記事一覧

No.124 首都圏における幹線道路の事情

配信 2007-08-22
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.124
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-04-07
問題 首都圏における幹線道路の事情
副題 交通渋滞を解消せよ!
配布 2007-04-07

==== 首都圏における幹線道路事情 ====
 幹線道路が作成された事由は、なんであったか?
幹線道路を建設する事によって交通の利便性等の
効率を上げる為との目的があったはずである。

 又、近年におけるDiesel(軽油)の燃料費を
値上げした際の条件は、なんだっただろうか?

 それらを考慮すると日本国公共機関における
国民への履行問題として、大きな課題となって
残っている事になります。

==== どうすれうば渋滞が解消できるのか? ====
 日本国政府は、交通渋滞という現象を建設的な
問題としてだけでとらえていないだろうか?

 交通渋滞には、科学的根拠なども含めるならば、
あらゆる理由によって、発生をすることが解る。

1.本来では、交通規制をする為の信号機
2.踏み切り
3.道路の凸凹による自然現象的な渋滞
4.幹線利用集中による渋滞
5.道路工事
6.交通事故
7.特殊道路(高速道路など)への入口
8.幹線道路との合流

 一般的に多くは、以上の八項目に該当します。

 それぞれを、どのように解消するのかを検討を
するのが手腕の見せ所となります。

 その点では、私の腕だとか細いので代議士の
皆様の腕を御借りしたいと想います。(笑)

==== 信号機の渋滞 ====
 本来交通規制により、自動車の交通を潤滑良く
交通規制をする物でしたが、その間隔によっては、
渋滞を引き起こす原因にもなっております。

 信号機の特徴としては、大きく分けるならば、
自転車を含む歩行者と、自動車の走行を規制する
ことになります。

 基本的な対応としては、信号機の削減です!

 横断道路と併合道路とを分ける事から始まり、
横断道路とは、信号機を使って道路向かいにと
繋がる道路とでの交通規制等を必要としますが、
併合道路だと地図的形上で、道路向かいに道が
存在をしていても、区画整備上の同一形式的な
どうろであって、道路的に繋がっていると言う
根拠がないものを意味します。

 横断道路は、幹線道路どうしの交差を意味し、
県道と市道の交差など異なる幹線道路が交わる
状態を意味しています。

 そして今回の課題の重要点となるのが、併合
道路であり、幹線道路と併合する時に信号機を
使用しない道路構造を用いる事で解消をします。

 高速道路Interchange(いんたーちぇんじ)で
既に用いられている形式を用いる事によって、
信号機を必要としなくなるかとも考えられます。

 そもそも幹線道路では、1km未満の距離で
信号機等の交通規制物が存在をしていることが、
交通の流れとしても致命的であって、それらを
見直す必要が在ります。

 信号機が不要な幹線道路への合流方法では、
水の流れと同様の形式を想定します。

 山などで湧き出る水から小さな小川ができ、
そして徐々に小川などが結合して行き、大きな
川となって海へと流れて行きます。

 高速道路にてInterchangeから上がってくる
道路と本線とが結合する形式が在りますが、
それを用いる事となりますが、出口に置いても
同形式にて幹線を抜ける事が可能になります。

 その場合には、幹線道路の片側が最低でも、
三車線あることが条件となるので、市道や県道
などの中型の道路幅では、不向きとなります。

==== 踏み切り ====
 これにつきましては、物理的な建築によって
対処するしかないかとも想われます。

==== 道路の凸凹による自然現象的な渋滞 ====
 これは、道路の構造における科学的根拠から
立証されている現象で、道路建設するに至って
実用的な点が考慮されていない結果となります。

 特に高速道路での自然渋滞の原因にもなって
いるとも言われており、以外に致命的な問題と
されています。

 道路建設上の問題(構造上での問題)では、
実際に実用化された後でないと把握できないと
言う点も多くあり、建設の後に改めて着手等を
行うという事も容易に出来ないのが現状です。

 しかし、道路建築における主旨を重視すると
言うならば、恥を承知で修正工事に予算を割く
と言うのが本来の国家及び地方行政が行うべき
市民への市政かとも想われます。

==== 幹線道路の利用集中 ====

 人間とは、不思議なもので建設前に謳ってる
内容を真に受けて、それを利用する事が利得で
あると信じきっている人も多くいる。

 また、方向音痴や車線変更などを苦手とする
運転手なども多く、それによって主幹線道路が
行楽などの時期には、塞がってしまう事もある。

 そうした現象を防ぐためにも、予めOverflow
(おーばーふろー)道路を作成しておく必要が
あるかとも想われます。

 それは、副幹線道路として存在をすることに
なり、中型自動車以下の車両を主体とし大型の
車両は、その道路を利用できないようにします。

 大型自動車の事故などでは、主幹線道路より
細かい枝道の方が発生をする危険が高いという
点も考慮し、幹線道路から副幹線道路へと移る
中型車両によって、主幹線道路が比較的空くと
言う事を想定して、副幹線道路の建設をすると
言う必要が在ります。

 現在では、都心に置いて環状七、八、国道の
16号、首都高速などが指摘され、それにおける
渋滞緩和策が、二昔前から国民の間で、苦痛の
叫びとして上がっています。

 それらを改善できない様な都市建設部門での
国家機関体制を一国民として「役立たず」だと
いわざろえず、更に国家体制としても不十分で
あると言える。

==== 道路工事 ====

 幹線道路における道路工事は、蔓延的な物で
それにおける交通渋滞なども、多くの国民から
指摘されているが、国家側でわ「やもえない」
として答えているのみとなっている。

 交通渋滞における国民側の損出を回避すると
言う意思があるのであれば情報を活かす手段が
残されています。

 現在でも、道路状況を民放等を含めて放送を
している状況に在りますが、工事部門の情報は、
なにを提供すればよいでしょうか?

 既に、蔓延化している工事事情に対しては、
その過去の記録から、「Aの道路工事を行うと
Bと言う渋滞が発生し、その規模は、Cに及ぶ」
と三拍子で、国民に伝える情報を既に入手が
されているかとも想われます。

 つまり工事が発生をする日時だけでわなく、
その工事によって発生する渋滞などを予めに、
予測を立て、国民に情報を流す事が求められて
いる。

 こにれおける効果が意外にも高く見込まれ、
予測の付かない運行時間を予めに考慮をして、
運転手が走行を出来るだけでなく、運送業の
企業や物流関係者も、輸送物の運行状況等を
把握できることで、企業の経営分野において
予測が立てやすい状況を作り出します。

 それによって得られる経済的な効果などは、
渋滞を解消するに等しい利益を企業側により
得られると考えられます。

==== 交通事故 ====

 交通事故では、現場の検証などに伴って、
車の移動などを安易に行えない場合もある。

 それらを考慮する点では、警察の機関にて
予めに、その対応手順を敏速に行えるような
訓練も必要となる。

 その補足としては、交通事故により発生を
した、粉砕物によって二次災害が発生をする
事がある点である。

 よくあるのが車輪のPuncture(ぱんく)で
二次的な災害として比較的に多く発生をして
おります。

 警察機関の業務として検討するのが妥当と
思えませんが、事故後における現場の適切な
後処理を行う必要が、早期に必要だと言った
点には、変わりありません。

==== 特殊道路(高速道路など)への入口 ====

 ETCなどを設置する事により特殊道路への
出入りが安易に行えるようになって来たとも
言われておりますが、未だ不十分なのが現状。

 ETC関連の構造自体にも欠点がある部分は、
後の技術的な分野で補うとしても、それらを
普及させる手段と言う点で、どうでしょうか?

 一つの解決手段としては、ECTのCardなどを
もっと広い範囲で使用ができるようにすると
言う方法があります。

 特に燃料など給油支払等も利用できる点も
考慮でき、更にわ罰金の支払などでも使用が
可能であれば、普及の範囲が広がるのかとも
想われます。

 将来的には、免許証などと併合して使える
自動車の鍵も担うKeyCard(鍵かーど)等と
して利用が出来るほどに使用範囲が広がれば
国民にとっての有効範囲が広くなり、利用の
率も増える事となります。

==== 幹線道路との合流 ====

 信号機の部分でも触れましたが、信号機を
伴わない合流方法によって、合流を安易にて
行える手段を取ると同時に、合流口に固定の
番号を振り分けて、「○番入口にて渋滞」と
情報として提供をしやすくすることも可能と
想われます。

 幹線道路は、最低でも三車線を必要として
外側の走行車線を「出入り、停車、Busなどの
優先車線とすることが好ましい」とも考えて
おります。

 既に実施されている道路なども在りますが
それにおける効果などが、無い場合もあって、
見直しの必要がある部分も在ります。

==== 結論 ====

 交通の利便性に伴い建設されているはずの
幹線道路が渋滞などによって、公害をはじめ
多くの不利益をもたらしている原因とされる
点に関しては、国家機関として国家規模での
損失として算出し、それを解消するとの事に
全力を尽くす必要があります。

 運輸での道路や線路、空路に海路などは、
企業として物を生産し販売するまでの過程で、
血管の如くの機能を担う事になります。

 その血管が詰まれば、人体でも支障がでる
と言うのと同様に、経済的な面での損益にも
深く関係をしてきます。

 むしろ都市建設には、医学的な見解同様に
建設の後でも、その健全性に確信が出るまで
都市構造を作ったとわ言えない。

 つまり都市政策では、物理的な建設などが
行為であって、その後での効果や補正を行い
実益的な算出が無ければ、都市建設を行った
と言い収まらないのである。

 比較的に建設事業に加わる議員の多く達が
勘違いをする点でもあって、無責任と言った
言葉が一番良く当てはまる代議士達でもある。

 都市建設に関する責任は、物を作り出すと
言う事でわなく、国民が利益を生み出す事が
目的であり、その意に反する場合においては、
その責任を後に民事訴訟(国家賠償)などで
国民に追及されても、文句を言えない立場に
あるのが現状の国会体制である。

 今後に置いては、交通渋滞によって生じた
企業などの損失も、国家賠償の対象となると
言う事を十分に考慮し、その責任が代議士の
給料の減額、退職金の減額にも至ると言った
覚悟も必要かと想われます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、首都圏における幹線道路の事情

天使 交通運輸に関しては、経済の血管である!

悪魔 交通渋滞は、「めたぼりっく現象」からか?
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =