記事一覧

米国とIraqとの対話が始まる?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/3/21(土) 午後 7:08

ファイル 7133-1.gif

徐々に紛争が解決するのか?

 米国の大統領が、Iran指導部との対話を
求めているらしい!

 之によって軍事で無く、対話的に紛争が
解決することに期待をされている。

しかし・・・

 歴史的な観点から、こう言う場合に注意
する必要がある点として、軍事欲求者達の
陰謀などが、疑問視をされる事となる。

 之といって軍事欲求者で無いとしても、
結果的に軍事を拡大さ、悪化させたりする
俗に言う『戦争屋』の存在を、どのように
考えるのかも、問題視をされる。

軍事紛争が無くして儲からない『戦争屋』

 戦争屋は、軍事的な戦争や、紛争などが
発生する事によって利益を得る。

 『死の商人』とも呼ばれる事も有るが、
只単に、扱っている商品が特殊であると
言うだけで、武器の売買や、紛争工作の
支援を行う程度の事である。

 そうした戦争屋や、軍事紛争を慾する
と言う人達にとっては、対話的な和解を
『好ましく無い!』っと、想う人が居る
かもしれない・・・(。-`ω-) ん~♪

 つまりは、人の想う所の根底から意識
改善する必要が有り、中途半端に行うと
歴代の米国総理大臣におけるようす等を
みれば、『弾丸の的』になってしまうと
言うことの一例にと、成ってしまうかも?

 どのようにして軍事意識を抑制しつつ、
新たな開拓意識を想って、生活を営むか
との観点が重要視をされそうです!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

結論

 想っている以上に、時間をかけつつ、
対話を進める必要が有るのかと想われ、
相手の軍事意識だけでなく、自国側の
民における軍事意識を変える必要等が
あるとの点を重要視されたい所である。

 また、比較的に米国よりも日本国が
外交的に目立つ事で、米国側の注目を
回避する事ができ、その間に米国側の
内部事情を修正できる。

 逆に日本国側は、国内事情における
観点での改善が、世界的に注目されて
いる状態にあるのかと想われ、それの
部分を強調しつつ、ASIA圏内での
『Model(もでる)的な先進国』と地位
などを確保されたい所である♪

 さて、その為には・・・(。-`ω-) ん~♪