと
至ることを考えると、無差別殺人現象、Terrorismの
自爆的無差別殺人も、何となぁ~く共通点が見えて
くると言う部分も出てくるのかと、想われる。

 それをいかに、論理的に解釈して、相手の心情を、
行動を把握して、防御を行いつつ、共存的な交渉を
行うのかが、国交、外交、民間交流などで重要にと
なる部分かと想われる。

結論

 私は、もともとAmateur無線や、Internetなどから、
意外にも無差別交流の範疇が広い・・・w

 不思議と子供の頃から、知らない人とでも仲良く
なる習性がある!

 但し、時として悪い輩が現れる事も有ったりしたが、
それでも、基本的に初期の段階から、相手が悪意的に
接してくると言う事は、あまりなかった。

 現在では、警戒心がかなり・・・以前と変らずに、
然程に変り無く・・・w

 相手からの攻撃が認められる場合は、防衛体制に
入って、敵を観察して、次の段階で攻撃態勢になると
敵を的として、追い回す・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 この性格が、良いのか悪いのかは、別としても、
基本的に、相手に合わせる性格なので、私を嫌うと
言う人は、自身の性格を嫌っている人であるとも、
想っている。

 これは、私の性格ですが、でも、基本的に人は、
他人からされた事に対して、それが嬉しい事なら、
それを返そうと言う心境になるのが普通かと想われ、
人によって、貰うばかりの状態になっていることも、
あるのかと想われる。

 しかし、貰うばかりの人も、相応に需要と供給と
言う観点では、過剰な供給を消費する役目として、
成り立つが、それが平等的な用途に反して利己的に
消費をされると、問題視をされてしまう。

 これは、広い意味だと、貧困地域への支援問題と
なって、狭い意味では、親子間でも生じる経済的な
関係で生じる問題である。

 ちなみに、そうした時に発生する心情を悪用した
犯罪行為に、『俺!俺!詐欺』などが有益化したと
言う事を、理解されたい。

 そうした対抗関係から、何かをきっかけにして、
友好的な交流を図ると言う試みは、軍事展開からの
観点でみると、『人を殺すより、勇気が要る』との
場合が、人の立場によって有るのかと想われる。

 しかし一般人が、それを言うよりも、軍人的な
立場の人員が、それを言う方が、いざと言う時の
体制としては、守備が良いのかとも想われる。

 この観点では、米国や他の国が宇宙開拓事業を
軍事的に行っていると言う観点と似ている。

 日本は、唯一に軍事から離れて、宇宙科学での
開拓が進んでいるが、他の国だと殆どが軍事的に
展開をしている。

 その理由も、未知なる開拓に対して、相応での
訓練を受けた、人員を導入する為の心構えから、
成り立っていることが解る。

 つまり『軍人=強人』と言う観点が強いのだ!

 それを唯一に、宇宙開拓の分野では、一般の
民との観点で、進行してるのが日本であるが、
残念ながら、資本的事業との観点では、西洋の
諸国の民間が、観光的にと着手をするとの方も、
かなり進んでいる状態にあるようです。

 米国との対話・・・。

 ちなみに、軍事が縮小して困るのは、誰か?

 単純な発想だけども、軍事品の生産企業等が、
一番の経済的な打撃を受ける事となる。

 ちなみに、武器や兵器を造る人達は、まるで、
覚せい剤の製造業者と同じで、製造して売ると
言う事で成り立つが、其れによって誰かしらが、
害を受ける事を否定できない。

 しかし、それでも売れてしまうのだから、
微妙である・・・(。-`ω-) ん~♪

 皆さんにとって、身近な刑事問題などが、
実は、広い意味で発生しているTerrorismの
活動も、その根源が大差ないと知ったなら、
どう想うだろうか?

 私の観点だと国内の現行で言う暴力団を
経済団体にと転化できたら、その戦略にて、
中東地域などでの軍事紛争なども、中和を
できるのかと想っている。

 小さな歯車で、大きな歯車を回すのか、
大きな歯車で、小さい歯車を回すのか?

 但し、小さい歯車の加重力が大きいと、
それに伴い、大きな歯車も過重に負けて
回らない。

 よく変速式の自転車でGear(ぎあ)を
変えて色々と試すと、その原理が解る。

 権力も、力学的な観点で観察すると、
意外に民が、自由にできる部分が多いと
言う事に気が付くのかと想われる。

 物理的な支点と視点。