記事一覧

No.125 小中高生での海外交流の義務化につきまして

配信 2007-10-22
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.125
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-04-13
問題 小中高生での海外交流の義務化につきまして
配布 2007-04-14

==== 目的・異国の文化を理解する ====
 日本人は、比較的に国内の日本人同士であっても
交流が下手だと思われます。

 私見的な理由では、一般の多くの国民は、観光的
好奇心で異国に関心がるが、文化を理解すると言う
好奇心にわ欠けている様に感じています。

 「異国の文化を理解する」と言う言葉においては、
『海外生活に憧れる』と言う好奇心からの欲求とわ
異なると、ここでわ解釈をします。

 今回の目的では、周辺諸国などの国民的な外交を
含めて日本の一般国民が、世界の社交場にて交流を
行える程までに、国民性の質を高める事にあります。

 異国の文化を理解するための過程には、大枠にて
二種類があるかと考えています。

1.日本語で理解をする。
2.該当国の言語で理解をする。

 上記の二点からでは、語学的解釈からでの近代的
問題として、「都合の好い解釈」が発生をしている。

 英語からしてみても解るように世界公用語として
ある語学的基準と、各国で使用されている英語とは、
それぞれ異なって成長をしてしまう。

 歴史や文化等のへの解釈も、同様の傾向が見られ
現状の日本国も近隣諸国からも、義務教育内容にて
異議を申立てられる程に至っている。

 これらを日本から見た諸外国でなく、諸外国から
見た日本と言う能力を養う場として必要としてます。

 美しさは、鏡を見て自己満足をすると言うだけで
解決をしない。日本国民が満足しつつ、近隣諸国も
それを認めない限り、国家的なMasturbationである。
しかし近隣諸国が、それを認めると言うのであれば、
正に、美しき学術的な内容となると私は、想う。
==== 必要とされる学術内容 ====
 小学生の段階では、簡易的語学と生活習慣の学習。
中学生の時期には、各学年で一箇所の修学旅行での
場として下記の三箇所を提案したい。

1.Russia
2.中華人民共和国
3.大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国

*朝鮮民主主義人民共和国に対して、世間の風的に
 抵抗がある方も多いかと想われますが、経済的な
 効果を双方で考えると、利点が多い。

 又、高校においては、

1.America
2.India
3.England

 などが、妥当かと想われます。

 それ以外にもSwiss(すいす)、German(どいつ)
などが上げられますが、日本国の経済的経費負担を
考慮すると、感情に値するかと想われます。但し、
受入国からの支援を募ることにより、更なる期待が
講じられることにも繋がりそうです。
==== 近所付き合いと同様に・・・ ====
 発想の原点は、私達一般国民の私生活からです。
現代日本人の私生活は、核家族から更に「家族の核」
と言う時代になっています。

 道徳の必要性は、社交と実行者の利得追及にも、
発展をしますが、個人の能力として性格上からも
均等にわ能力として身に付けることが不可能です。
 
 しかし、そうした不均等な部分がむしろ個性で、
第三者に悪影響を及ぼさない限りで、認められる
人格でもあります。

 そうした日本の家庭事情により、家族付合いも
ままならない日本国民の現在事情で、外交を期待
するほうが、むしろNonsense(なんせんす)なの
かもしれません。

 そこで私が得意とする、一選三得方法によって、
近隣諸国との交流を促進しつつ、国民の家庭事情
からの問題を解決し、更に、日本国の経済的なる
将来への期待も、新たなる人材によって得られる。

 それが日本国民の各家庭への日本国家としての
敬愛の表しでわないでしょうか?

 現状の日本国会は、日本国民が見ても当然に、
Egoistic(えごいすてぃっく)であり、しかも、
そうした政治内容を「日本国民の三分の一」が、
認めていない(選挙の不投票理由などからでも、
解るように)。
==== 義務教育による「海外文化交流学」の予算確保 ====
 先にも提案をしておりますが、受入国からでの
支援も積極的に募る事で相手国に費用の三分の一に
値する部分を経済的(金銭と限らずに提供物
なども含まれる)に負担してもらうことを条件に
初めて見ることが重要だとされます。

 日本国会の感覚では、「金銭をかければ何でも
可能になる」と議員の皆様が、そう思いたくなく
想っていても「現実的に、それが事実である」と
認めざろ得ない環境にとあることは、解っており、
そうした見解からも、「経費の負担」と言った
部分では、「”自腹を切る”と言う感覚で、税金
と言う財布から共同経費を捻出する」考え等は、
時代遅れであって、出資の概念からも無ければ、
相手と相談をしたり、部外者から寄付、支援等を
求めたりするのが妥当で、それも一つの経営的な
戦略の手段となっています。

 日本に、「献金」と言う言葉があっても文字の
前に「不当な」と言う文字が、無くても付いてる
と解釈するのが、国民の一般な常識となります。

 それらの国民による政治的な意識改革も含めて、
援助するだけが支援でなく支援を受けたり協力を
得て、相互的な関係にある国家外交が必要とされ、
そうした発送の種を義務教育でえる事によって、
限られた能力者による海外遠征でなく「日本国の
国民が平等的に、外交意識として社交的である」
と言う国民性が、世界的視野の美しさに値すると
解釈するのが、私の見解です。
==== 私には、子供や家庭が無く孤独な生活ですが ====
 それでも風が強くても、自然と調和し、そこで
遊ぶ子供達の姿を見てれば、今正に社会人として
日本国民としての子孫に対し、できる事と言えば、
このような形にておいて発案させて頂くと言った
程度に留まります。

 私、国会、国民(他者)の「一案三得」にて、
上記の「義務教育課程での”近隣諸国”との修学
旅行及び、それに伴う簡易的語学、文化学習」を
日本国民の一人として発案させて頂きます。
==== 余談 ====
 「ゆとり教育計画の種」からの発展案になって
おりますが、あれから数年が経ち、国民としての
求める部分と、代議士の個人的な理想によっての
便乗支持とが明確になりつつあるかとも思います。

 現状の日本国会は、代議士のEgoismによって、
形成されているように感じます。

 むしろ、そのEgoisticな部分が「悪の美徳」と
なっており、「みなし社会的権力」とされてます。

 それらの汚名を、国民に返還してみませんか?

 日本の国会は、小さな独裁主義の集合体である
と、周辺諸国から言われても現状的には、反論を
できない状況にあることも忘れてわならない点と
付け加えてみます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、小中高生での海外交流の義務化につきまして

天使 国境を越えた交流こそが、文化向上に繋がる!

悪魔 不法に国境を越えた人達が文化向上に繋がった?
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =