記事一覧

No.126 Report に付きまして

配信 2007-10-27
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.126
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-04-13
課題 Report に付きまして
配布 2007-04-14

==== 改めての課題 ====
新たに下記課題のReportを提出いたします。

1.義務教育における異文化学習項目の追加
2.皇室典範の改定箇所
3.憲法改正に伴う保護体制
4.Homeless対策
5.厚生労働省の分割 草案
6.義務教育での「(仮)犯罪と防犯」と言う学習科目の追加案
7.防犯と防災の意識強化(国民の自衛概念強化)
8.米軍再編法案

 以上の八項目に付きまして発送の予定をしております。

 上記以外に新たなる課題が発生をしましたら、
随時に事前に課題を報告させて頂きましてから、
発送を致します。

==== 現在迄のReport作成者としての心境 ====
 もともとは、GAMEの理論にてNash均衡等に興味を
21歳の時に持ち、Alvin Toffler著作のPowerShiftの
影響で政治等にも関心を抱くようになります。

 現状に至っては、まるでNash博士のEpisodeの如く、
国に対して貢献していても、匿名にて作成をしている
Reportには、人物的実体性も無く社会的地位なども、
補償されている状態では、無い。

 Nash博士は、軍事機密活動に参加していたと、思い
込み、日々に活動をしていた時期があったそうです。

 まさに私も、匿名でのReport提出を始めてからは、
同様な思いです。

 しかし私は、現代人の義務として過去の偉人達より、
現代的な高い成果の結果を求めております。それらは、
過去の偉人を慕うに当たり、現代人としての課題でも
あります。

 科学の分野では、Einstein(あいんしゅたいん)、
竹内均氏から、駆け引きでは、Nash均衡等のGAME理論。
社会形成や国家政治、都道府県、市町村議会などでの
形成などでは、Alvin Tofflerなどから学んでいます。

 現在では、漫画からも影響を受け、30を過ぎてから
手塚治虫氏の作品を読み始め、浦沢直樹氏の作品や、
太田垣康男氏、田島隆氏、愛英史氏、自由国民社にて
発行がされている「法の抜け穴」や弘兼憲史氏の作品
などを読んで学習をしております。

 また別枠で落語にて、志ん生、古谷三敏氏の漫画の
作品なども、人にものを伝える表現をする落語家達の
様子等を学んでいます。ちなみに未だ生きてますが、
元参議院の議員にもなられた立川談志氏の「落語」の
作品などにも興味をもって、図書館で借りたりもして
おりましたが、私の作成するReportには、なんら彼の
政治的思想を意識しているつもりは、ありません。

 二年前より、「赤ひれ」と言う魚をPetBottleにて、
部屋で飼育をしており、繁殖にも成功しております。

 ちなみに宗教学に付いても、どの宗教においても、
信仰を致しませんが、地球上における信仰の全てを
基本的に否定しません。

 但し、私の生活において悪影響を及ぼす信仰には、
敵対します。そう言う場合の殆どは、不当行為等を
受けたなどの被害があったことを前提とします。又、
生涯において各宗教の存在理解を学術的に深めても、
信仰する意思などは、ありません。

==== そんな私の収益方法は? ====
 普通の国民ですので、自営で稼ぐか企業に労働力を
提供するかでの手段となります。

 しかし万年的に、労働基準法、派遣労働法などにて
違反している企業にての労働を強いられ、それにより
所轄労働基準監督署、東京労働局需給調整事業部へと
その都度の事件後とに足を運んだり、電話にて問合を
行ったりとして、多大なる被害を受けている。

 これについては、後に厚生労働省を損害賠償請求の
相手としての検討をしております。

 また既に労働事件では、三件の損害賠償請求事件を
提訴しており、各企業のずさんな運用等が浮き彫りと
なっております。その内の一件では、勝訴。一件でわ
和解に至っており、三件目でわ5月に審判があります。

 私は、多少の法的な知識を独学で習得をしてますが、
弁護士も無く、それに挑んだとしても確実に相手方を
敗訴、和解となる理由としては、明確なる不当事実が
そこに存在をしていたことを表します。

 健全なる国民の労働所得から健全なる税金を徴収し、
健全なる国会の運営が好ましいとされる理想論などは、
私個人の優越感における意見でわ無く、むしろ日々の
生活の労働生活からの苦悩を主体に国会議員の皆様に
訴えつつ、自己でも自衛的な概念に基づき予備知識を
得つつ労働をしても、つい最近に至っても労働事件が
発生してる状態に至っております。

 それらによって、Reportを提出し始める少し前から
生活状況なども貧しいものとなり消費者金融や友人の
融資などを受けて現代に至っております。

 こうした現実を踏まえ、やもえず厚生労働省などを
賠償請求の相手とする訴訟を検討するに至る状態にと
なっています。また、そ程に私の生活における経済的
事情も悪化しており、そうした状況を回避する為等の
意味合いを兼ねて、Reportを提出しております。

 正直な所、国家賠償請求の申立をするに至っても、
弁護士を立てることなく、自衛の概念に基づき自己の
救済の為に自ら自身で公の場にて審判を受けるつもり
です。 

==== Reportを作成するに当たっての志 ====
 私は、自らの存在を主張したり、貢献、功績などを
Mass Communicationなどを経て、公にするつもり等は、
ありません。それが、私にとっての美徳だとも想って
おります。

==== Reportの内容に付きまして ====
 本Reportは、日本国民の小生一人の意見であって、
これにおける同意や動向、各政党への支持、批判等を
行う為の物でわありません。

 よって代議士及び、その秘書の皆様により読まれた
内容の権利は、日本国民全員に帰属すると考え下さい。

==== Kampanija(かんぱにあ:Russia語) ====
 Kampanijaに御協力を頂ける、場合には、当Mailの
Addressに詳細請求を御返信を下さい。

 Kampanija(かんぱにあ:Russia語:俗称かんぱ)に
御協力を得たとしても、看破を免れる対象にわ値せず、
むしろ看破の対象にとなる可能性などもありますので、
十分に御注意を下さい。

 尚、Kampanijaを集うにあたり、強制なでわなくって
普通の国民としてReportを作成をしたかったのですが、
労働事件などの解決の分野にて、あまりに国家機関の
不当抑制能力が無く、私生活が一時的に経済的な意味で
困難な状況に陥っていることを基に行うものです。

 また、それに至るまで少数でわありますが援助等を
受けたことも在りますが、一般の人にそれを集うには、
御門違いと思い、代議士及び秘書の皆様を通してでの
Report作者の経済的困難を回避する為のKampanijaとの
名目で、表明する事を御許し下さい。

 Kampanijaにおける今回の課題では、私の生活上での
救済とさせて下さい。

(何となく、一般の人にKampanijaを求めるのが筋かも
しれないと、ここまで書いてて想いましたがReportの
作成と言う部分での御願いなので、一般の人から集う
ことになりましたら・・・私も、政治家の一人として
皆様に認められる時なのとも思います。しかし、私は、
現状の選挙制度からの代議士として立候補をする事は、
ないかと想われます。但し、多くの人から推薦されて、
その推薦によって代議士の権利を取得する場合には、
それを名誉としたい。その為には、立候補制度でなく
国民による「立候補者外での国民推薦制度」の開設を
する必要があります。全国民の個々から自由ににての
推薦ができてこそ、自由民主主義であると解釈したい)

=== 文面に政党同様の言葉が記載されても ===

 ・・・あくまでも政党贔屓を致しません。

但し、文面に明記される政党名同様の言葉は、言語的
意味合いでの解釈と御理解下さい。

 ちなみに社会民主主義となると、社会主義と言う、
言葉の言語としては、「社に集う=奉る主義」と言う
解釈ですが、にもかかわらず「民主=主は、民である」
と言う言葉の解釈をしますと、少し矛盾が生じます。

 別に社会民主党を非難しているわけでわありません。
「女性主体の政党にする」とかの印象が強いのですが、
男性嫌いの私には、とっても興味ある政党です。

 共産党も言語的な意味としては、とても素晴らしい
意味合いを持っていると想っており、その活動などは、
現在でわ福祉やFreeSoft(著作権が放棄されてないが、
無償で自由に使用できるPersonal ComputerのSoft)の
存在などを保護するにも至っており、GNU企画等の
意味合いからも世界規模で、言葉的意味合いでわ広く
伝わっています。

 さて、どの政党としても、その言葉からなる原理は、
とっても良い物です。しかし、それを汚しているのは、
党員達であって、国民でもあるわけです。

 私には、宗教上においても何にしても原理主義者の
気持ちが、何となく解ります。もしかしたら日本国も
むしろ似非右翼達が主張する論理は、日本国原理なの
かもしれませんが、不法行為を行った時点で現行法の
憲法配下における法規違反者として、むしろ愛国等の
名称を使い不法行為を行ったならば国家的名誉毀損に
値するとも言えるでしょう。

 愛国を語るならば、まず自らが最低限度に日本国の
憲法は以下の法規違反をしないことです。
 

 私は、愛国主義者でわありません。

 そうそう、そろそろ時期的に対America西洋地域に、
「Show The Flagの時期である」と牽制球を投げても
好い時期かもしれません。

 私は、個人的に日本国民個人主義として「桃丸」を
掲げたいと思います。戒めとしては、そのCharismaで
独裁的権限を有しないことが確立し、維持する鍵とも
なってるかと想っています。桃丸は、

 小生、一国民として代議士の皆様にReportを作成し、
提出できることまでを、個人的心内で密かなる名誉と
させて頂きます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、Reportに付きまして

天使 国民としてできる限りのことを、してみよう!

悪魔 国民として、あるまじき行動をしてみよう♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =